検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

先天性股関節脱臼


文字通り先天的に新生児や小児らが股関節に脱臼が発生した状態を先天性股関節脱臼といいます。赤ちゃんの股関節を曲げずに伸ばした状態で保持する育児習慣がある地域に多いようです。それは股関節を伸ばしていると腸腰筋やハムストリングスなどの関節周りの筋肉が緊張して骨頭を脱臼させる作用を及ぼしてしまうからです。また関節弛緩といって生まれながら関節が緩い赤ちゃんにもなりやすく、その場合何かの外力で脱臼するといわれています。男の子には少なく女の子に多い疾患です。

 症状は赤ん坊に多い疾患なので、どのような痛みかなどは不明ですが、客観的にみると開排(あぐら)ができなくなります。また左右の内もものしわが非対称的だったり下肢の長さが短く見えたり、足を揃えて膝を曲げると膝の高さが違ったりします。決定的なのは脱臼した骨を整復した時に生じるクリック音です。

 治療はまずは保存療法です。膝を伸ばし股関節も伸ばした状態だと脱臼しやすくなるので、その状態にならないような抱き方やおむつの巻き方をしたほうがいいでしょう。その指導もさせていただきます。しかし、保存療法でもリーメンビューゲルという専用の装具が必要になるのでお近くの整形外科や病院へ受診をされたほうがいいでしょう。

先天性股関節脱臼はのちのち年を取った時に臼蓋形成不全→変形性股関節症に移行しやすいので、小さいころからの予防としてはいわゆるハイハイ運動をさせると股関節が頑丈に育ちますよ。



115回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

自分で包帯(オールコットン)を買うときのメリット

包帯って改めていいですね。包帯といってもオールコットンの4号の包帯です。伸び縮みする薄いタイプの包帯のことじゃないです。 膝のサポーター厚いタイプもただ履くだけで使いやすくてとてもいいんですが、オールコットンの包帯の場合はデメリットは巻くのがめんどくさい、時間が少しかかる、洗うのが長くて面倒ってだけなんですね。ただ履くだけのサポーターもしっかり固定されていれば楽になりますしいいんですよ。いいんです

レベル高すぎて笑えてしまった。こんなん来ないよ。

最近、部屋の片づけで修行時代1年目の頃の勉強会資料が出てきましたが、当時(15年くらい前に)やる内容にしてはえらい難しいのが出てきました。それが「良性骨腫瘍の画像診断」当時みた単純性骨嚢胞腫の報告だったんですね。勉強会がない日は火曜日と日曜日だけだったので、ほかの曜日でこの疾患を報告したのでしょうが、当時の修行先はヘルニアとか手根管症候群とかは当たり前で勉強会で発表する場合ならよっぽど革新的な何か

さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic