検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

マレットフィンガー


この疾患はつき指と同じような病態です。指のDIP(第一関節)において伸ばしていた指が急な外力によって曲げられたり軸圧をかけられた時に発生します。例えば、野球をしていて球を取り損なった、バスケのボールが指の先に当たった時などで発生します。

 指の先には終止腱という指を伸ばすための腱がついています。マレットフィンガーとはその腱が先に挙げた外力で切れたり、骨の先ごとちぎれたものを言うのです。この疾患にはそれぞれタイプがあって腱が切れたものをⅠ型、骨がちぎれたものをⅡ型、骨が大きくちぎれたため骨ごと脱臼したものをⅢ型と言います。

 症状はDIP(第一関節)部の鋭い痛み、腫脹があります。また指の先が伸ばせなくなりますが、これは指を伸ばすための腱やその先についた骨がちぎれてしまったからです。

 治療は安静固定を目的にアルフェンスという固定材で、指を伸ばした状態で固定します。固定期間はⅠ型で6~8週間、Ⅱ型とⅢ型で5~6週間になります。一度固定が外れてしまうとせっかく付きかけた腱や骨が再度剥がれてしまうので、極力指の先を動かさず曲げないようにしましょう。

 またⅢ型は固定をしても脱臼が生じてしまう場合があるため、手術を勧めることもあります。



19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

胸式呼吸だと首肩が張りやすくなります。

呼吸の仕方には胸式呼吸と腹式呼吸があります。胸式呼吸は息を吸ったときに胸郭が拡がりお腹がへこみます、息を吐いた時は胸郭がしぼみお腹が膨らみます。腹式呼吸はその逆で、息を吸ったときはお腹が膨らみ、息を吐いた時はお腹がへこみます。 通常はみなさん両方の呼吸法を無意識に使いますが、だいたい男性が腹式呼吸>胸式呼吸、女性が胸式呼吸>腹式呼吸といった割合です。あくまで傾向です。テレビでマラソンを走った後の女

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

IMG_1746_edited.jpg