検索
  • さのはりきゅう整骨院

腓腹神経障害!?あ…。

最終更新: 6月17日

先日、超めずらしい神経障害の患者さんが来たと思ったら違いました(笑)

その患者さんは右足の外側がしびれると言ってたので、「おお!ついに!」と思って調べたら筋肉が突っ張っていただけでした。よくつっばり感をしびれと表現する人が多いので、いつもなら即座に確認するのですが、今回ばかりは「腓腹神経障害」という超レアなのが頭の中で連動されてしまって、つい身を乗り出すように検査したんですね。


腓腹神経障害は極めて稀。

総腓骨神経障害でも脛骨神経障害でもない。

どのくらい珍しいかというと、時は14年前、私は古東整形外科にてボロボロになりながらの修行中にその神経障害を持った人が来たんですね。そこで当時20年務めているF先生が「初めて見た」と言ったんです。これってすごいことなんです。その修行先は毎日500人くらい患者さんが来てました。ヘルニアとか手根管症候群とかは毎日来るようなとこです。そこで20年務めていたF先生はk院長医師からも次の手術について相談を受けるような方なんですが、そのF先生がはじめてみたというのは、そうとう珍しいんですね。というか稀な神経障害と専門書に書いてありますが、4冊に1冊くらいは…。専門書にも何も書いてないほうが多いくらいです。私はまだ新人でその珍しさ度合いが分からず(というかいつも疲れてヘロヘロ状態でして)「へーそうなんだ。勉強になったなあ」とF先生の後ろから覗いて、あとあと図書室で調べたら「おー!もっとじっくり見ておけばよかったー!」という経緯でよく覚えてるんですね。まー施術が難しいわけではないのですけど。

今回の筋肉のツッパリ感と同じような施術ですね。あと施術する部位がすごく重要。



18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冷湿布と温湿布、どっちがいいの?

みなさんは冷シップと温シップの二つがあったらどっちをつけますか?私はどっちも付けません。これは大阪の修行時代に朝の勉強会で時々薬剤師さんも参加していた時にあることを聞いたからです。ちなみに修行先の古東整形外科の向かいの薬局の薬剤師さんでした。当時の薬剤師さんが言っていたのですが、どちらのシップも変わらないようです。どういういことかというと。 どちらも冷やしても温めてもいないとのこと 冷シップは皮膚

胸式呼吸だと首肩がコリやすくなります。

呼吸の仕方には胸式呼吸と腹式呼吸があります。胸式呼吸は息を吸ったときに胸郭が拡がりお腹がへこみます、息を吐いた時は胸郭がしぼみお腹が膨らみます。腹式呼吸はその逆で、息を吸ったときはお腹が膨らみ、息を吐いた時はお腹がへこみます。 普通は無意識にやってる2種類の呼吸法 通常はみなさん両方の呼吸法を無意識に使いますが、だいたい男性が腹式呼吸>胸式呼吸、女性が胸式呼吸>腹式呼吸といった割合です。あくまで傾

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

IMG_1746_edited.jpg