検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

踵骨骨端症(Sever病)


小児の踵には6~8歳頃から骨端核という成長する前の骨の組織があり、それが15歳頃に踵の骨としっかり癒合することで成長した踵となります。

かかとにはアキレス腱がついていて動くときは常に牽引力が働いています。子供の場合、骨端核は踵骨と癒合する前は構造上弱いため、スポーツなどで繰り返し強力なアキレス腱の牽引が骨端核に作用することで損傷してしまいます。これを踵骨骨端症といいます。またスポーツ以外の原因として10歳前後の急成長も関与しています。骨は成長して伸びていきますが、筋肉や腱はその成長についていけず、どうしても筋肉がつっぱってしまいます。よって成長による持続的なアキレス腱の牽引に加えてスポーツ時のアキレス腱の牽引が働き損傷しやすくなってしまうのです。

 症状は、まず何の外傷もないのに運動後の踵の痛みが出現します。疼痛が強くなると尖足位(足先を伸ばした状態)になって歩行します。腫脹や熱感はそれほど強くなく、痛くても踵を地面につけられます。

 治療は保存療法で十分なので、安静やスポーツ中止を基本にして、痛み緩和のため電気や超音波、針を施術します。疼痛が強い場合は松葉杖のよる免荷もしますが、ほとんどは踵に当たるところがやわらかく厚い靴を履けば痛みは減弱します。また踵部を高くする足底板もつけるときがあります。この疾患は基本的に予後良好なので、しっかり施術したうえでスポーツを中止して安静にしてさえいれば治ります。ですが、予防のため痛みが引いてもアキレス腱を伸ばすストレッチを続けていきましょう。


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

腓腹神経障害!?あ…。

先日、超めずらしい神経障害の患者さんが来たと思ったら違いました(笑) その患者さんは右足の外側がしびれると言ってたので、「おお!ついに!」と思って調べたら筋肉が突っ張っていただけでした。よくつっばり感をしびれと表現する人が多いので、いつもなら即座に確認するのですが、今回ばかりは「腓腹神経障害」という超レアなのが頭の中で連動されてしまって、つい身を乗り出すように検査したんですね。 どのくらい珍しいか

首肩の施術って考えようによってはお得だな(しみじみ)

最近よく思うのが首肩の針を含めた施術ってけっこういろんなものに期待できるな、としみじみ感じます。 肩こりや首肩が辛い方は多いと思いますが、それプラス頭痛のかたも多いと思います。たいていですが、頭痛の原因は首肩からきているかたが多いです。あとめまいとか気持ち悪さとかも首肩の施術してたら楽になることもあります。ほかにも首の上の方にあるツボは目に良いとされるツボもあるので眼精疲労やドライアイとか、たまー

スマホ首ならぬリモワ首?テレワ首?

最近、首肩背中が辛かったり痛かったりする方が多い気がします。多分リモートワークやテレワークがすこーし増えてるのも影響してるんじゃないかなあと思います。それでリモートワーク首をそのままリモワ首、テレワ首と分かりやすく呼んでみました。 頭が傾くと首や背中にすごい負担がかかるんですね、スマホ首なんて最たる例で約60°傾くと27キロの負担がかかると言われています。お米の袋5ふくろ分以上ってかなりのもんです

さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic