• 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

足関節外側靭帯損傷(足関節捻挫)


足の外果(外くるぶし)には足関節が不安定にならないように、前距腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靭帯というバンドが付着していて、それらを総称して外側靭帯といいます。

スポーツや階段などで足が内返しを強制されることによって外側靭帯が伸ばされてしまい発生します。これを足関節の外側靭帯損傷といいます。

軟部組織の損傷には度合いがあり軽い順で、断裂がない捻挫、部分断裂、完全断裂があります。その損傷によって固定方法や固定期間が変わってきます。多くが外果の前下方にある前距腓靭帯が損傷されますが、重症だと加えて外果の下方にある踵腓靭帯も損傷されます。後下方にある後距腓靭帯は比較的頑丈なので損傷することは滅多にありませんが、損傷しているとすれば大抵は骨折も伴っています。


症状


症状は外果の前下方または下方部の疼痛や圧痛、腫脹です。4,5日すると皮下出血がでてきます。捻挫程度なら歩行できますが断裂があると荷重するだけでも疼痛が強くて困難になります。

また関節を固定しているバンドが断裂することで足関節が不安定になります。そのため足を前のほうへ引っ張ると正常よりも前に滑り出す現象が出現します。


治療


治療はまずアイシングです。受傷直後に行うことで後の腫脹や浮腫を抑えることができます。

次に電気や軟膏、シップなどをして、安静固定のため弾力包帯やギプスシャーレで動かさないように固定します。

捻挫で2週間、断裂で3,4週間くらいの固定をし、その間動かせる関節は拘縮予防のためにしっかりと運動します。固定が外れても捻挫予防のため足関節の周りの筋肉を鍛えるといいでしょう。



閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

割と多い肋骨骨折 肋骨とは胸郭を構成する骨の一部であるあばら骨のことです。すべての骨折の約20%と高い頻度で発生します。 発生の仕方は主に直達外力と介達外力の二つがあります。 打撲など強い力が一点に集中した場合が一つと樽のような形状をした胸郭が押しつぶされて外側に肋骨が折れる場合が一つです。 他にも、骨粗鬆症で弱い骨になってしまった状態でくしゃみ等をして胸郭が激しく動いた時に折れてしまう場合やゴル

肩の麻痺の一つ 腋窩神経とは三角筋と小円筋の運度神経であり、肩の外側の知覚もつかさどっています。肩関節の前方脱臼場合ですと腋窩神経が牽引、圧迫され損傷することが多く、かなり高率で発生します。 また、打撲や肩の使いすぎでも発生します。スポーツなどで使いすぎが原因の場合はquadrilateral space syn.と呼ばれています。これはquadrilateral spaceという肩後方のトンネル

IMG_1746_edited.jpg