top of page
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

先天性股関節脱臼


文字通り先天的に新生児や小児らが股関節に脱臼が発生した状態を先天性股関節脱臼といいます。赤ちゃんの股関節を曲げずに伸ばした状態で保持する育児習慣がある地域に多いようです。それは股関節を伸ばしていると腸腰筋やハムストリングスなどの関節周りの筋肉が緊張して骨頭を脱臼させる作用を及ぼしてしまうからです。また関節弛緩といって生まれながら関節が緩い赤ちゃんにもなりやすく、その場合何かの外力で脱臼するといわれています。男の子には少なく女の子に多い疾患です。


症状


症状は赤ん坊に多い疾患なので、どのような痛みかなどは不明ですが、客観的にみると開排(あぐら)ができなくなります。また左右の内もものしわが非対称的だったり下肢の長さが短く見えたり、足を揃えて膝を曲げると膝の高さが違ったりします。決定的なのは脱臼した骨を整復した時に生じるクリック音です。


治療


治療はまずは保存療法です。膝を伸ばし股関節も伸ばした状態だと脱臼しやすくなるので、その状態にならないような抱き方やおむつの巻き方をしたほうがいいでしょう。その指導もさせていただきます。

しかしながら、保存療法でもリーメンビューゲルという専用の装具が必要になるのでお近くの整形外科や病院へ受診をされたほうがいいでしょう。

先天性股関節脱臼はのちのち年を取った時に臼蓋形成不全→変形性股関節症に移行しやすいので、小さいころからの予防としてはいわゆるハイハイ運動をさせると股関節が頑丈に育ちますよ。



閲覧数:305回

最新記事

すべて表示

腰ヘルニアによる坐骨神経痛 施術腰椎という積み木のように重なる5つの腰の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。 しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核ともともとあった筋肉の硬結に

頚椎という積み木のように重なる7つの首の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核と筋肉の硬結によって板挟みになり圧迫され損傷してしまい、様々な

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

bottom of page