検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

肩関節前方脱臼


肩関節の脱臼は脱臼の中で一番多いといわれています。他の関節と比べ、骨頭を納める関節窩が小さく外れやすい構造をしていて、常に筋肉や靭帯などに依存しているからです。原因としては、後ろへ転倒した時に手を突いて発生する場合、腕を外側から挙げるときにてこの原理が関節に働いて脱臼してしまう場合、時には野球などで投球動作の際の筋力によって脱臼することもあります。

 症状は肩関節が空虚になったり、上腕骨頭が通常よりも内側にあったりしますが、何よりも持続的な疼痛があります。歩行でも痛むので患者さんは健康な手で支えて来院します。

この痛みは整復しなければ治まりません。整復するためにはレントゲン検査が必要になります。

整復の方法は数々ありますが、ゼロポジションやスティムソン法など比較的に愛護的なものを選択して行います。整復後は固定して再びレントゲン確認してもらいます。しっかり整復できているのなら肩の関節を内旋位で保持し3週間くらい固定します。ですが、肩関節前方脱臼は骨折(大結節や関節窩)の合併も多く、筋緊張が強すぎて整復ができないときもあります。その場合は整形外科を紹介させて頂きます。

 一旦肩関節脱臼が起こると将来的に反復して起こることがあります。これは脱臼時に関節窩というおわんの一部が欠けてしまっていたり、関節周りの靭帯が部分断裂してしまっているためだといわれています。この場合肩回りの筋肉を地道につけていき再脱臼を防ぐことをお勧めします。



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

自分で包帯(オールコットン)を買うときのメリット

包帯って改めていいですね。包帯といってもオールコットンの4号の包帯です。伸び縮みする薄いタイプの包帯のことじゃないです。 膝のサポーター厚いタイプもただ履くだけで使いやすくてとてもいいんですが、オールコットンの包帯の場合はデメリットは巻くのがめんどくさい、時間が少しかかる、洗うのが長くて面倒ってだけなんですね。ただ履くだけのサポーターもしっかり固定されていれば楽になりますしいいんですよ。いいんです

レベル高すぎて笑えてしまった。こんなん来ないよ。

最近、部屋の片づけで修行時代1年目の頃の勉強会資料が出てきましたが、当時(15年くらい前に)やる内容にしてはえらい難しいのが出てきました。それが「良性骨腫瘍の画像診断」当時みた単純性骨嚢胞腫の報告だったんですね。勉強会がない日は火曜日と日曜日だけだったので、ほかの曜日でこの疾患を報告したのでしょうが、当時の修行先はヘルニアとか手根管症候群とかは当たり前で勉強会で発表する場合ならよっぽど革新的な何か

キネシオテーピングが地味に活躍しますよ。

これからの乾燥した時期はキネシオテーピングに割合適した時期なんじゃないでしょうか。夏だとかぶれやすいですしね。でもかぶれても痛みの方がはるかに強いならそのまま貼っていてもありだとは思いますが。(痛み>痒みの場合ですね) キネシオテープは痛い筋肉に沿って伸ばして貼ることで、痛めた筋肉を少しだけ突っ張ることで負担軽減してくれます。その少しだけが痛みが強い人にとっては結構ありがたかったりします。長時間腰

さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic