検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

シンスプリント


シンスプリントとはすねの骨(脛骨)の疾患です。脛骨の内側には後脛骨筋やヒラメ筋がついていますが、これらの筋肉はランニングなどで地面を踏むときに絶えずストレッチされ引っ張られます。すると筋肉が付着している骨膜にも牽引力がかかってしまいます。頻回に行うと次第に牽引力により骨膜が炎症して痛みが出現してくるようになります。これをシンスプリント、別名で脛骨の過労性骨膜炎といいます。陸上など長時間下肢を使うスポーツをしている人に起こりやすく、臨床像としては部活で走り込みされている人が脛骨に痛みを訴えたら、まずはこれを疑います。

 症状は脛骨の内側で1/3くらいの高さで疼痛と圧痛があります。ですが腫脹はあまり強くはないです。レントゲンは特に所見はなく、むしろ骨に異常がないのがシンスプリントの特徴です。もしレントゲンで骨膜反応などの所見があれば、疲労骨折を疑います。ですが、シンスプリントと疲労骨折の施術はほとんど同じなのでご安心して下さい。

 治療はまず痛み緩和のために電気や針や超音波や軟膏をします。時に足底板やキネシオテーピングもしますが、治療上一番重要なのは施術をしたら安静にすることです。この疾患は足の使いすぎが原因で発生したものなので、使いながら治すのは難しいのです。安静にしながら施術していけば1ヶ月くらいで痛みは引きます。その間、スポーツ中止で辛抱することになりますが悪化しないよう長引かないようにしましょう。


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

腓腹神経障害!?あ…。

先日、超めずらしい神経障害の患者さんが来たと思ったら違いました(笑) その患者さんは右足の外側がしびれると言ってたので、「おお!ついに!」と思って調べたら筋肉が突っ張っていただけでした。よくつっばり感をしびれと表現する人が多いので、いつもなら即座に確認するのですが、今回ばかりは「腓腹神経障害」という超レアなのが頭の中で連動されてしまって、つい身を乗り出すように検査したんですね。 どのくらい珍しいか

首肩の施術って考えようによってはお得だな(しみじみ)

最近よく思うのが首肩の針を含めた施術ってけっこういろんなものに期待できるな、としみじみ感じます。 肩こりや首肩が辛い方は多いと思いますが、それプラス頭痛のかたも多いと思います。たいていですが、頭痛の原因は首肩からきているかたが多いです。あとめまいとか気持ち悪さとかも首肩の施術してたら楽になることもあります。ほかにも首の上の方にあるツボは目に良いとされるツボもあるので眼精疲労やドライアイとか、たまー

スマホ首ならぬリモワ首?テレワ首?

最近、首肩背中が辛かったり痛かったりする方が多い気がします。多分リモートワークやテレワークがすこーし増えてるのも影響してるんじゃないかなあと思います。それでリモートワーク首をそのままリモワ首、テレワ首と分かりやすく呼んでみました。 頭が傾くと首や背中にすごい負担がかかるんですね、スマホ首なんて最たる例で約60°傾くと27キロの負担がかかると言われています。お米の袋5ふくろ分以上ってかなりのもんです

さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic