検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

恥骨下枝疲労骨折


恥骨とは足の付け根に右と左にある骨です。この周辺にはハムストリングスや内転筋や恥骨筋といった様々な筋肉が付いていて、スポーツ時にはこれらの筋肉が収縮して体のバランスを保ったり推進力を生み出しています。よってスポーツをすることは恥骨とその周辺にかなりの負担がかかっていることになります。走ったりしてスポーツをしすぎると何度も繰り返しの筋収縮が恥骨にかかりやがて骨折を起こしてしまいます。これを恥骨下枝疲労骨折といいます。疲労骨折とは、例えば針金を何度も折り曲げていると折れるのを想像すれば分かりやすいと思います。発生頻度は少なくかなり珍しいですが、そのなかでも中学高校の年代に多いといわれています。

 症状は、運動時の鼡径部痛(恥骨部分)、そしてその部位の限局的な圧痛、ズボンを履く動作での立ち足の痛み(positive standing sign)があり、この三つが特徴といわれています。この特徴は初検時だけでなく施術中の評価としてもとても有用です。

 施術はとにかく安静をや約束してもらったうえでの保存療法です。スポーツを中止して、患部を使わないようにしましょう。電気や針、痛みが減ったらマッサージや軽いストレッチも行います。しかし、運動だけはさっきの三つ症状が消失するまで待ちましょう。消失いないまま運動を再開すると、施術するのが長期になり、骨盤が不安定なため恥骨上枝や反対側の恥骨下枝疲労骨折を起こすこともあります。安静にしていれば4、5ヶ月ほどでよくなるでしょう。またレントゲンで骨折部位や骨癒合状況を確認しなければならないので、整形外科を紹介するときもあります。


264回の閲覧

最新記事

すべて表示

腓腹神経障害!?あ…。

先日、超めずらしい神経障害の患者さんが来たと思ったら違いました(笑) その患者さんは右足の外側がしびれると言ってたので、「おお!ついに!」と思って調べたら筋肉が突っ張っていただけでした。よくつっばり感をしびれと表現する人が多いので、いつもなら即座に確認するのですが、今回ばかりは「腓腹神経障害」という超レアなのが頭の中で連動されてしまって、つい身を乗り出すように検査したんですね。 どのくらい珍しいか

首肩の施術って考えようによってはお得だな(しみじみ)

最近よく思うのが首肩の針を含めた施術ってけっこういろんなものに期待できるな、としみじみ感じます。 肩こりや首肩が辛い方は多いと思いますが、それプラス頭痛のかたも多いと思います。たいていですが、頭痛の原因は首肩からきているかたが多いです。あとめまいとか気持ち悪さとかも首肩の施術してたら楽になることもあります。ほかにも首の上の方にあるツボは目に良いとされるツボもあるので眼精疲労やドライアイとか、たまー

スマホ首ならぬリモワ首?テレワ首?

最近、首肩背中が辛かったり痛かったりする方が多い気がします。多分リモートワークやテレワークがすこーし増えてるのも影響してるんじゃないかなあと思います。それでリモートワーク首をそのままリモワ首、テレワ首と分かりやすく呼んでみました。 頭が傾くと首や背中にすごい負担がかかるんですね、スマホ首なんて最たる例で約60°傾くと27キロの負担がかかると言われています。お米の袋5ふくろ分以上ってかなりのもんです

さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic