top of page
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

前十字靭帯損傷


膝の関節には多くの靭帯が付いていますが、その一つに前十字靭帯というバンドが膝関節の中に付いています。これは脛骨が前方に移動しないように引っ張る働きがありますが、この靭帯が断裂又は部分断裂してしまうことを前十字靭帯損傷といいます。

交通事故や労働中にも起こりますが、ほとんどがスポーツ中に起こります。

比較的女性に多くバスケやスキーなどでストップ動作やジャンプをしたときに単独断裂しやすく、時に複合靭帯損傷(他の靭帯も同時に断裂していること)や半月板損傷の合併も起こります。こうなればスポーツ生命に関わります。


症状


症状は膝の疼痛はもちろん、受傷時にポキッという断裂音を聞くときがあります。

膝関節の腫脹や熱感もあり、膝を動かすと痛いので関節の可動域が減少し歩行困難になります。急性症状が過ぎると関節の不安定性も出現し、ギビングウェイという歩行中等に急に膝の力が抜ける現象が起こります。これが原因で半月板や膝関節の軟骨は傷つき、将来的に膝不安定症による関節症が起こってしまいます。


治療


治療は膝装具による保存療法でも治癒するという意見もありますが、手術を行ったほうがいい場合が多いです。断裂直後の場合は固定し松葉杖で歩行してもらってMRI撮影のため整形外科を紹介します。急性症状が終えて痛まなくなってきたら、保存療法でも手術でも筋力トレーニングは必要です。

手術を行ってもリハビリに半年以上かかるので、根気強く膝を曲げる範囲を広げたりや筋力をつけていきましょう。



閲覧数:196回

最新記事

すべて表示

腰ヘルニアによる坐骨神経痛 施術腰椎という積み木のように重なる5つの腰の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。 しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核ともともとあった筋肉の硬結に

頚椎という積み木のように重なる7つの首の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核と筋肉の硬結によって板挟みになり圧迫され損傷してしまい、様々な

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

bottom of page