top of page
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

肘頭疲労骨折


肘頭とは肘を曲げたときに出る先の尖った部分です。ここには上腕三頭筋という肘を伸ばす筋肉が付着しています。


原因

野球の投球動作をすることで過度な牽引力が上腕三頭筋により肘頭にかかります。これが頻繁に繰り返されると肘頭は剥離したように骨折してしまいます。これを肘頭疲労骨折といいます。

原因はもう一つあります。投球動作の最終段階で肘を伸ばしきったとき、肘はそれ以上伸びないようにロックされます。このときに肘頭に負荷がかかっています。これも頻繁に繰り返すことで疲労骨折となります。


症状

症状は投球動作の最終段階(加速後期からフォロースルー期)の時に肘後方に痛みが生じ、肘頭周辺に圧痛、熱感、軽い腫脹が出現します。肘が伸びきらないこともあります。


施術

施術はまず電気や超音波、鍼通電をして、その後三角巾で局所の安静固定を行います。

もちろんスポーツは中止にしてもらいます。時に軽い固定もするときもあります。レントゲンの確認をするため整形外科を受診して下さい。

レントゲンで保存療法で治癒できそうなら(骨折線が小さいもの)そのまま固定をしますが、もし手術が必要なものなら(完全に骨折しているもの)、ボルトなどで観血的に治療することが多いです。


もし他の疾患にも興味があればこれらのブログも参考にしてください。

また当院の主なメニューはこちらです。


閲覧数:89回

最新記事

すべて表示

腓骨筋腱滑車症候群

腓骨筋腱滑車症候群は珍しい疾患ですが、しっかり施術していけば少しずつよくなります。

前足根管症候群について

足の親指と第二趾のしびれがある場合は、数ある疾患の一つのこれを疑ってもいいかもしれません。

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page