検索
  • さのはりきゅう整骨院

首のストレッチ!ゆっくりとそっとやりましょう。(頚肋症候群と斜角筋症候群バージョン)

更新日:2021年8月12日

胸郭出口症候群の4つのうちの2つの話

まず頚肋症候群と斜角筋症候群って何?って話ですよね。

どちらも胸郭出口症候群の一種です。この二つを簡単に言ってしまえば、頚肋症候群は首の背骨の横の突起が普通の人よりも長くてそれが腕の神経の束に当たって腕がしびれるよ。

斜角筋症候群は首の斜め前の斜角筋っていう筋肉がコブになっちゃって腕の神経の束に当たって腕がしびれるよ。ってやつです。同じ腕のしびれですが、場所が少し違います。


ストレッチは根本的には効かない。けど毎日できる

今日はこれを少しだけ緩和させるストッレッチを紹介します。(あくまで治療ありきのストレッチですよ)

最近は左腕がしびれる人がいましたので左首のストレッチのやり方を説明しますね。「いやちょっと待ってよ!右腕がしびれるんだけど」っていう人はご安心ください。これから言う右と左を逆にすればいいだけです。


頚肋症候群のストレッチ

それではまず座ってください。椅子でも正座でもいいです。そして背筋を伸ばしてください。そしたら左手をお尻に挟んで下さい。これは左肩をロックする役割をします。

あ!背筋伸ばしてください!よくこの時点で背中が丸まっちゃう人がいます。左手をお尻に挟みましたね。それではその状態を維持しつつ、鼻先を右斜め45°の方向に向けましょう。(首の右向け右!の45°のパターンです)

次に右手で頭頂部を持って右側に頭を引っ張りましょう。(右耳を右肩に近づける感じです)すると首の左斜め後ろの筋肉が伸びてると思います。伸びてなかったら背筋、お尻、角度などどこかしら違っていますのでもう一度やり直してください。

これが頚肋症候群のストレッチです。


斜角筋症候群のストレッチ

今度は斜角筋症候群のストレッチです。これも上のストレッチと似ています。

ただ首の角度が左斜め45°とそこだけ違います。でも一応、1から説明しますね。

まず椅子でも正座でもいいので座ってください。そして背筋を伸ばしてください。というか背筋はずっと姿勢良くしてください。次に左手をお尻に挟んで肩を固定。次に鼻先を左斜め45°の方向に向けましょう。(そう、首の左向け左!45°バージョンです)

そしたら右手で頭頂部を持って右側に頭を引っ張りましょう。これも右耳を右肩に近づける感じです。すると今度は喉の左側が伸びていると思います。それが左の斜角筋です。そこからもうちょっとだけ伸ばす方法があります。その状態で息を吐いてください。若干ツッパリ感が増しましたね。

これでうまくいきました。


筋肉を伸ばした時は一時的にしびれることも

ただどちらのストレッチも少し首を捻りますので気を付けてください。ゆっくりそっとです。

ストレッチの基本は最初は30秒間3セットずつです。慣れてきたら5セットとか増やしていきましょう。右と左の両方ともやるのもストレッチの原則なんですが、今回の場合は左首を優先してストレッチして、余裕があったら反対側の右首をストレッチするスタイルでもいいですよ。

それではくれぐれもゆっくりとそっと気を付けてやってみてくださいね。一時的にしびれが強くなるのは原理上当たり前なんですが、あまりにも強い場合は中止してくださいね。激痛や強いしびれを我慢してストレッチはしないでください。


繰り返しますが治療ありきのストレッチなので、このストレッチだけでごまかし続けないでくださいね。


閲覧数:1,442回0件のコメント

最新記事

すべて表示

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

割と多い肋骨骨折 肋骨とは胸郭を構成する骨の一部であるあばら骨のことです。すべての骨折の約20%と高い頻度で発生します。 発生の仕方は主に直達外力と介達外力の二つがあります。 打撲など強い力が一点に集中した場合が一つと樽のような形状をした胸郭が押しつぶされて外側に肋骨が折れる場合が一つです。 他にも、骨粗鬆症で弱い骨になってしまった状態でくしゃみ等をして胸郭が激しく動いた時に折れてしまう場合やゴル

肩の麻痺の一つ 腋窩神経とは三角筋と小円筋の運度神経であり、肩の外側の知覚もつかさどっています。肩関節の前方脱臼場合ですと腋窩神経が牽引、圧迫され損傷することが多く、かなり高率で発生します。 また、打撲や肩の使いすぎでも発生します。スポーツなどで使いすぎが原因の場合はquadrilateral space syn.と呼ばれています。これはquadrilateral spaceという肩後方のトンネル

IMG_1746_edited.jpg