top of page
  • さのはりきゅう整骨院

膝を伸ばすストレッチ

先日、膝が伸びない患者さんから「友達から膝を伸ばすストレッチがいいって教えてもらったんだけどやってもいい?」と聞かれました。

よく調べた結果、この場合は伸ばさない方がいいですよ、とアドバイスさせて頂きました。

(お友達が良くなったからといって自分にも良いとは限らないですよ、というお話です)


一概にこれがいいとは言えない。(どんな部位も)

なんでかといいますと、まず膝が伸びない方には主に2つのパターンがありまして、①つ目は膝の軟骨がすり減ってO脚になってしまい膝痛が起こり、それに伴い膝が伸びなくなるケース。

②つ目は膝の関節の間にある半月板というクッションが損傷して膝痛が発生し膝が伸ばせなくなるケースがあるからです。

①は膝が変形しているため、少し曲げて歩いているうちに膝の裏にへばりついている膝窩筋という筋肉が硬くなっちゃって伸びなくなるものです。この場合、座って足を伸ばした状態で膝のお皿が見えるように両手で上から押すと、少しずつ膝窩筋がストレッチされて「膝の裏が突っ張った感じ」がします。それを長期間やっていくうちに次第に膝が伸び切るようになります。

でも②の場合は違います。膝の裏が突っ張るんじゃなくて「膝のお皿側、前側が痛く」なります。コリコリと音がする時もあります。というかこれはワトソンジョーンズテスト陽性なので何度もやっちゃダメです。半月板が痛めてるのに毎日膝を伸ばそうとストレッチをするとその度に負担をかけて悪くしているようなものです。


あまり素人さんのやり方を鵜吞みにして頑張りすぎないで

今回の患者さんは②のパターンでしたので、そのお友達から教えてもらったストレッチを中止するようアドバイスさせていただきました。

でも①の場合は少しずつゆっくりと伸ばした方がいいですよ。

まあ、①になった時点で膝が内反しているので多かれ少なかれ半月板の内側がやられちゃってる場合もありますので、絶妙な角度で膝を伸ばさないといけない場合もあります。

そのときは「この角度にはしないで、こっちの角度で膝を伸ばしてください」とお教えしますので、くれぐれも伸ばして痛い場合はやらないでくださいね。

閲覧数:45回

最新記事

すべて表示

腰ヘルニアによる坐骨神経痛 施術腰椎という積み木のように重なる5つの腰の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。 しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核ともともとあった筋肉の硬結に

頚椎という積み木のように重なる7つの首の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核と筋肉の硬結によって板挟みになり圧迫され損傷してしまい、様々な

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

bottom of page