検索
  • さのはりきゅう整骨院

スマホ首ならぬリモワ首?テレワ首?

最近、首肩背中が辛かったり痛かったりする方が多い気がします。多分リモートワークやテレワークがすこーし増えてるのも影響してるんじゃないかなあと思います。それでリモートワーク首をそのままリモワ首、テレワ首と分かりやすく呼んでみました。

頭が傾くと首や背中にすごい負担がかかるんですね、スマホ首なんて最たる例で約60°傾くと27キロの負担がかかると言われています。お米の袋5ふくろ分以上ってかなりのもんですね!人の頭って重いのでたった15度でも12キロ、30度で18キロ負担がかかるんですね…こうしてキロ数で比べてみると首も腰と同じように十分縁の下の力持ちに見えます。もちろん個人差があります。首が長い人の方が短い人よりも負担が多くなります。これは鉄アレイを抱きしめて持つよりも釣り竿の先っちょに鉄アレイをつけた方が重く感じるのを想像すると分かりやすいかもしれません。力のモーメントの関係で長ければ長いほど負担がかかるんです。ちなみに頭を傾けなくても0度でも4.5キロの負担がかかります。これは脊柱起立筋っていう筋肉が抗重量筋といって立ってるだけで常に使わなければならない筋肉だからです。だから負担ほぼゼロは寝てなきゃダメですね。って寝てたら仕事にならないので、できるだけ首背中に負担がかからない方法を教えますね。

まずパソコン作業の際にモニターを上にあげられるなら調整してみてください。だいたい目線の高さでオーケーです。そんなの調整できない?厚い本とかもモニターの下に置けられそうにもないですか?それなら椅子の高さを下げてみてください。そうすると相対的にモニター画面が上がるはずです。え?腕が机に当たりやすくなって作業効率が悪くなる?………、いい塩梅で自分なりに丁度いい高さに調整してみてください。これでだいたいはいつもよりかは首に負担がかからないと思います。すこし工夫するだけなのでぜひ試してくださいね。

10回の閲覧

最新記事

すべて表示

腓腹神経障害!?あ…。

先日、超めずらしい神経障害の患者さんが来たと思ったら違いました(笑) その患者さんは右足の外側がしびれると言ってたので、「おお!ついに!」と思って調べたら筋肉が突っ張っていただけでした。よくつっばり感をしびれと表現する人が多いので、いつもなら即座に確認するのですが、今回ばかりは「腓腹神経障害」という超レアなのが頭の中で連動されてしまって、つい身を乗り出すように検査したんですね。 どのくらい珍しいか

首肩の施術って考えようによってはお得だな(しみじみ)

最近よく思うのが首肩の針を含めた施術ってけっこういろんなものに期待できるな、としみじみ感じます。 肩こりや首肩が辛い方は多いと思いますが、それプラス頭痛のかたも多いと思います。たいていですが、頭痛の原因は首肩からきているかたが多いです。あとめまいとか気持ち悪さとかも首肩の施術してたら楽になることもあります。ほかにも首の上の方にあるツボは目に良いとされるツボもあるので眼精疲労やドライアイとか、たまー

あの、これ脊柱管狭窄症じゃないですよ。

先日来られた患者さんで「脊柱管狭窄症で辛い」って方が来られました。 よくよく検査してみると全部検査に引っかからなくて、言ってることも矛盾してて何か脊柱管狭窄症にしては微妙だったんですね。「ん?ちょっと違うな。あ!全然違う」みたいな。 それでもその患者さんは「脊柱管狭窄症だと言われた」というものですから、しびれの範囲を意識して検査してみました。なんも異常なかったですね。でもしびれがあるのは間違いない

さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic