検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

回内筋症候群


この疾患はめずらしいとされていますが肘下をしっかり調べると結構多いです。

これは正中神経という腕から肘の中央を通りそのまま手首を通過する神経の障害です。正中神経は肘の辺りで主に3つのトンネルを通ります。1つは肘を曲げるための上腕二頭筋、そして手のひらを下に向ける運動をする円回内筋、もう1つは指を曲げる浅指屈筋です。正中神経はこれらの筋肉のトンネルを通過して手のひらの知覚や指の運動の指令を送っています。しかしスポーツや家事、パソコン作業などの手の使いすぎによってこれらの筋肉を酷使することで次第に筋肉が肥大、索状化し、傍を通る神経を圧迫してしまいます。すると手のひら(親指から薬指の半分まで)のしびれや痛み、時に指の筋力が低下してしまうのです。

 原因は手の使いすぎのほかに特発性(原因不明のもの)もありますが、前腕の筋肉の圧痛、患部を叩くと手のひらの痺れや痛みが出現する場合は回内筋症候群を疑います。

 施術はほとんど針通電や超音波、電気などの保存療法で行います。次に原因と考えられる手の作業を禁止してもらいます。つまり安静にして筋肉を休めるのです。症状が強い場合は三角巾で肘、手を吊ることもあります。それでもよくならない頑固なものは注射や、時には手術をお勧めすることもあります。


21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

IMG_1746_edited.jpg