top of page
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

衝突性外骨腫


この疾患は足の関節を構成する距骨と脛骨という骨の障害です。スポーツ、特にサッカーをしている方に多く見られます。足関節の過度の曲げ伸ばしにより距骨が脛骨の縁に衝突してしまい、骨の増殖性変化(骨の棘)を起こすことで足関節の疼痛と運動制限が生じたものを衝突性外骨腫と呼びます。

また足関節靭帯損傷後の足関節の不安定症により距骨が脛骨に衝突しやすくなるため発生することもあります。


症状


症状は足関節の疼痛が主です。足を背屈させると足関節の前方が痛み、底屈させると足関節の後方が痛みを感じます。関節の動く範囲も狭まり、レントゲンで見ると骨の棘が形成されているのが確認できます。


治療


治療はまず保存療法で様子をみましょう。痛み緩和のため電気療法や軟膏をします。

その後、足の曲げ伸ばしや不安定症を防止するためテーピングを巻いたり、弾力包帯で固定をします。しかし、痛みが持続する方や骨の棘が折れて関節の中で遊離しているようなものは手術の適応となります。

手術後の予後はスポーツをするなら支障をきたす場合もありますが、日常生活なら特に支障はないことが多いです。



閲覧数:34回

最新記事

すべて表示

腰ヘルニアによる坐骨神経痛 施術腰椎という積み木のように重なる5つの腰の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。 しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核ともともとあった筋肉の硬結に

頚椎という積み木のように重なる7つの首の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核と筋肉の硬結によって板挟みになり圧迫され損傷してしまい、様々な

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

bottom of page