top of page
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

後十字靭帯損傷


膝関節には数多くの靭帯がありますが、その一つに後十字靭帯という脛骨を後方に押し出されないように引っ張る靭帯があります。

この靭帯が断裂または部分的に断裂したものを後十字靭帯損傷といいます。スポーツや交通事故によって損傷することが多く、前向きに転倒したときに脛骨が地面に当たり後ろに強制するような力が働くことで損傷します。



症状


症状は膝の疼痛はもちろん、膝関節の腫脹がみられますが他の靭帯損傷よりも症状が比較的に小さいようです。また膝を揃えて左右をみると患部の脛骨の方が下がっていたり、脛骨を後方へ押し込めるなどの症状も出現します。

このような方は時間が経つと膝関節の不安定感を訴えますが、時にまったく無症状であることもあります。また半月板損傷や他の靭帯損傷(複合靭帯損傷)を合併しているときもありますが、その場合は症状は強く出現します。


治療


治療は単独での後十字靭帯損傷なら、保存療法で十分です。装具固定する場合もありますが、ほとんどが必要なく膝周りの筋肉トレーニングを続けていれば機能障害が出ることも少ないです。

しかし、複合靭帯損傷や半月板損傷を合併している場合は、症状や合併の部位にもよりますが手術になることが多いです。それが疑われた場合は膝の固定や松葉杖を処方して整形外科をお勧めさせていただきます。

スポーツをする人は特に膝が不安定なまま放っておかない方がいいです。



閲覧数:12回

最新記事

すべて表示

腰ヘルニアによる坐骨神経痛 施術腰椎という積み木のように重なる5つの腰の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。 しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核ともともとあった筋肉の硬結に

頚椎という積み木のように重なる7つの首の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核と筋肉の硬結によって板挟みになり圧迫され損傷してしまい、様々な

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

bottom of page