top of page
  • さのはりきゅう整骨院

腰部椎間板ヘルニア(腰のヘルニア)

腰ヘルニアによる坐骨神経痛

施術腰椎という積み木のように重なる5つの腰の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。

しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核ともともとあった筋肉の硬結によって板挟みになって圧迫され損傷してしまい、様々な症状を引き起こしてしまいます。これが腰部の椎間板ヘルニアといいます。


脊髄神経とありましたが主に神経根と脊髄症状と二つあり、それぞれ症状や治療法がやや違います。


神経根症状(手術の可能性が低い軽い方:痛みはしっかりあります)

神経根症状は脊髄神経の枝の神経根が圧迫されているものを言います。ほとんど腰の痛みから発症し「片方」の足や足指の痛みや痺れが遅れて生じます。またおじぎなど腰をかがめたときに症状が悪化します。また腰痛もあります。ぎっくり腰のようなひどいときもあります。


脊髄症状(基本的に手術が必要とされる重い方)

脊髄症状は脊髄神経そのものが圧迫されているものを言います。主に腰痛(ぎっくり腰のようなひどいものもあります)や足や足指の痺れが引き起こり、後に「両方」とも症状が出てきます。

これもおじぎなど腰をかがめたときに症状が悪化するという特徴を持っています。さらに悪化すると階段を降りるときに膝や足首が勝手にガクガクとする悪い反射が起こります。頻尿や尿意切迫感などの膀胱直腸障害が起こります。


施術

これらの施術は原則として保存療法になります。痛みを和らげるために鍼通電や電気をあてたり超音波をしたりします。また初期の痛みが激烈な場合があれば腰のコルセットをオススメする場合もあります。そうすれば徐々に症状が弱まっていきますので、ご安心して焦らずに。しっかり治療すれば個人差もありますが4ヵ月ほどでほとんどの人がよくなるという統計もあります。


しかし、時に人によって初期の激烈な痛みが抵抗性があり長く続く場合は神経を圧迫しているヘルニアを取り除く手術をお勧めするときもあります。

また、二つ目の脊髄症状の場合はほとんど保存療法が効かないことが多く足の悪い反射や膀胱直腸障害により日常生活において不便な点があることからこの場合も手術をお勧めしています。


興味ある方はこちら と こちらもご参考ください。

閲覧数:25回

最新記事

すべて表示

頚椎という積み木のように重なる7つの首の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核と筋肉の硬結によって板挟みになり圧迫され損傷してしまい、様々な

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

割と多い肋骨骨折 肋骨とは胸郭を構成する骨の一部であるあばら骨のことです。すべての骨折の約20%と高い頻度で発生します。 発生の仕方は主に直達外力と介達外力の二つがあります。 打撲など強い力が一点に集中した場合が一つと樽のような形状をした胸郭が押しつぶされて外側に肋骨が折れる場合が一つです。 他にも、骨粗鬆症で弱い骨になってしまった状態でくしゃみ等をして胸郭が激しく動いた時に折れてしまう場合やゴル

bottom of page