検索
  • さのはりきゅう整骨院

スマホ首ならぬリモワ首?テレワ首?

最近、首肩背中が辛かったり痛かったりする方が多い気がします。多分リモートワークやテレワークがすこーし増えてるのも影響してるんじゃないかなあと思います。それでリモートワーク首をそのままリモワ首、テレワ首と分かりやすく呼んでみました。

頭が傾くと首や背中にすごい負担がかかるんですね、スマホ首なんて最たる例で約60°傾くと27キロの負担がかかると言われています。お米の袋5ふくろ分以上ってかなりのもんですね!人の頭って重いのでたった15度でも12キロ、30度で18キロ負担がかかるんですね…こうしてキロ数で比べてみると首も腰と同じように十分縁の下の力持ちに見えます。もちろん個人差があります。首が長い人の方が短い人よりも負担が多くなります。これは鉄アレイを抱きしめて持つよりも釣り竿の先っちょに鉄アレイをつけた方が重く感じるのを想像すると分かりやすいかもしれません。力のモーメントの関係で長ければ長いほど負担がかかるんです。ちなみに頭を傾けなくても0度でも4.5キロの負担がかかります。これは脊柱起立筋っていう筋肉が抗重量筋といって立ってるだけで常に使わなければならない筋肉だからです。だから負担ほぼゼロは寝てなきゃダメですね。って寝てたら仕事にならないので、できるだけ首背中に負担がかからない方法を教えますね。

まずパソコン作業の際にモニターを上にあげられるなら調整してみてください。だいたい目線の高さでオーケーです。そんなの調整できない?厚い本とかもモニターの下に置けられそうにもないですか?それなら椅子の高さを下げてみてください。そうすると相対的にモニター画面が上がるはずです。え?腕が机に当たりやすくなって作業効率が悪くなる?………、いい塩梅で自分なりに丁度いい高さに調整してみてください。これでだいたいはいつもよりかは首に負担がかからないと思います。すこし工夫するだけなのでぜひ試してくださいね。

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

自分で包帯(オールコットン)を買うときのメリット

包帯って改めていいですね。包帯といってもオールコットンの4号の包帯です。伸び縮みする薄いタイプの包帯のことじゃないです。 膝のサポーター厚いタイプもただ履くだけで使いやすくてとてもいいんですが、オールコットンの包帯の場合はデメリットは巻くのがめんどくさい、時間が少しかかる、洗うのが長くて面倒ってだけなんですね。ただ履くだけのサポーターもしっかり固定されていれば楽になりますしいいんですよ。いいんです

IMG_1746_edited.jpg

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic