検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

肩関節前方脱臼


肩関節の脱臼は脱臼の中で一番多いといわれています。他の関節と比べ、骨頭を納める関節窩が小さく外れやすい構造をしていて、常に筋肉や靭帯などに依存しているからです。原因としては、後ろへ転倒した時に手を突いて発生する場合、腕を外側から挙げるときにてこの原理が関節に働いて脱臼してしまう場合、時には野球などで投球動作の際の筋力によって脱臼することもあります。

 症状は肩関節が空虚になったり、上腕骨頭が通常よりも内側にあったりしますが、何よりも持続的な疼痛があります。歩行でも痛むので患者さんは健康な手で支えて来院します。

この痛みは整復しなければ治まりません。整復するためにはレントゲン検査が必要になります。

整復の方法は数々ありますが、ゼロポジションやスティムソン法など比較的に愛護的なものを選択して行います。整復後は固定して再びレントゲン確認してもらいます。しっかり整復できているのなら肩の関節を内旋位で保持し3週間くらい固定します。ですが、肩関節前方脱臼は骨折(大結節や関節窩)の合併も多く、筋緊張が強すぎて整復ができないときもあります。その場合は整形外科を紹介させて頂きます。

 一旦肩関節脱臼が起こると将来的に反復して起こることがあります。これは脱臼時に関節窩というおわんの一部が欠けてしまっていたり、関節周りの靭帯が部分断裂してしまっているためだといわれています。この場合肩回りの筋肉を地道につけていき再脱臼を防ぐことをお勧めします。



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

IMG_1746_edited.jpg