検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

月状骨脱臼

更新日:8月12日


月状骨とは手の骨です。手根骨という8つの骨が手の関節にありますが、月状骨は手関節のほぼ中央に位置しています。

しかし、転倒などで手を突いたときに手の関節伸展を強制されて、8つの手根骨の内の月状骨のみが手の平側に脱臼するときがあります。これを月状骨脱臼といいます。

20~50代の男性に好発し、手関節周辺の脱臼では一番多いです。

症状


症状は手関節部の疼痛や圧痛がもちろん出現し、外見的には手が幅広くなったように見えます。

また本来月状骨の手の平側に手根管というトンネルが存在し、正中神経や指を曲げる屈筋腱がそのトンネル内を通っているのですが、月状骨が手の平側に脱臼しているとそのトンネルは月状骨によって圧迫されてしまいます。

すると正中神経も圧迫されるので手の平側に痛みやしびれが出現し、屈筋腱も圧迫によって指が曲がった状態になり伸びにくくなります。

治療


治療はまず整形外科レントゲンでしっかり月状骨の位置がどうなってるか確認することが重要です。他に骨折などの外傷をしていないかなどを確認しなければいけないので、必ず整形外科を受診してレントゲンを撮りに行ってください。脱臼の整復を試みます。手の関節を牽引するだけでほとんどが整復されます。整復ができているなら、手の平の痛みやしびれが消失し、指も正常に伸ばすことができます。

その後、再脱臼しにくい肢位で固定をします。だいたい2,3週間くらいを目安に固定します。固定中や固定後は拘縮予防と対策のため運動やストレッチをしましょう。


73回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

首からの長期間のしつこい手のシビレ

首からの手のシビレが長く続くと次第に取れにくくなってしまい、長期的にしつこくシビレ(痛みやビリビリなど)が残り続けることになります。 この場合、シビレを取り除くことがなかなか難儀します。シビレ出してすぐだったり1か月や2ヵ月くらいなら難儀することが少ないのですが、半年以上経つとかなり難儀します。 (あくまで首からのシビレに特定した話です。どの話もそうですが、かなり限定的な話です。全てのシビレに当て

冷湿布と温湿布、どっちがいいの?

みなさんは冷シップと温シップの二つがあったらどっちをつけますか?私はどっちも付けません。 これは大阪の修行時代に朝の勉強会で時々薬剤師さんも参加していた時にあることを聞いたからです。ちなみに修行先の古東整形外科の向かいの薬局の薬剤師さんでした。 当時の薬剤師さんが言っていたのですが、どちらのシップも変わらないようです。 どういういことかというと。 どちらも冷やしても温めてもいないとのこと 冷シップ

IMG_1746_edited.jpg