検索
  • さのはりきゅう整骨院

テニス肘(上腕骨外側上顆炎):肘の痛み

誰もが知る有名な疾患

テニスをしてなくても痛むテニス肘

初心者のテニスプレイヤーがこの疾患で痛みを生じやすいことからテニス肘と呼ばれています(バックハンドで痛みます)。

でも、テニスをしていなくても手の使い過ぎでもなります。職場などでよく手を使うだとか、パソコン作業のし過ぎだとかで、肘の骨とその付近の筋肉が何度も何度も引っ張られ痛みが生じてしまうものです。

要はテニスでもテニスでなくても短橈側手根伸筋という肘から手までつながる筋肉を酷使したら痛める可能性が高いです。

肘の痛みのなかで1位2位を争うほど多いのではないでしょうか。そのくらい頻繁に見られるものです。


症状

症状は主に肘の外側の圧痛、その周りが重だるい、痛くて手首の力が入りにくいなどがあります。重たいものを持ち上げると疼痛が増悪したり、ぞうきんを絞る動作で痛くなることも挙げられます。


治療

治療はハリ通電や電気や超音波などで行います。時にはテーピングをして仕事時の負担を少し軽減するようにしたり、タイミングに応じてストレッチを教えます。

時々、「ストレッチ知ってます。こうですよね」と言う方がいますが、形はかろうじて合っていてもやり方が間違っていることがほぼ全員といってもいいぐらいの多さですので、気を付けてください。

どの疾患もそうですが、パーッとすぐ治るものではないので地道に治していきましょう。


このような症状でお困りならこちらを参考にして、是非お電話ください。

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ランナー膝(膝の外側の痛み)

その名の通りランナーに多いランナー膝(別名:腸脛靭帯炎) 腸脛靭帯とは骨盤の骨(上前腸骨棘)から大腿筋膜張筋から始まり途中から腸脛靭帯となりスネの骨(ガーディ結節)についているものです。 その間に引っかかる所があります。大腿骨外側上顆という膝付近にある骨のコブがありますが、膝の曲げ伸ばしで腸脛靭帯がその骨のコブを前後に行ったり来たりで擦れは合います。 正常なら痛みは出ませんが、マラソン選手やサイク

デュケルバン病(手首の痛み)

これぞ、ザ腱鞘炎。 知らない先生がいないくらい有名な腱鞘炎。 親指の付け根には多くの筋や腱が付いています。その中の短母指伸筋腱(親指を伸ばす腱)と長母指外転筋腱(親指を外へ広げる腱)腱鞘炎をデュケルバン病と呼びます。(デカルバン病ともいう) 多くが中年以降の女性や妊娠後の女性に発症します。 原因として家事や仕事などによる手の使い過ぎや妊娠時でのホルモンのアンバランスが挙げられます。腱にはその周りを

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

IMG_1746_edited.jpg