検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

ジャンパー膝

更新日:8月12日


膝を伸ばす作用がある筋肉は主に大腿四頭筋があり、それは膝蓋骨の上の部分について、膝蓋骨の下部から膝蓋靭帯として脛の辺り(脛骨粗面)に付着しています。


ハードに使いすぎるといずれなる

しかし、過度なスポーツや長期的なトレーニングをすると、ジャンプなどの膝を伸ばす筋肉や靭帯を繰り返し酷使し、それらの組織が破壊され次第に炎症、変性、微少断裂していきます。

これをジャンパー膝といいます。損傷しやすい部位は、一番は膝蓋骨下部、次に膝蓋骨上部、次に脛骨粗面部と続いています。

その名の通りジャンプするスポーツで起こりやすいですが、足を酷使するスポーツなら十分起こりえます。


症状

症状は運動中や運動後の痛みが主にありますが、膝くずれや膝周りの脱力も起こります。

それでも安静にせずに膝を酷使していると、常に痛みが出現していて、最後には断裂することもあります。うつぶせに寝て膝を曲げると膝に痛いが発生し、または代償的に股関節を曲げることで痛みから逃げようとします。


施術

施術はまず電気、超音波、鍼通電、手技を行います。痛み緩和のために時にアイシングをしますが、安静も同じくらい大事です。使い過ぎでジャンパー膝になるのに使いながらよくなるはずもありません。

また、痛みが半減したらストレッチやマッサージも行います。痛みがとれないようなら整形外科での注射をお勧めしますが、ステロイド注射は消炎に優れていますが副作用で腱が弱くなりますので、多用するのは避けてください。(腱が切れることもあるんですよ)


4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

デュケルバン病(手首の痛み)

これぞ、ザ腱鞘炎。 知らない先生がいないくらい有名な腱鞘炎。 親指の付け根には多くの筋や腱が付いています。その中の短母指伸筋腱(親指を伸ばす腱)と長母指外転筋腱(親指を外へ広げる腱)腱鞘炎をデュケルバン病と呼びます。(デカルバン病ともいう) 多くが中年以降の女性や妊娠後の女性に発症します。 原因として家事や仕事などによる手の使い過ぎや妊娠時でのホルモンのアンバランスが挙げられます。腱にはその周りを

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

首からの長期間のしつこい手のシビレ

首からの手のシビレが長く続くと次第に取れにくくなってしまい、長期的にしつこくシビレ(痛みやビリビリなど)が残り続けることになります。 この場合、シビレを取り除くことがなかなか難儀します。シビレ出してすぐだったり1か月や2ヵ月くらいなら難儀することが少ないのですが、半年以上経つとかなり難儀します。 (あくまで首からのシビレに特定した話です。どの話もそうですが、かなり限定的な話です。全てのシビレに当て

IMG_1746_edited.jpg