検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

第1Kohler病

更新日:8月12日


この疾患は3~7歳くらいの小児に多く、舟状骨が無腐性壊死してしまうものです。

舟状骨とは内果(内くるぶし)の内下方にある文字通り船の形をした湾曲のある骨です(土踏まずの上の部分)。小児ではこの骨はもろいことから活発な運動に対応しきれず血行障害となってしまい壊死が発生します。よって活動性が高い男児に多く発生します。


症状

症状は舟状骨部に一致した圧痛や運動痛が出現し、時には激痛となり熱感を持つこともあります。そのため跛行(びっこをひく)も見られるときがあります。


施術

施術は保存療法で、局所の安静と免荷歩行を基本とします。

まず痛み緩和のため電気や針や超音波や軟膏をして、舟状骨に体重が掛からないように固定をします。

一般的には足の縦アーチを高くする足底板を処方します。症状が消失するのは大体半年から2年くらいかかりますが、予後は良好で成長障害はほとんど残らないといわれています。

日常生活の注意点として激しい運動や長時間の歩行は控えたほうがいいでしょう。


72回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

首からの長期間のしつこい手のシビレ

首からの手のシビレが長く続くと次第に取れにくくなってしまい、長期的にしつこくシビレ(痛みやビリビリなど)が残り続けることになります。 この場合、シビレを取り除くことがなかなか難儀します。シビレ出してすぐだったり1か月や2ヵ月くらいなら難儀することが少ないのですが、半年以上経つとかなり難儀します。 (あくまで首からのシビレに特定した話です。どの話もそうですが、かなり限定的な話です。全てのシビレに当て

冷湿布と温湿布、どっちがいいの?

みなさんは冷シップと温シップの二つがあったらどっちをつけますか?私はどっちも付けません。 これは大阪の修行時代に朝の勉強会で時々薬剤師さんも参加していた時にあることを聞いたからです。ちなみに修行先の古東整形外科の向かいの薬局の薬剤師さんでした。 当時の薬剤師さんが言っていたのですが、どちらのシップも変わらないようです。 どういういことかというと。 どちらも冷やしても温めてもいないとのこと 冷シップ

IMG_1746_edited.jpg