検索
  • さのはりきゅう整骨院

膝を伸ばすストレッチ

最終更新: 6月20日

先日、膝が伸びない患者さんから「友達から膝を伸ばすストレッチがいいって教えてもらったんだけどやってもいい?」と聞かれました。よく調べた結果、この場合は伸ばさない方がいいですよ、とアドバイスさせて頂きました。


一概にこれがいいとは言えない。(どんな部位も)

なんでかといいますと、まず膝が伸びない方には主に2つのパターンがありまして、①つ目は膝の軟骨がすり減ってO脚になってしまい、それに伴い膝が伸びなくなるケース。②つ目は膝の関節の間にある半月板というクッションが損傷して膝が伸ばせなくなるケースがあるからです。

①は膝が変形しているため、少し曲げて歩いているうちに膝の裏にへばりついている膝窩筋という筋肉が硬くなっちゃって伸びなくなるものです。この場合、座って足を伸ばした状態で膝のお皿が見えるように両手で上から押すと、少しずつ膝窩筋がストレッチされて「膝の裏が突っ張った感じ」がします。それを長期間やっていくうちに次第に膝が伸び切るようになります。

でも②の場合は違います。膝の裏が突っ張るんじゃなくて「膝のお皿側、前側が痛く」なります。コリコリと音がする時もあります。というかこれはワトソンジョーンズテスト陽性なので何度もやっちゃダメです。半月板が痛めてるのに毎日膝を伸ばそうとストレッチをするとその度に負担をかけて悪くしているようなものです。


あまり素人さんのやり方を鵜吞みにして頑張りすぎないで

今回の患者さんは②のパターンでしたので、そのお友達から教えてもらったストレッチを中止するようアドバイスさせていただきました。でも①の場合は少しずつゆっくりと伸ばした方がいいですよ。まあ、①になった時点で膝が内反しているので多かれ少なかれ半月板の内側がやられちゃってる場合もありますので、絶妙な角度で膝を伸ばさないといけない場合もあります。そのときは「この角度にはしないで、こっちの角度で膝を伸ばしてください」とお教えしますので、くれぐれも伸ばして痛い場合はやらないでくださいね。

24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冷湿布と温湿布、どっちがいいの?

みなさんは冷シップと温シップの二つがあったらどっちをつけますか?私はどっちも付けません。これは大阪の修行時代に朝の勉強会で時々薬剤師さんも参加していた時にあることを聞いたからです。ちなみに修行先の古東整形外科の向かいの薬局の薬剤師さんでした。当時の薬剤師さんが言っていたのですが、どちらのシップも変わらないようです。どういういことかというと。 どちらも冷やしても温めてもいないとのこと 冷シップは皮膚

胸式呼吸だと首肩がコリやすくなります。

呼吸の仕方には胸式呼吸と腹式呼吸があります。胸式呼吸は息を吸ったときに胸郭が拡がりお腹がへこみます、息を吐いた時は胸郭がしぼみお腹が膨らみます。腹式呼吸はその逆で、息を吸ったときはお腹が膨らみ、息を吐いた時はお腹がへこみます。 普通は無意識にやってる2種類の呼吸法 通常はみなさん両方の呼吸法を無意識に使いますが、だいたい男性が腹式呼吸>胸式呼吸、女性が胸式呼吸>腹式呼吸といった割合です。あくまで傾

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

IMG_1746_edited.jpg