top of page
  • さのはりきゅう整骨院

首肩の施術って考えようによってはお得です。

最近よく思うのが首肩の針を含めた施術ってけっこういろんなものに期待できるな、としみじみ感じます。


肩こり、首こり+アルファが多い

肩こりや首コリなどの首肩が辛い方は多いと思いますが、それプラス頭痛のかたも多いと思います。

たいていですが、頭痛の原因は首肩からきているかたが多いです。あとめまいとか気持ち悪さとかも首肩の施術してたら楽になることもあります。

ほかにも首の上の方にあるツボは目に良いとされるツボもあるので眼精疲労やドライアイとか、たまーに顔のむくみが和らぐ方もいますしね。いろいろ首肩の施術やると他にも期待できるものが多いんですよね。


首肩からいろいろ来ているとはどういうことかというと

こんな感じです。⇒首肩が辛いな(首肩に筋肉のコブが連なってる、筋硬結とか筋索状物)⇒それが血管を圧迫してたらプラス頭痛でるし、頚椎の横にある交感神経幹(自律神経系)を圧迫してたら気持ち悪くなるし、リンパ管を圧迫してたら顔にむくみがでるし、そもそも首肩が辛い方ってデスクワークとかで目を酷使していることが多い。

だから首肩の施術することでこのようないろんな悪循環にストップをかけることが大いに期待できます。

「首肩の辛いのだけとってもらおうと思ってたら、他は何も言わなかったけど、いつのまにか気づいたら頭痛の頻度が少なくなってきたとか、気づいたら目が疲れにくくなってきたとか、気づいたら気持ち悪くなる回数が減ってきた」とか普段首肩だけにフォーカスをあてていて他には意識していないことに意識すると気づきやすくなります。

私もそれを聞いて改めて思います「ああ、そうだ。首肩のスジがやわらかくなるといろいろ楽になるよな。そりゃそうだ。首肩の周辺って血管、神経、リンパ管とかいろいろあるものな」って。

ほかの部位だったらこうはいろいろな症状に期待できるところはないんじゃないかなー、って思います。足のビリビリだけだったら腰も期待できます、あくまで腰にビリビリの原因があるならの話ですが。

閲覧数:38回

最新記事

すべて表示

腰ヘルニアによる坐骨神経痛 施術腰椎という積み木のように重なる5つの腰の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。 しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核ともともとあった筋肉の硬結に

頚椎という積み木のように重なる7つの首の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核と筋肉の硬結によって板挟みになり圧迫され損傷してしまい、様々な

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

bottom of page