検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

半月板損傷


半月板とは膝関節の外側と内側にそれぞれあり、荷重を分散させてクッションの役割をしたり関節の液を分散させる機能を持っています。しかし、長年使っていると半月板は徐々に変性して笹くれのようになってしまいやがて断裂してしまいます。若い人ではスポーツで一回の外力で捻って損傷してしまうことが多いです。また円板状半月といって半月板が厚く形が悪いため起こるものもあります。いずれもこれらを半月板損傷といいます。

 症状は膝の内側か外側の疼痛、圧痛、クリック痛、膝折れ感が出現し、半月板が断裂してめくれている場合はロッキングといって突然伸ばせない曲げられない状態になるときもあります。また膝の屈伸時に下腿を捻ると弾発音と同時に疼痛が出現します。

 施術はまず手技、電気、超音波、針通電をします。痛み緩和を目的に弾力包帯で膝を軽く巻いて固定します。しかし、スポーツで一回の外力で起こった半月板損傷ならギプスシャーレやクラーメルなどで2,3週間ほど膝を固定して松葉杖歩行してもらう可能性もあります。

しかし、これらの保存療法に抵抗するような頑固な疼痛がある方、はじめから痛みが強くて日常生活に支障があるような方では整形外科で手術をしたほうがいいでしょう。


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

自分で包帯(オールコットン)を買うときのメリット

包帯って改めていいですね。包帯といってもオールコットンの4号の包帯です。伸び縮みする薄いタイプの包帯のことじゃないです。 膝のサポーター厚いタイプもただ履くだけで使いやすくてとてもいいんですが、オールコットンの包帯の場合はデメリットは巻くのがめんどくさい、時間が少しかかる、洗うのが長くて面倒ってだけなんですね。ただ履くだけのサポーターもしっかり固定されていれば楽になりますしいいんですよ。いいんです

IMG_1746_edited.jpg

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic