検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

特発性大腿骨頭壊死症


この疾患は何らかの原因により、大腿骨頭(股関節の付近)に血流障害が起きてしまい、その一部に阻血性壊死を生じたものです。そうなると骨頭が変形してしまい将来的に変形性股関節症になってしまいます。

 原因は未だはっきりしてはいませんが、大量にアルコールを摂取する方やステロイド薬を使用する方に多く発症しています。よってアルコール性だとかステロイド性大腿骨頭壊死症とも呼ばれています。本当に原因不明のものもあります、だから全部合わせて特発性大腿骨頭壊死と呼ばれています。

 症状は壊死発生時には無症状が多いです。その後も無症状が続き、大腿骨頭が潰れて変形すると股関節痛が出現します。

(これは本当に激痛です。患者さんは絶望的な表情になります)

比較的強い負荷が股関節にかかり突然激痛が発生して自覚することが多いです。この痛みは体重をかけると悪化し、夜間痛も出るときもあります。関節の可動域は減少し、足が短縮して見えるときもあります。

 治療はまずは免荷をして股関節に負担がかからないようにしましょう。松葉杖を処方し、歩き方を指示いたします。しかし、保存療法では効果があっても6か月だとか長期間要してしまうので手術療法になることが多いです。そのため当院では整形外科のレントゲンやMRIで検査してもらい手術するか否かを決めてもらうようおすすめしております。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

自分で包帯(オールコットン)を買うときのメリット

包帯って改めていいですね。包帯といってもオールコットンの4号の包帯です。伸び縮みする薄いタイプの包帯のことじゃないです。 膝のサポーター厚いタイプもただ履くだけで使いやすくてとてもいいんですが、オールコットンの包帯の場合はデメリットは巻くのがめんどくさい、時間が少しかかる、洗うのが長くて面倒ってだけなんですね。ただ履くだけのサポーターもしっかり固定されていれば楽になりますしいいんですよ。いいんです

レベル高すぎて笑えてしまった。こんなん来ないよ。

最近、部屋の片づけで修行時代1年目の頃の勉強会資料が出てきましたが、当時(15年くらい前に)やる内容にしてはえらい難しいのが出てきました。それが「良性骨腫瘍の画像診断」当時みた単純性骨嚢胞腫の報告だったんですね。勉強会がない日は火曜日と日曜日だけだったので、ほかの曜日でこの疾患を報告したのでしょうが、当時の修行先はヘルニアとか手根管症候群とかは当たり前で勉強会で発表する場合ならよっぽど革新的な何か

さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic