検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

Freiberg病(フライバーグ病)

最終更新: 6月25日


これは足の甲の下側にある中足骨頭(足指の第3関節の辺り)の骨端核に無腐性壊死が起こる病気です。足指の第3関節の部分は体重の負荷がかかりやすい所で壊死に陥りやすいのです。軽症なら施術していればよくなっていきますが、壊死が進行した状態ですと中足骨頭が圧潰し変形してしまい、時には骨の棘が形成され変形性関節症になってしまいます。思春期の女性に多く、第2指>第3指>第4指の順で発生しやすいです。


原因

原因は打撲や捻挫などの外傷、長時間の歩行、ハイヒールの多使用といった中足骨頭への負荷が集中的にかかった場合に発生します。


症状

症状は足指の第3関節の圧痛や腫脹、指を上にストレッチすると痛みが出現します。歩行痛もあり、進行した場合では変形した中足骨頭を触れるときもあり、さらに進行すれば関節の動く範囲が減少します。


施術

施術は保存療法で、基本は局所の安静や免荷することでよくなるのを待ちます。まず痛み緩和のために電気や針、超音波をします。その後、足の横アーチをつけて患部に体重がかかりにくくするために中足骨のパッドをつけます。またハイヒールなどの指先に負荷がかかりやすい靴は極力避けてもらい、運度靴を履くといいでしょう。歩行時に指が曲がって痛いという方は靴底が硬いものを選ぶといいでしょう。それでも効果がなく、レントゲンの結果変形性の関節症になっているかたは手術をしたほうがいいときもあります。


389回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冷湿布と温湿布、どっちがいいの?

みなさんは冷シップと温シップの二つがあったらどっちをつけますか?私はどっちも付けません。これは大阪の修行時代に朝の勉強会で時々薬剤師さんも参加していた時にあることを聞いたからです。ちなみに修行先の古東整形外科の向かいの薬局の薬剤師さんでした。当時の薬剤師さんが言っていたのですが、どちらのシップも変わらないようです。どういういことかというと。 どちらも冷やしても温めてもいないとのこと 冷シップは皮膚

胸式呼吸だと首肩がコリやすくなります。

呼吸の仕方には胸式呼吸と腹式呼吸があります。胸式呼吸は息を吸ったときに胸郭が拡がりお腹がへこみます、息を吐いた時は胸郭がしぼみお腹が膨らみます。腹式呼吸はその逆で、息を吸ったときはお腹が膨らみ、息を吐いた時はお腹がへこみます。 普通は無意識にやってる2種類の呼吸法 通常はみなさん両方の呼吸法を無意識に使いますが、だいたい男性が腹式呼吸>胸式呼吸、女性が胸式呼吸>腹式呼吸といった割合です。あくまで傾

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

IMG_1746_edited.jpg