検索
  • さのはりきゅう整骨院

キネシオテーピングが地味に活躍しますよ。

更新日:2021年8月12日

これからの乾燥した時期はキネシオテーピングに割合適した時期なんじゃないでしょうか。夏だとかぶれやすいですしね。

でもかぶれても痛みの方がはるかに強いならそのまま貼っていてもありだとは思いますが。(痛み>痒みの場合ですね)


キネシオテープの役割

キネシオテープは痛い筋肉に沿って伸ばして貼ることで、痛めた筋肉を少しだけ突っ張ることで負担軽減してくれます。その少しだけが痛みが強い人にとっては結構ありがたかったりします。

長時間腰や背中を丸めて作業する人とかにとっては楽なんですよね。あんなに薄っぺらいのに。

テーピングなしで10割の負担がキネシオテープすると大体7割くらいになるイメージです。それが長時間となると負担軽減量も合計すると多くなるんですね。


基本は仕事量があるときに貼る

あと肌が強い人なら3日くらいかぶれない人がいます。私は自分自身に実験してみたら2日ですね。でも5時間でかゆくなる人もいますので、基本は負担がかかるときだけしていればいいと思います。

これから仕事だぞ!って時に痛い筋肉にキネシオを伸ばして貼って、仕事が終わった!なら外せばいいんです。基本は。

なかには「いやテープがもったいないな、私は全然かぶれないぞ」って人はお風呂にもそのまま入って体拭くときはテーピング付けた部分はトントンで拭いてそのまま付けたまま寝るを繰り返して2,3日貼り続ける強者もいますね。


だけど寝ているときのテーピングは負担軽減にはならない

まあ寝ているときは負担がかかっていない時なのでテーピングする意味はないのですが(体に負担がかかっているときにキネシオテープが少し突っ張ってくれるので、寝てるときはかぶれるデメリットだけになる)、この辺はみなさんの価値観にお任せします。迷ったら先ほどの基本に戻ればいいと思いますよ。

かぶれやすい所は外側よりも内側って感じです。スポーツやらない人は粘着力がソフトなタイプの方がいいですよ。少しかぶれにくですし少し外しやすくなります。それでも体の内側は皮膚が弱いので、人によっては濡らした状態で少しづつ外さないといけないところもあります。皮膚が強い所ならエイ!っと一気に取る方もいますが、これも様子を見ながらやってみてください。

閲覧数:5,039回0件のコメント

最新記事

すべて表示

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

割と多い肋骨骨折 肋骨とは胸郭を構成する骨の一部であるあばら骨のことです。すべての骨折の約20%と高い頻度で発生します。 発生の仕方は主に直達外力と介達外力の二つがあります。 打撲など強い力が一点に集中した場合が一つと樽のような形状をした胸郭が押しつぶされて外側に肋骨が折れる場合が一つです。 他にも、骨粗鬆症で弱い骨になってしまった状態でくしゃみ等をして胸郭が激しく動いた時に折れてしまう場合やゴル

肩の麻痺の一つ 腋窩神経とは三角筋と小円筋の運度神経であり、肩の外側の知覚もつかさどっています。肩関節の前方脱臼場合ですと腋窩神経が牽引、圧迫され損傷することが多く、かなり高率で発生します。 また、打撲や肩の使いすぎでも発生します。スポーツなどで使いすぎが原因の場合はquadrilateral space syn.と呼ばれています。これはquadrilateral spaceという肩後方のトンネル

IMG_1746_edited.jpg