検索
  • さのはりきゅう整骨院

首肩の施術って考えようによってはお得だな(しみじみ)

最近よく思うのが首肩の針を含めた施術ってけっこういろんなものに期待できるな、としみじみ感じます。

肩こりや首肩が辛い方は多いと思いますが、それプラス頭痛のかたも多いと思います。たいていですが、頭痛の原因は首肩からきているかたが多いです。あとめまいとか気持ち悪さとかも首肩の施術してたら楽になることもあります。ほかにも首の上の方にあるツボは目に良いとされるツボもあるので眼精疲労やドライアイとか、たまーに顔のむくみが和らぐ方もいますしね。いろいろ首肩の施術やると他にも期待できるものが多いんですよね。

こんな感じです。⇒首肩が辛いな(首肩に筋肉のコブが連なってる、筋硬結とか筋索状物)⇒それが血管を圧迫してたらプラス頭痛でるし、頚椎の横にある交感神経幹(自律神経系)を圧迫してたら気持ち悪くなるし、リンパ管を圧迫してたら顔にむくみがでるし、そもそも首肩が辛い方ってデスクワークとかで目を酷使していることが多い。だから首肩の施術することでこのようないろんな悪循環にストップをかけることが大いに期待できます。

「首肩の辛いのだけとってもらおうと思ってたら、他は何も言わなかったけど気づいたら頭痛の頻度が少なくなってきたとか、気づいたら目が疲れにくくなってきたとか、気づいたら気持ち悪くなる回数が減ってきた」とか普段首肩だけにフォーカスをあてていて他には意識していないことに意識すると気づきやすくなります。私もそれを聞いて改めて思います「ああ、そうだ。首肩のスジがやわらかくなるといろいろ楽になるよな。そりゃそうだ。首肩の周辺って血管、神経、リンパ管とかいろいろあるもんな」って。

ほかの部位だったらこうはいろいろな症状に期待できるところはないんじゃないかなー、って思います。足のビリビリだけだったら腰も期待できます、あくまで腰にビリビリの原因があるならの話ですが。

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

腓腹神経障害!?あ…。

先日、超めずらしい神経障害の患者さんが来たと思ったら違いました(笑) その患者さんは右足の外側がしびれると言ってたので、「おお!ついに!」と思って調べたら筋肉が突っ張っていただけでした。よくつっばり感をしびれと表現する人が多いので、いつもなら即座に確認するのですが、今回ばかりは「腓腹神経障害」という超レアなのが頭の中で連動されてしまって、つい身を乗り出すように検査したんですね。 どのくらい珍しいか

スマホ首ならぬリモワ首?テレワ首?

最近、首肩背中が辛かったり痛かったりする方が多い気がします。多分リモートワークやテレワークがすこーし増えてるのも影響してるんじゃないかなあと思います。それでリモートワーク首をそのままリモワ首、テレワ首と分かりやすく呼んでみました。 頭が傾くと首や背中にすごい負担がかかるんですね、スマホ首なんて最たる例で約60°傾くと27キロの負担がかかると言われています。お米の袋5ふくろ分以上ってかなりのもんです

あの、これ脊柱管狭窄症じゃないですよ。

先日来られた患者さんで「脊柱管狭窄症で辛い」って方が来られました。 よくよく検査してみると全部検査に引っかからなくて、言ってることも矛盾してて何か脊柱管狭窄症にしては微妙だったんですね。「ん?ちょっと違うな。あ!全然違う」みたいな。 それでもその患者さんは「脊柱管狭窄症だと言われた」というものですから、しびれの範囲を意識して検査してみました。なんも異常なかったですね。でもしびれがあるのは間違いない

さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic