top of page
  • さのはりきゅう整骨院

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)ギックリ首背中首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。

それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。

(細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです)


僧帽筋

僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢帯までついている大きなひし形の筋肉です。面積はほぼ首背中肩です。

ここを痛めて筋硬結が発生するとギックリ首背中やギリギリでぎっくり腰(腰痛)になったりします。

首こり肩こりはかなり多く見受けられます。


脊柱起立筋

この筋肉は頭から首、背骨、仙骨、腸骨という下肢帯の一部までついている非常に長い筋肉です。横にはそれほど広くはありませんが、頭からお尻の方までついてるなんて長いにもほどがありますね。

ここを痛めるとギックリ首背中、ギックリ腰(腰痛)、首こり、ギリギリで肩こりもあります。


広背筋

読んで字のごとくの筋肉です。この筋肉は上肢(腕)から背骨の下の方、腸骨という下肢帯までついている広い背中の筋肉です。広いし長い筋肉で、イメージだけで言うなら腰付近から万歳したような形をしています。

この筋肉は首コリや肩こりなどは直接的には関係ありませんが、ここを痛めると腕からついているので腕の痛みだったり、ギックリ背中やぎっくり腰(腰痛)になりえます。


辛いならしっかり施術して動かないように

全身どの筋肉も基本そうなのですが、辛い時は施術して痛みをしっかりとりましょう。

それまでは運動や体操やストレッチはしないで下さい。悪化します。

できるようになるタイミングがありますので、その時に教えます。

閲覧数:48回

最新記事

すべて表示

腰ヘルニアによる坐骨神経痛 施術腰椎という積み木のように重なる5つの腰の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。 しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核ともともとあった筋肉の硬結に

頚椎という積み木のように重なる7つの首の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核と筋肉の硬結によって板挟みになり圧迫され損傷してしまい、様々な

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

bottom of page