検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

特発性大腿骨頭壊死症


この疾患は何らかの原因により、大腿骨頭(股関節の付近)に血流障害が起きてしまい、その一部に阻血性壊死を生じたものです。そうなると骨頭が変形してしまい将来的に変形性股関節症になってしまいます。

 原因は未だはっきりしてはいませんが、大量にアルコールを摂取する方やステロイド薬を使用する方に多く発症しています。よってアルコール性だとかステロイド性大腿骨頭壊死症とも呼ばれています。本当に原因不明のものもあります、だから全部合わせて特発性大腿骨頭壊死と呼ばれています。

 症状は壊死発生時には無症状が多いです。その後も無症状が続き、大腿骨頭が潰れて変形すると股関節痛が出現します。

(これは本当に激痛です。患者さんは絶望的な表情になります)

比較的強い負荷が股関節にかかり突然激痛が発生して自覚することが多いです。この痛みは体重をかけると悪化し、夜間痛も出るときもあります。関節の可動域は減少し、足が短縮して見えるときもあります。

 治療はまずは免荷をして股関節に負担がかからないようにしましょう。松葉杖を処方し、歩き方を指示いたします。しかし、保存療法では効果があっても6か月だとか長期間要してしまうので手術療法になることが多いです。そのため当院では整形外科のレントゲンやMRIで検査してもらい手術するか否かを決めてもらうようおすすめしております。



1回の閲覧

最新記事

すべて表示

キネシオテーピングが地味に活躍しますよ。

これからの乾燥した時期はキネシオテーピングに割合適した時期なんじゃないでしょうか。夏だとかぶれやすいですしね。でもかぶれても痛みの方がはるかに強いならそのまま貼っていてもありだとは思いますが。(痛み>痒みの場合ですね) キネシオテープは痛い筋肉に沿って伸ばして貼ることで、痛めた筋肉を少しだけ突っ張ることで負担軽減してくれます。その少しだけが痛みが強い人にとっては結構ありがたかったりします。長時間腰

腓腹神経障害!?あ…。

先日、超めずらしい神経障害の患者さんが来たと思ったら違いました(笑) その患者さんは右足の外側がしびれると言ってたので、「おお!ついに!」と思って調べたら筋肉が突っ張っていただけでした。よくつっばり感をしびれと表現する人が多いので、いつもなら即座に確認するのですが、今回ばかりは「腓腹神経障害」という超レアなのが頭の中で連動されてしまって、つい身を乗り出すように検査したんですね。 どのくらい珍しいか

首肩の施術って考えようによってはお得だな(しみじみ)

最近よく思うのが首肩の針を含めた施術ってけっこういろんなものに期待できるな、としみじみ感じます。 肩こりや首肩が辛い方は多いと思いますが、それプラス頭痛のかたも多いと思います。たいていですが、頭痛の原因は首肩からきているかたが多いです。あとめまいとか気持ち悪さとかも首肩の施術してたら楽になることもあります。ほかにも首の上の方にあるツボは目に良いとされるツボもあるので眼精疲労やドライアイとか、たまー

さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic