検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

足関節外側靭帯損傷(足関節捻挫)


足の外果(外くるぶし)には足関節が不安定にならないように、前距腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靭帯というバンドが付着していて、それらを総称して外側靭帯といいます。スポーツや階段などで足が内返しを強制されることによって外側靭帯が伸ばされてしまい発生します。これを足関節の外側靭帯損傷といいます。損傷には度合いがあり軽い順で、断裂がない捻挫、部分断裂、完全断裂があります。その損傷によって固定方法や固定期間が変わってきます。多くが外果の前下方にある前距腓靭帯が損傷されますが、重症だと加えて外果の下方にある踵腓靭帯も損傷されます。後下方にある後距腓靭帯は比較的頑丈なので損傷することは滅多にありませんが、損傷しているとすれば大抵は骨折も伴っています。

 症状は外果の前下方または下方部の疼痛や圧痛、腫脹です。4,5日すると皮下出血がでてきます。捻挫程度なら歩行できますが断裂があると荷重するだけでも疼痛が強くて困難になります。また関節を固定しているバンドが断裂することで足関節が不安定になります。そのため足を前のほうへ引っ張ると正常よりも前に滑り出す現象が出現します。

 治療はまずアイシングです。受傷直後に行うことで後の腫脹や浮腫を抑えることができます。次に電気や軟膏、シップなどをして、安静固定のため弾力包帯やギプスシャーレで動かさないように固定します。捻挫で2週間、断裂で3,4週間くらいの固定をし、その間動かせる関節は拘縮予防のためにしっかりと運動します。固定が外れても捻挫予防のため足関節の周りの筋肉を鍛えるといいでしょう。



3回の閲覧

最新記事

すべて表示

キネシオテーピングが地味に活躍しますよ。

これからの乾燥した時期はキネシオテーピングに割合適した時期なんじゃないでしょうか。夏だとかぶれやすいですしね。でもかぶれても痛みの方がはるかに強いならそのまま貼っていてもありだとは思いますが。(痛み>痒みの場合ですね) キネシオテープは痛い筋肉に沿って伸ばして貼ることで、痛めた筋肉を少しだけ突っ張ることで負担軽減してくれます。その少しだけが痛みが強い人にとっては結構ありがたかったりします。長時間腰

腓腹神経障害!?あ…。

先日、超めずらしい神経障害の患者さんが来たと思ったら違いました(笑) その患者さんは右足の外側がしびれると言ってたので、「おお!ついに!」と思って調べたら筋肉が突っ張っていただけでした。よくつっばり感をしびれと表現する人が多いので、いつもなら即座に確認するのですが、今回ばかりは「腓腹神経障害」という超レアなのが頭の中で連動されてしまって、つい身を乗り出すように検査したんですね。 どのくらい珍しいか

首肩の施術って考えようによってはお得だな(しみじみ)

最近よく思うのが首肩の針を含めた施術ってけっこういろんなものに期待できるな、としみじみ感じます。 肩こりや首肩が辛い方は多いと思いますが、それプラス頭痛のかたも多いと思います。たいていですが、頭痛の原因は首肩からきているかたが多いです。あとめまいとか気持ち悪さとかも首肩の施術してたら楽になることもあります。ほかにも首の上の方にあるツボは目に良いとされるツボもあるので眼精疲労やドライアイとか、たまー

さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic