検索
  • さのはりきゅう整骨院

交通事故の疾患について


交通事故の疾患にはいろいろありますが、代表的なものは頚椎捻挫(ムチウチ)や腰椎捻挫が挙げられます。

頚椎捻挫(ムチウチ)とは事故時の衝突によって脊柱が揺すぶられ脊柱全体が鞭のようにしなることから名付けられました。

その際に頚椎が損傷すると頚椎捻挫(ムチウチ)といい、背中が損傷すると背部捻挫、腰椎を損傷すると腰椎捻挫といいます。

症状は患部の痛みや運動時痛があり、時には片方の手や足の痺れ感覚マヒが起こることもあります。

この時、痺れや感覚マヒが片方だけなのか両方にあるのかが重要になります。

片方だけなら神経根の症状といい、当院で治療可能です。

しかし、両方の手か足に痺れ、感覚マヒがある場合は脊髄症状が疑われるため整形外科での治療をおすすめします。

脊髄症状はほかにもあり、両足の痙性マヒ(階段が怖くて降りられない)や膀胱直腸障害(頻尿、尿漏れ、尿意切迫感)

などが挙げられます。

つまり、両手の痺れ感覚マヒ又は両足の痺れ感覚マヒ、両足の痙性マヒ、膀胱直腸障害があれば、進行性の脊髄症状

(病状がなかなかよくならずどんどん悪化する疾患の事)を疑い、手術適応になりますので整形外科での外科的治療をおすすめします。

逆にそのような症状はなく片方の痺れや感覚マヒだけなら当院で治療できます。また患部の痛みだけで痺れや感覚マヒがない場合も軽度のものなのでもちろん当院で治療できます。

治療は患部の安静固定(頚椎カラーや腰部ベルト)、干渉波やSSPなどの電気療法、トルマリン温熱療法や超音波などの温熱療法、手技療法、時には鍼灸治療(鍼通電やお灸)、病状が緩解してきたらストレッチや運動療法を行います。

これらの治療で早ければ1か月くらいで痛みがゼロになることもあります。病状が強かったり治療するのが遅れると治るのも遅くな3か月以上かかることもあります。

交通事故の疾患は負傷してから3か月が勝負だと言われていますので、できるだけはやく当院にご相談下さい。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

IMG_1746_edited.jpg