top of page
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

リュックサック麻痺

名称的には珍しい

この疾患は珍しいです。なる人は2、30代の男性に多く、登山やハイキングなどで重いリュックサックを長時間背負う方に多発します。


原因


首の骨の間からは神経の枝が束になって出ていますが、その神経の束(腕神経叢)は脇の部分を通って手まで行きます。

しかし、リュックサックのベルトが脇の下に食い込むことで腕神経叢が圧迫され軽い麻痺が起こるのです。また、リュックサックの重みにより肩甲骨が下へ牽引されることで腕神経叢も引っ張られ麻痺になることもあります。


症状


症状は片側の上肢のしびれ感、知覚異常、脱力感があります。大体ですがリュックサックを背負ってから1時間くらいで徐々に出現し、数時間すると麻痺が完成します。


治療


施術は保存療法で十分です。電気や針、手技療法、超音波なども行いますが、と同時に重要なのは原因の除去です。つまりリュックサックを背負わないことです。そうすれば4週間ほどで回復します。たまに3ヶ月くらい長くかかる人もいますが、十分回復しないうちにリュックを背負っているためです。

症状が消失してもリュックの背負い方にはよく注意しましょう。リュックのベルトを締め過ぎない、休憩中は必ずリュックを下ろすなどのことで十分な予防になります。


閲覧数:2,792回

最新記事

すべて表示

腰ヘルニアによる坐骨神経痛 施術腰椎という積み木のように重なる5つの腰の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。 しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核ともともとあった筋肉の硬結に

頚椎という積み木のように重なる7つの首の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核と筋肉の硬結によって板挟みになり圧迫され損傷してしまい、様々な

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

bottom of page