© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic

脊柱管狭窄症は軽い神経根型と重い馬尾型あります。神経根型は主に片足の痺れで当院で施術できます。馬尾型は主に両足の痺れと尿漏れがあり整形外科での手術も視野に入れといた方がいいですよ。

ジャンパー膝になったら冗談抜きにジャンプしないでください。走っても駄目ですよ。

膝の痛みにはいろいろありますが、よく調べるとこの半月板からきてることが多いですよ。

足の内側の痺れがある場合は腰から来てる場合もありますが、ハンター管症候群も視野に入れときましょう。

手首や肘をよく使う人で手のひらに痺れが出たら、いろいろありますが回内筋症候群も疑われる一つになります。

肘頭疲労骨折だけでなくどの疲労骨折でも言えるのが、しっかり施術しながら安静にすることです。それが大事。

リュックサック麻痺になったらとりあえずリュックを下して休憩、を繰り返して下山ししっかり施術をしてもらいましょう。

上腕二頭筋長頭腱炎になっても長頭腱断裂になってもしっかり施術すれば大丈夫ですよ。断裂した場合はくっつかなくてもそんなに生活に支障ありません。ちょっと見た目が気になるかもしれませんが。

スポーツのし過ぎで恥骨部に痛みがあるときは恥骨下肢疲労骨折を疑い、スポーツ中止と安静を前提に施術していきましょう。恥骨結合の炎症でも同じことが言えます。

子供で踵が痛い場合は踵骨骨端症を疑い、整形外科でレントゲンで検査してもらいましょう。

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

October 7, 2018

October 7, 2018

October 7, 2018

October 7, 2018