検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

肋骨骨折について


肋骨とは胸郭を構成する骨の一部であるあばら骨のことです。すべての骨折の約20%と高い頻度で発生します。発生の仕方は主に二つあります。

打撲など強い力が一点に集中した場合と樽のような形状をした胸郭が押しつぶされて外側の肋骨が折れる場合です。他には、骨粗鬆症で弱い骨になってしまった状態でくしゃみ等で胸郭が激しく動いた時に折れてしまう場合やゴルフなどで胸郭を何度もひねる運動で疲労骨折を起こす場合もあります。

 症状は深呼吸、セキをした時、笑った時に局所的な痛みが発生すること。安静にしていれば痛みは出ません。肋骨はたまにレントゲンを撮っても骨折が確認できないことがありますが、これらの症状があれば骨折を疑います。

 治療は通常、保存療法です。バストバンドで骨折したところを締めることで呼吸時の胸郭の動きを制限します。(息を全部吐き出してからバンドを締めましょう)また、痛みを和らげるため電気治療、超音波、シップ、軟膏を施します。骨がつながるのは3、4週間くらいです。(参考までに:成人なら3週間、子供なら2週間、老人なら4週間)

どうしても安静にできない場合は少し治るの時間がかかるときもあります。

 たまに胸膜、肺などの損傷や二本以上の肋骨が折れてしまうことがあり、息苦しかったり、呼吸が困難になってしまうこともあるため注意が必要です。

 ですが、ほとんどが単純な骨折でその場合は経過が良いのでご安心下さい。



72回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

IMG_1746_edited.jpg