検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

先天性股関節脱臼

更新日:8月12日


文字通り先天的に新生児や小児らが股関節に脱臼が発生した状態を先天性股関節脱臼といいます。赤ちゃんの股関節を曲げずに伸ばした状態で保持する育児習慣がある地域に多いようです。それは股関節を伸ばしていると腸腰筋やハムストリングスなどの関節周りの筋肉が緊張して骨頭を脱臼させる作用を及ぼしてしまうからです。また関節弛緩といって生まれながら関節が緩い赤ちゃんにもなりやすく、その場合何かの外力で脱臼するといわれています。男の子には少なく女の子に多い疾患です。


症状


症状は赤ん坊に多い疾患なので、どのような痛みかなどは不明ですが、客観的にみると開排(あぐら)ができなくなります。また左右の内もものしわが非対称的だったり下肢の長さが短く見えたり、足を揃えて膝を曲げると膝の高さが違ったりします。決定的なのは脱臼した骨を整復した時に生じるクリック音です。


治療


治療はまずは保存療法です。膝を伸ばし股関節も伸ばした状態だと脱臼しやすくなるので、その状態にならないような抱き方やおむつの巻き方をしたほうがいいでしょう。その指導もさせていただきます。

しかしながら、保存療法でもリーメンビューゲルという専用の装具が必要になるのでお近くの整形外科や病院へ受診をされたほうがいいでしょう。

先天性股関節脱臼はのちのち年を取った時に臼蓋形成不全→変形性股関節症に移行しやすいので、小さいころからの予防としてはいわゆるハイハイ運動をさせると股関節が頑丈に育ちますよ。



259回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

首からの長期間のしつこい手のシビレ

首からの手のシビレが長く続くと次第に取れにくくなってしまい、長期的にしつこくシビレ(痛みやビリビリなど)が残り続けることになります。 この場合、シビレを取り除くことがなかなか難儀します。シビレ出してすぐだったり1か月や2ヵ月くらいなら難儀することが少ないのですが、半年以上経つとかなり難儀します。 (あくまで首からのシビレに特定した話です。どの話もそうですが、かなり限定的な話です。全てのシビレに当て

冷湿布と温湿布、どっちがいいの?

みなさんは冷シップと温シップの二つがあったらどっちをつけますか?私はどっちも付けません。 これは大阪の修行時代に朝の勉強会で時々薬剤師さんも参加していた時にあることを聞いたからです。ちなみに修行先の古東整形外科の向かいの薬局の薬剤師さんでした。 当時の薬剤師さんが言っていたのですが、どちらのシップも変わらないようです。 どういういことかというと。 どちらも冷やしても温めてもいないとのこと 冷シップ

IMG_1746_edited.jpg