検索
  • さのはりきゅう整骨院

膝を伸ばすストレッチ

更新日:8月13日

先日、膝が伸びない患者さんから「友達から膝を伸ばすストレッチがいいって教えてもらったんだけどやってもいい?」と聞かれました。

よく調べた結果、この場合は伸ばさない方がいいですよ、とアドバイスさせて頂きました。

(お友達が良くなったからといって自分にも良いとは限らないですよ、というお話です)


一概にこれがいいとは言えない。(どんな部位も)

なんでかといいますと、まず膝が伸びない方には主に2つのパターンがありまして、①つ目は膝の軟骨がすり減ってO脚になってしまい、それに伴い膝が伸びなくなるケース。

②つ目は膝の関節の間にある半月板というクッションが損傷して膝が伸ばせなくなるケースがあるからです。

①は膝が変形しているため、少し曲げて歩いているうちに膝の裏にへばりついている膝窩筋という筋肉が硬くなっちゃって伸びなくなるものです。この場合、座って足を伸ばした状態で膝のお皿が見えるように両手で上から押すと、少しずつ膝窩筋がストレッチされて「膝の裏が突っ張った感じ」がします。それを長期間やっていくうちに次第に膝が伸び切るようになります。

でも②の場合は違います。膝の裏が突っ張るんじゃなくて「膝のお皿側、前側が痛く」なります。コリコリと音がする時もあります。というかこれはワトソンジョーンズテスト陽性なので何度もやっちゃダメです。半月板が痛めてるのに毎日膝を伸ばそうとストレッチをするとその度に負担をかけて悪くしているようなものです。


あまり素人さんのやり方を鵜吞みにして頑張りすぎないで

今回の患者さんは②のパターンでしたので、そのお友達から教えてもらったストレッチを中止するようアドバイスさせていただきました。

でも①の場合は少しずつゆっくりと伸ばした方がいいですよ。

まあ、①になった時点で膝が内反しているので多かれ少なかれ半月板の内側がやられちゃってる場合もありますので、絶妙な角度で膝を伸ばさないといけない場合もあります。

そのときは「この角度にはしないで、こっちの角度で膝を伸ばしてください」とお教えしますので、くれぐれも伸ばして痛い場合はやらないでくださいね。

35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

デュケルバン病(手首の痛み)

これぞ、ザ腱鞘炎。 知らない先生がいないくらい有名な腱鞘炎。 親指の付け根には多くの筋や腱が付いています。その中の短母指伸筋腱(親指を伸ばす腱)と長母指外転筋腱(親指を外へ広げる腱)腱鞘炎をデュケルバン病と呼びます。(デカルバン病ともいう) 多くが中年以降の女性や妊娠後の女性に発症します。 原因として家事や仕事などによる手の使い過ぎや妊娠時でのホルモンのアンバランスが挙げられます。腱にはその周りを

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

首からの長期間のしつこい手のシビレ

首からの手のシビレが長く続くと次第に取れにくくなってしまい、長期的にしつこくシビレ(痛みやビリビリなど)が残り続けることになります。 この場合、シビレを取り除くことがなかなか難儀します。シビレ出してすぐだったり1か月や2ヵ月くらいなら難儀することが少ないのですが、半年以上経つとかなり難儀します。 (あくまで首からのシビレに特定した話です。どの話もそうですが、かなり限定的な話です。全てのシビレに当て

IMG_1746_edited.jpg