top of page
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

舟状骨骨折


手首には小さい骨が8つあります。その中で最も骨折が多いのが親指の付け根にある舟状骨です。発生原因は転倒して手を突くことで折れてしまうケースが一番多いです。


症状


手首親指側にあるくぼみの中の圧痛、手首掌側にある結節の圧痛、親指に軸圧をかけて痛みが出れば舟状骨骨折を疑います。

この骨折は痛みが比較的に軽度で、初期にはレントゲンにも写りにくいため、ただの捻挫と誤診され将来的にSNACという手の関節症になり頑固な痛みを残すことがあり、注意が必要です。

また骨折の部位にもよりますが、とてもくっつきにくい骨として有名です。なぜなら血流の流れが悪いからです。

特に舟状骨中央部から付け根側は最も血流が悪く、最も折れやすい所だと言われています。そのため偽関節(骨が本来くっつく力を失って骨が離れたままになる状態)になりやすく、直後は特に生活に支障はないですが、長期的には上に書いたSNACになることがあります。


治療


保存療法としてはシーネやギプスで安静固定を行います。骨折している所によって違いますがくっつきにくい部分では10~12週間、他は6~8週間くらいの期間が必要です。

骨折の転位が強かったり、スポーツ選手など早期に治癒する必要がある方には手術をお勧めしています。キルシュナーワイヤーやボルトなどで固定することが多いようです。



閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

腰ヘルニアによる坐骨神経痛 施術腰椎という積み木のように重なる5つの腰の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。 しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核ともともとあった筋肉の硬結に

頚椎という積み木のように重なる7つの首の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核と筋肉の硬結によって板挟みになり圧迫され損傷してしまい、様々な

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

bottom of page