検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

恥骨下枝疲労骨折

更新日:8月12日


恥骨とは足の付け根に右と左にある骨です。この周辺にはハムストリングスや内転筋や恥骨筋といった様々な筋肉が付いていて、スポーツ時にはこれらの筋肉が収縮して体のバランスを保ったり推進力を生み出しています。

よってスポーツをすることは恥骨とその周辺にかなりの負担がかかっていることになります。走ったりしてスポーツをしすぎると何度も繰り返しの筋収縮が恥骨にかかりやがて骨折を起こしてしまいます。これを恥骨下枝疲労骨折といいます。

疲労骨折とは、例えば針金を何度も折り曲げていると折れるのを想像すれば分かりやすいと思います。ここの発生頻度は少なくかなり珍しいですが、そのなかでも中学高校の年代に多いといわれています。


症状


症状は、運動時の鼡径部痛(恥骨部分)、そしてその部位の限局的な圧痛、ズボンを履く動作での立ち足の痛み(positive standing sign)があり、この三つが特徴といわれています。この特徴は初検時だけでなく施術中の評価としてもとても有用です。


治療


施術はとにかく安静を約束してもらったうえでの保存療法です。スポーツを中止して、患部を使わないようにしましょう。電気や針、痛みが減ったらマッサージや軽いストレッチも行います。しかし、運動だけはさっきの三つ症状が消失するまで待ちましょう。安静にしていれば4、5か月ほどでよくなるでしょう。

痛みが消失いないまま運動を再開すると、施術するのが長期になり、骨盤が不安定なため恥骨上枝や反対側の恥骨下枝疲労骨折を起こしたという症例もあります。確かその症例ですと、反対側の恥骨下枝疲労骨折を治すのに合計2年を要したとされています。スポーツマンにとって安静という何もしない行為はただただ苦痛かもしれませんが、ここは症例のように長期化しないためにもぐっとこらえましょう。

またレントゲンで骨折部位や骨癒合状況を確認しなければならないので、整形外科を紹介するときもあります。


2,819回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

首からの長期間のしつこい手のシビレ

首からの手のシビレが長く続くと次第に取れにくくなってしまい、長期的にしつこくシビレ(痛みやビリビリなど)が残り続けることになります。 この場合、シビレを取り除くことがなかなか難儀します。シビレ出してすぐだったり1か月や2ヵ月くらいなら難儀することが少ないのですが、半年以上経つとかなり難儀します。 (あくまで首からのシビレに特定した話です。どの話もそうですが、かなり限定的な話です。全てのシビレに当て

冷湿布と温湿布、どっちがいいの?

みなさんは冷シップと温シップの二つがあったらどっちをつけますか?私はどっちも付けません。 これは大阪の修行時代に朝の勉強会で時々薬剤師さんも参加していた時にあることを聞いたからです。ちなみに修行先の古東整形外科の向かいの薬局の薬剤師さんでした。 当時の薬剤師さんが言っていたのですが、どちらのシップも変わらないようです。 どういういことかというと。 どちらも冷やしても温めてもいないとのこと 冷シップ

IMG_1746_edited.jpg