top of page
  • さのはりきゅう整骨院

腓腹神経障害!?あ…。

先日、超めずらしい神経障害の患者さんが来たと思ったら違いました(笑)

その患者さんは右足の外側がしびれると言ってたので、「おお!ついに!」と思って調べたら筋肉が突っ張っていただけでした。

よくつっばり感をしびれと表現する人が多いので、いつもなら即座に確認するのですが、今回ばかりは「腓腹神経障害」という超レアなのが頭の中で連動されてしまって、つい身を乗り出すように検査したんですね。


腓腹神経障害は極めて稀。

総腓骨神経障害でも脛骨神経障害でもない。

どのくらい珍しいかというと、時は14年前、私は古東整形外科にてボロボロになりながらの修行中にその神経障害を持った人が来たんですね。そこで当時20年務めているF先生が「初めて見た」と言ったんです。

これってすごいことなんです。その修行先は毎日500人くらい患者さんが来てました。ヘルニアとか手根管症候群とかは毎日来るようなとこです。そこで20年務めていたF先生はk院長医師からも、次の手術について相談を受けるような方なんですが、そのF先生がはじめてみたというのは、そうとう珍しいんですね。

というか稀な神経障害と専門書に書いてありますが、4冊に1冊くらいは…。専門書にも何も書いてないほうが多いくらいです。

当時、私はまだ新人でその珍しさ度合いが分からず(というかやることが多すぎていつも疲れてヘロヘロ状態でして)「へーそうなんだ。勉強になったなあ」とF先生の後ろから覗いて、あとあと図書室で調べたら「おー!もっとじっくり見ておけばよかったー!」という経緯でよく覚えてるんですね。まー施術が難しいわけではないのですけど。

今回の筋肉のツッパリ感と同じような施術ですね。あと施術する部位がすごく重要。



閲覧数:47回

最新記事

すべて表示

腰ヘルニアによる坐骨神経痛 施術腰椎という積み木のように重なる5つの腰の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。 しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核ともともとあった筋肉の硬結に

頚椎という積み木のように重なる7つの首の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核と筋肉の硬結によって板挟みになり圧迫され損傷してしまい、様々な

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

bottom of page