top of page
  • さのはりきゅう整骨院

足根管症候群

足首の内果(内くるぶし)の後ろには脛骨神経という足底の知覚や足の指を曲げるための神経が通っています。そしてそこには足根管というトンネルがあり、脛骨神経はそのトンネルの中を走行しています。

そこで何らかの原因によって足根管が狭くなることによって脛骨神経が圧迫され様々な神経症状が発生します。それを足根管症候群と呼びます。

   

原因

原因はガングリオンによるものや、他にも周辺の骨折、足関節捻挫、偏平足、打撲後の浮腫によるものがあります。

また原因不明で特発的に起こることもあります。


症状

症状は足底や足指のしびれ、痛みがほとんどです。しかし他にも針で刺されたような痛みや灼熱感、違和感などが出現することもあります。また、脱力感や足指の筋力低下も起こる時もあります。


施術

施術は足根管部に電気や鍼通電、超音波などをして症状が減少するのを待ちます。

また偏平足が原因の場合は足底板をして足のアーチを正常にする方法もします。

しかし、長期間保存療法をしても効果がない場合は足根管内の注射をお勧めします。

また、腫瘍や骨の棘による保存療法に抵抗するようなものは摘出したほうが、手術をお勧めするときもあります。


施術に興味がある方はこちらをご参考ください。

閲覧数:9回

最新記事

すべて表示

ガングリオンの紹介

手の甲に多いガングリオンは見かけは少し派手なので驚くかもしれませんが、予後は良好でそんなに心配することはありません。ですが、しっかりとガングリオンと確定するために整形外科に念のため診てもらいましょう。

腓腹神経障害

足の甲の外側のしびれ、感覚マヒがあればこれかもしれませんと言いたいところですが、まず違うでしょう。それくらい珍しい疾患です。

bottom of page