検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

内側々副靭帯損傷


内側々副靭帯とは膝の内側に付着していて膝を安定させるためのバンドのことです。このバンドは膝が外反(膝が内側に折れること)するのを防ぐ役割がありますが、スポーツ外傷や転倒などで過度に膝に外反の力が加わることで捻挫程度に損傷したり部分的に断裂したり、時には完全に断裂してしまうこともあります。これを内側々副靭帯損傷といいます。

 症状は膝関節の内側の疼痛、圧痛、腫脹があり、時間が経てば皮下出血斑も出現します。また他動的に膝を外に反らせると疼痛や不安定感が出ます。不安定感が出たら部分断裂や完全断裂が起きていることを表します。特に膝を伸ばした状態で不安定感が出たら完全に断裂している可能性が高いです。また合併症として半月板の損傷や前十字靭帯の損傷が挙げられます。(この場合、不幸の三兆候といわれ絶対手術したほうがいいです)

 治療は捻挫や部分的な断裂(軽度なもの)なら保存療法で大丈夫です。捻挫なら弾力包帯で軽く固定すれば問題ありません。部分断裂ならまず受傷後のアイシングをしてから固定をします。装具固定も有効ですが、もし合併症があればギプスシャーレ固定の方がいいのでその場合整形外科をお勧めします。固定後6~8週間くらいしたら本格的に筋力トレーニングを行いましょう。

 しかし、完全断裂なら合併症のある症例が多いので手術を考慮したほうがいいでしょう。応急処置として固定と松葉杖が必要にします。



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

IMG_1746_edited.jpg