検索
  • さのはりきゅう整骨院

首肩の施術って考えようによってはお得だな(しみじみ)

最近よく思うのが首肩の針を含めた施術ってけっこういろんなものに期待できるな、としみじみ感じます。

肩こりや首肩が辛い方は多いと思いますが、それプラス頭痛のかたも多いと思います。たいていですが、頭痛の原因は首肩からきているかたが多いです。あとめまいとか気持ち悪さとかも首肩の施術してたら楽になることもあります。ほかにも首の上の方にあるツボは目に良いとされるツボもあるので眼精疲労やドライアイとか、たまーに顔のむくみが和らぐ方もいますしね。いろいろ首肩の施術やると他にも期待できるものが多いんですよね。

こんな感じです。⇒首肩が辛いな(首肩に筋肉のコブが連なってる、筋硬結とか筋索状物)⇒それが血管を圧迫してたらプラス頭痛でるし、頚椎の横にある交感神経幹(自律神経系)を圧迫してたら気持ち悪くなるし、リンパ管を圧迫してたら顔にむくみがでるし、そもそも首肩が辛い方ってデスクワークとかで目を酷使していることが多い。だから首肩の施術することでこのようないろんな悪循環にストップをかけることが大いに期待できます。

「首肩の辛いのだけとってもらおうと思ってたら、他は何も言わなかったけど気づいたら頭痛の頻度が少なくなってきたとか、気づいたら目が疲れにくくなってきたとか、気づいたら気持ち悪くなる回数が減ってきた」とか普段首肩だけにフォーカスをあてていて他には意識していないことに意識すると気づきやすくなります。私もそれを聞いて改めて思います「ああ、そうだ。首肩のスジがやわらかくなるといろいろ楽になるよな。そりゃそうだ。首肩の周辺って血管、神経、リンパ管とかいろいろあるもんな」って。

ほかの部位だったらこうはいろいろな症状に期待できるところはないんじゃないかなー、って思います。足のビリビリだけだったら腰も期待できます、あくまで腰にビリビリの原因があるならの話ですが。

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

自分で包帯(オールコットン)を買うときのメリット

包帯って改めていいですね。包帯といってもオールコットンの4号の包帯です。伸び縮みする薄いタイプの包帯のことじゃないです。 膝のサポーター厚いタイプもただ履くだけで使いやすくてとてもいいんですが、オールコットンの包帯の場合はデメリットは巻くのがめんどくさい、時間が少しかかる、洗うのが長くて面倒ってだけなんですね。ただ履くだけのサポーターもしっかり固定されていれば楽になりますしいいんですよ。いいんです

IMG_1746_edited.jpg

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic