top of page
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

Bennett骨折(ベネット骨折)


Bennett骨折というのは母指の付け根の部分にある中手骨の基部が骨折し脱臼したものです。

転倒などで手を突いたときに母指が内側を又は外側を向いていて曲げるのを強制されると発生します。

母指中手骨基部の一部には強靭な靭帯(バンド)が付いているため、発生時に中手骨基部の靭帯付着部のみがバンドによって原位置を保ち、ほかは転位し脱臼が成立するのです。

症状


症状は骨折部の強い疼痛や腫脹がもちろんあり、母指を動かせなくなります。

二つの筋肉によって(母指内転筋と長母指外転筋)、母指は内に曲がり、母指の付け根は中枢のほうへ引っ張られます(転位した状態)。

治療


治療はまず整復を試みます。この骨折は比較的に整復しやすいですが、すぐに再転位してしまいます。なので整復後強めの固定を4,5週間くらい行います。

固定中や固定除去後は浮腫や拘縮の予防対策のため少しづつ運動をしていきましょう。

また整復をしても何かの拍子にすぐに再転位してずれてしまいますので、必ず整形外科でレントゲン確認を1週間に1回行いましょう。もしずれているなら整形外科でのワイヤーを用いた手術を行うことがあります。


もし他の疾患にも興味があればこれらのブログも参考にしてください。

また当院の主なメニューはこちらです。



閲覧数:167回

最新記事

すべて表示

腓骨筋腱滑車症候群

腓骨筋腱滑車症候群は珍しい疾患ですが、しっかり施術していけば少しずつよくなります。

前足根管症候群について

足の親指と第二趾のしびれがある場合は、数ある疾患の一つのこれを疑ってもいいかもしれません。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page