検索
  • さのはりきゅう整骨院

膝を伸ばすストレッチ

先日、膝が伸びない患者さんから「友達から膝を伸ばすストレッチがいいって教えてもらったんだけどやってもいい?」と聞かれました。よく調べた結果、この場合は伸ばさない方がいいですよ、とアドバイスさせて頂きました。

なんでかといいますと、まず膝が伸びない方には主に2つのパターンがありまして、①つ目は膝の軟骨がすり減ってO脚になってしまい、それに伴い膝が伸びなくなるケース。②つ目は膝の関節の間にある半月板というクッションが損傷して膝が伸ばせなくなるケースがあるからです。

①は膝が変形しているため、少し曲げて歩いているうちに膝の裏にへばりついている膝窩筋という筋肉が硬くなっちゃって伸びなくなるものです。この場合、座って足を伸ばした状態で膝のお皿が見えるように両手で上から押すと、少しずつ膝窩筋がストレッチされて「膝の裏が突っ張った感じ」がします。それを長期間やっていくうちに次第に膝が伸び切るようになります。

でも②の場合は違います。膝の裏が突っ張るんじゃなくて「膝のお皿側、前側が痛く」なります。コリコリと音がする時もあります。というかこれはワトソンジョーンズテスト陽性なので何度もやっちゃダメです。半月板が痛めてるのに毎日膝を伸ばそうとストレッチをするとその度に負担をかけて悪くしているようなものです。

今回の患者さんは②のパターンでしたので、そのお友達から教えてもらったストレッチを中止するようアドバイスさせていただきました。でも①の場合は少しずつゆっくりと伸ばした方がいいですよ。まあ、①になった時点で膝が内反しているので多かれ少なかれ半月板の内側がやられちゃってる場合もありますので、絶妙な角度で膝を伸ばさないといけない場合もあります。そのときは「この角度にはしないで、こっちの角度で膝を伸ばしてください」とお教えしますので、くれぐれも伸ばして痛い場合はやらないでくださいね。

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

自分で包帯(オールコットン)を買うときのメリット

包帯って改めていいですね。包帯といってもオールコットンの4号の包帯です。伸び縮みする薄いタイプの包帯のことじゃないです。 膝のサポーター厚いタイプもただ履くだけで使いやすくてとてもいいんですが、オールコットンの包帯の場合はデメリットは巻くのがめんどくさい、時間が少しかかる、洗うのが長くて面倒ってだけなんですね。ただ履くだけのサポーターもしっかり固定されていれば楽になりますしいいんですよ。いいんです

IMG_1746_edited.jpg

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic