検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

前十字靭帯損傷


膝の関節には多くの靭帯が付いていますが、その一つに前十字靭帯というバンドが膝関節の中に付いています。これは脛骨が前方に移動しないように引っ張る働きがありますが、この靭帯が断裂又は部分断裂してしまうことを前十字靭帯損傷といいます。

 交通事故や労働中にも起こりますが、ほとんどがスポーツ中に起こります。比較的女性に多くバスケやスキーなどでストップ動作やジャンプをしたときに単独断裂しやすく、時に複合靭帯損傷(他の靭帯も同時に断裂していること)や半月板損傷の合併も起こります。こうなればスポーツ生命に関わります。

 症状は膝の疼痛はもちろん、受傷時にポキッという断裂音を聞くときがあります。膝関節の腫脹や熱感もあり、膝を動かすと痛いので関節の可動域が減少し歩行困難になります。急性症状が過ぎると関節の不安定性も出現し、ギビングウェイという歩行中等に急に膝の力が抜ける現象が起こります。これが原因で半月板や膝関節の軟骨は傷つき、将来的に膝不安定症による関節症が起こってしまいます。

 治療は膝装具による保存療法でも治癒するという意見もありますが、手術を行ったほうがいい場合が多いです。断裂直後の場合は固定し松葉杖で歩行してもらってMRI撮影のため整形外科を紹介します。急性症状が終えて痛まなくなってきたら、保存療法でも手術でも筋力トレーニングは必要です。手術を行ってもリハビリに半年以上かかるので、根気強く膝を曲げる範囲を広げたりや筋力をつけていきましょう。



106回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

自分で包帯(オールコットン)を買うときのメリット

包帯って改めていいですね。包帯といってもオールコットンの4号の包帯です。伸び縮みする薄いタイプの包帯のことじゃないです。 膝のサポーター厚いタイプもただ履くだけで使いやすくてとてもいいんですが、オールコットンの包帯の場合はデメリットは巻くのがめんどくさい、時間が少しかかる、洗うのが長くて面倒ってだけなんですね。ただ履くだけのサポーターもしっかり固定されていれば楽になりますしいいんですよ。いいんです

レベル高すぎて笑えてしまった。こんなん来ないよ。

最近、部屋の片づけで修行時代1年目の頃の勉強会資料が出てきましたが、当時(15年くらい前に)やる内容にしてはえらい難しいのが出てきました。それが「良性骨腫瘍の画像診断」当時みた単純性骨嚢胞腫の報告だったんですね。勉強会がない日は火曜日と日曜日だけだったので、ほかの曜日でこの疾患を報告したのでしょうが、当時の修行先はヘルニアとか手根管症候群とかは当たり前で勉強会で発表する場合ならよっぽど革新的な何か

さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic