top of page
  • さのはりきゅう整骨院

膝を伸ばすストレッチ

先日、膝が伸びない患者さんから「友達から膝を伸ばすストレッチがいいって教えてもらったんだけどやってもいい?」と聞かれました。

よく調べた結果、この場合は伸ばさない方がいいですよ、とアドバイスさせて頂きました。


一概にこれがいいとは言えない。(どんな部位も)

なんでかといいますと、まず膝が伸びない方には主に2つのパターンがありまして、①つ目は膝の軟骨がすり減ってO脚になってしまい膝痛が起こり、それに伴い膝が伸びなくなるケース。

②つ目は膝の関節の間にある半月板というクッションが損傷して膝痛が発生し膝が伸ばせなくなるケースがあるからです。

①は膝が変形しているため、少し曲げて歩いているうちに膝の裏にへばりついている膝窩筋という筋肉が硬くなっちゃって伸びなくなるものです。この場合、座って足を伸ばした状態で膝のお皿が見えるように両手で上から押すと、少しずつ膝窩筋がストレッチされて「膝の裏が突っ張った感じ」がします。それを長期間やっていくうちに次第に膝が伸び切るようになります。

でも②の場合は違います。膝の裏が突っ張るんじゃなくて「膝のお皿側、前側が痛く」なります。コリコリと音がする時もあります。というかこれはワトソンジョーンズテスト陽性なので何度もやっちゃダメです。半月板が痛めてるのに毎日膝を伸ばそうとストレッチをするとその度に負担をかけて悪くしているようなものです。


あまり素人さんのやり方を鵜吞みにして頑張りすぎないで

今回の患者さんは②のパターンでしたので、そのお友達から教えてもらったストレッチを中止するようアドバイスさせていただきました。

でも①の場合は少しずつゆっくりと伸ばした方がいいですよ。

まあ、①になった時点で膝が内反しているので多かれ少なかれ半月板の内側がやられちゃってる場合もありますので、絶妙な角度で膝を伸ばさないといけない場合もあります。

そのときは「この角度にはしないで、こっちの角度で膝を伸ばしてください」とお教えしますので、くれぐれも伸ばして痛い場合はやらないでくださいね。


もし他の疾患にも興味があればこれらのブログも参考にしてください。


また当院の主なメニューはこちらです。

閲覧数:54回

最新記事

すべて表示

腓骨筋腱滑車症候群

腓骨筋腱滑車症候群は珍しい疾患ですが、しっかり施術していけば少しずつよくなります。

前足根管症候群について

足の親指と第二趾のしびれがある場合は、数ある疾患の一つのこれを疑ってもいいかもしれません。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page