検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

特発性大腿骨頭壊死症


この疾患は何らかの原因により、大腿骨頭(股関節の付近)に血流障害が起きてしまい、その一部に阻血性壊死を生じたものです。そうなると骨頭が変形してしまい将来的に変形性股関節症になってしまいます。

 原因は未だはっきりしてはいませんが、大量にアルコールを摂取する方やステロイド薬を使用する方に多く発症しています。よってアルコール性だとかステロイド性大腿骨頭壊死症とも呼ばれています。本当に原因不明のものもあります、だから全部合わせて特発性大腿骨頭壊死と呼ばれています。

 症状は壊死発生時には無症状が多いです。その後も無症状が続き、大腿骨頭が潰れて変形すると股関節痛が出現します。

(これは本当に激痛です。患者さんは絶望的な表情になります)

比較的強い負荷が股関節にかかり突然激痛が発生して自覚することが多いです。この痛みは体重をかけると悪化し、夜間痛も出るときもあります。関節の可動域は減少し、足が短縮して見えるときもあります。

 治療はまずは免荷をして股関節に負担がかからないようにしましょう。松葉杖を処方し、歩き方を指示いたします。しかし、保存療法では効果があっても6か月だとか長期間要してしまうので手術療法になることが多いです。そのため当院では整形外科のレントゲンやMRIで検査してもらい手術するか否かを決めてもらうようおすすめしております。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

胸式呼吸だと首肩が張りやすくなります。

呼吸の仕方には胸式呼吸と腹式呼吸があります。胸式呼吸は息を吸ったときに胸郭が拡がりお腹がへこみます、息を吐いた時は胸郭がしぼみお腹が膨らみます。腹式呼吸はその逆で、息を吸ったときはお腹が膨らみ、息を吐いた時はお腹がへこみます。 通常はみなさん両方の呼吸法を無意識に使いますが、だいたい男性が腹式呼吸>胸式呼吸、女性が胸式呼吸>腹式呼吸といった割合です。あくまで傾向です。テレビでマラソンを走った後の女

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

IMG_1746_edited.jpg