検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

踵骨骨端症(Sever病)


小児の踵には6~8歳頃から骨端核という成長する前の骨の組織があり、それが15歳頃に踵の骨としっかり癒合することで成長した踵となります。

かかとにはアキレス腱がついていて動くときは常に牽引力が働いています。子供の場合、骨端核は踵骨と癒合する前は構造上弱いため、スポーツなどで繰り返し強力なアキレス腱の牽引が骨端核に作用することで損傷してしまいます。これを踵骨骨端症といいます。またスポーツ以外の原因として10歳前後の急成長も関与しています。骨は成長して伸びていきますが、筋肉や腱はその成長についていけず、どうしても筋肉がつっぱってしまいます。よって成長による持続的なアキレス腱の牽引に加えてスポーツ時のアキレス腱の牽引が働き損傷しやすくなってしまうのです。

 症状は、まず何の外傷もないのに運動後の踵の痛みが出現します。疼痛が強くなると尖足位(足先を伸ばした状態)になって歩行します。腫脹や熱感はそれほど強くなく、痛くても踵を地面につけられます。

 治療は保存療法で十分なので、安静やスポーツ中止を基本にして、痛み緩和のため電気や超音波、針を施術します。疼痛が強い場合は松葉杖のよる免荷もしますが、ほとんどは踵に当たるところがやわらかく厚い靴を履けば痛みは減弱します。また踵部を高くする足底板もつけるときがあります。この疾患は基本的に予後良好なので、しっかり施術したうえでスポーツを中止して安静にしてさえいれば治ります。ですが、予防のため痛みが引いてもアキレス腱を伸ばすストレッチを続けていきましょう。


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

胸式呼吸だと首肩が張りやすくなります。

呼吸の仕方には胸式呼吸と腹式呼吸があります。胸式呼吸は息を吸ったときに胸郭が拡がりお腹がへこみます、息を吐いた時は胸郭がしぼみお腹が膨らみます。腹式呼吸はその逆で、息を吸ったときはお腹が膨らみ、息を吐いた時はお腹がへこみます。 通常はみなさん両方の呼吸法を無意識に使いますが、だいたい男性が腹式呼吸>胸式呼吸、女性が胸式呼吸>腹式呼吸といった割合です。あくまで傾向です。テレビでマラソンを走った後の女

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

IMG_1746_edited.jpg