検索
  • さのはりきゅう整骨院

スマホ首ならぬリモワ首?テレワ首?

更新日:8月13日

最近、首肩背中が辛かったり痛かったりする方が多い気がします。

多分リモートワークやテレワークがすこーし増えてるのも影響してるんじゃないかなあと思います。

それでリモートワーク首をスマホ首ならぬリモワ首、テレワ首とそのまま分かりやすく呼んでみました。


首コリ、肩こりの原因のひとつ

頭が傾くと首や背中にすごい負担がかかるんですね、スマホ首なんて最たる例で約60°傾くと27キロの負担がかかると言われています。お米の袋5袋分以上ってかなりのもんですね!

人の頭って重いのでたった15度でも12キロ、30度で18キロ負担がかかるんですね…こうしてキロ数で比べてみると首も腰と同じように十分縁の下の力持ちに見えます。


首が長い人の方が少し大変

もちろん個人差がありますが、首が長い人の方が短い人よりも負担が多くなりやすいです。

これは鉄アレイを抱きしめて持つよりも釣り竿の先っちょに鉄アレイをつけた方が重く感じるのを想像すると分かりやすいかもしれません。

力のモーメントの関係で長ければ長いほど負担がかかるんです。

ちなみに頭を傾けなくても0度でも4.5キロの負担がかかります。これは脊柱起立筋っていう筋肉が抗重量筋といって立ってるだけで常に使わなければならない筋肉だからです。

だから負担ほぼゼロは寝てなきゃダメですね。でも寝てたら仕事にならないので、できるだけ首背中に負担がかからない方法を教えますね。


治療+ちょっとした対策もチリも積もれば

まずパソコン作業の際にモニターを上にあげられるなら調整してみてください。だいたい目線の高さでオーケーです。そんなの調整できない?厚い本とかもモニターの下に置けられそうにもないですか?

それなら椅子の高さを下げてみてください。そうすると相対的にモニター画面が上がるはずです。え?腕が机に当たりやすくなって作業効率が悪くなる?………、いい塩梅で自分なりに丁度いい高さに調整してみてください。

これでだいたいはいつもよりかは少しは首に負担がかからないと思います。この少しの負担減がチリも積もれば、なんですね。

デスクワーク数時間×365日×〇年のように。(正しい姿勢を過剰に意識しすぎると逆に首肩が張ることもあるのである程度適度に)

ちょっと工夫するだけなのでぜひ試してくださいね。

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

デュケルバン病(手首の痛み)

これぞ、ザ腱鞘炎。 知らない先生がいないくらい有名な腱鞘炎。 親指の付け根には多くの筋や腱が付いています。その中の短母指伸筋腱(親指を伸ばす腱)と長母指外転筋腱(親指を外へ広げる腱)腱鞘炎をデュケルバン病と呼びます。(デカルバン病ともいう) 多くが中年以降の女性や妊娠後の女性に発症します。 原因として家事や仕事などによる手の使い過ぎや妊娠時でのホルモンのアンバランスが挙げられます。腱にはその周りを

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

首からの長期間のしつこい手のシビレ

首からの手のシビレが長く続くと次第に取れにくくなってしまい、長期的にしつこくシビレ(痛みやビリビリなど)が残り続けることになります。 この場合、シビレを取り除くことがなかなか難儀します。シビレ出してすぐだったり1か月や2ヵ月くらいなら難儀することが少ないのですが、半年以上経つとかなり難儀します。 (あくまで首からのシビレに特定した話です。どの話もそうですが、かなり限定的な話です。全てのシビレに当て

IMG_1746_edited.jpg