検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

前十字靭帯損傷


膝の関節には多くの靭帯が付いていますが、その一つに前十字靭帯というバンドが膝関節の中に付いています。これは脛骨が前方に移動しないように引っ張る働きがありますが、この靭帯が断裂又は部分断裂してしまうことを前十字靭帯損傷といいます。

 交通事故や労働中にも起こりますが、ほとんどがスポーツ中に起こります。比較的女性に多くバスケやスキーなどでストップ動作やジャンプをしたときに単独断裂しやすく、時に複合靭帯損傷(他の靭帯も同時に断裂していること)や半月板損傷の合併も起こります。こうなればスポーツ生命に関わります。

 症状は膝の疼痛はもちろん、受傷時にポキッという断裂音を聞くときがあります。膝関節の腫脹や熱感もあり、膝を動かすと痛いので関節の可動域が減少し歩行困難になります。急性症状が過ぎると関節の不安定性も出現し、ギビングウェイという歩行中等に急に膝の力が抜ける現象が起こります。これが原因で半月板や膝関節の軟骨は傷つき、将来的に膝不安定症による関節症が起こってしまいます。

 治療は膝装具による保存療法でも治癒するという意見もありますが、手術を行ったほうがいい場合が多いです。断裂直後の場合は固定し松葉杖で歩行してもらってMRI撮影のため整形外科を紹介します。急性症状が終えて痛まなくなってきたら、保存療法でも手術でも筋力トレーニングは必要です。手術を行ってもリハビリに半年以上かかるので、根気強く膝を曲げる範囲を広げたりや筋力をつけていきましょう。



40回の閲覧

最新記事

すべて表示

キネシオテーピングが地味に活躍しますよ。

これからの乾燥した時期はキネシオテーピングに割合適した時期なんじゃないでしょうか。夏だとかぶれやすいですしね。でもかぶれても痛みの方がはるかに強いならそのまま貼っていてもありだとは思いますが。(痛み>痒みの場合ですね) キネシオテープは痛い筋肉に沿って伸ばして貼ることで、痛めた筋肉を少しだけ突っ張ることで負担軽減してくれます。その少しだけが痛みが強い人にとっては結構ありがたかったりします。長時間腰

腓腹神経障害!?あ…。

先日、超めずらしい神経障害の患者さんが来たと思ったら違いました(笑) その患者さんは右足の外側がしびれると言ってたので、「おお!ついに!」と思って調べたら筋肉が突っ張っていただけでした。よくつっばり感をしびれと表現する人が多いので、いつもなら即座に確認するのですが、今回ばかりは「腓腹神経障害」という超レアなのが頭の中で連動されてしまって、つい身を乗り出すように検査したんですね。 どのくらい珍しいか

首肩の施術って考えようによってはお得だな(しみじみ)

最近よく思うのが首肩の針を含めた施術ってけっこういろんなものに期待できるな、としみじみ感じます。 肩こりや首肩が辛い方は多いと思いますが、それプラス頭痛のかたも多いと思います。たいていですが、頭痛の原因は首肩からきているかたが多いです。あとめまいとか気持ち悪さとかも首肩の施術してたら楽になることもあります。ほかにも首の上の方にあるツボは目に良いとされるツボもあるので眼精疲労やドライアイとか、たまー

さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic