top of page
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

内側々副靭帯損傷


内側々副靭帯とは膝の内側に付着していて膝を安定させるためのバンドのことです。このバンドは膝が外反(膝が内側に折れること)するのを防ぐ役割がありますが、スポーツ外傷や転倒などで過度に膝に外反の力が加わることで捻挫程度に損傷したり部分的に断裂したり、時には完全に断裂してしまうこともあります。これを内側々副靭帯損傷といいます。


症状


症状は膝関節の内側の疼痛、圧痛、腫脹があり、時間が経てば皮下出血斑も出現します。また他動的に膝を外に反らせると疼痛や不安定感が出ます。不安定感が出たら部分断裂や完全断裂が起きていることを表します。特に膝を伸ばした状態で不安定感が出たら完全に断裂している可能性が高いです。また合併症として半月板の損傷や前十字靭帯の損傷が挙げられます。(この場合、不幸の三兆候といわれ絶対手術したほうがいいです)


治療


治療は捻挫や部分的な断裂(軽度なもの)なら保存療法で大丈夫です。捻挫なら弾力包帯で軽く固定すれば問題ありません。部分断裂ならまず受傷後のアイシングをしてから固定をします。装具固定も有効ですが、もし合併症があればギプスシャーレ固定の方がいいのでその場合整形外科をお勧めします。固定後6~8週間くらいしたら本格的に筋力トレーニングを行いましょう。

しかし、完全断裂なら合併症のある症例が多いので手術を考慮したほうがいいでしょう。応急処置として固定と松葉杖が必要にします。



閲覧数:13回

最新記事

すべて表示

腰ヘルニアによる坐骨神経痛 施術腰椎という積み木のように重なる5つの腰の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。 しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核ともともとあった筋肉の硬結に

頚椎という積み木のように重なる7つの首の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核と筋肉の硬結によって板挟みになり圧迫され損傷してしまい、様々な

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

bottom of page