検索
  • さのはりきゅう整骨院

熱中症にお気をつけて


こんにちは!富士宮市さのはりきゅう整骨院の佐野佳幸です。

最近ジメジメ暑苦しくなり始めましたね(;^ω^)

この時期は熱中症になりやすいので十分に気を付けないといけませんね。

熱中症になりやすいNO1の時期は意外と6月なんです。まだ体が熱さに慣れていないからだと言われています。

NO2は7月、NO3は8月です。(最近の酷暑では統計通りにはいかないかもしれませんが)

熱中症というのは簡単に言うと体の汗をかく冷却機能が間に合わなくなって体温が異常に上がってしまい、

めまいやほてりやこむら返りを起こすものです。

もっと症状が強くなると吐き気やふらついたり意識がなくなることもあります。

そうなったら危険ですのでぜひ熱中症予防をしましょう。

例えば、塩分やミネラルを水と一緒に摂取することが挙げられます。体を冷やす機能である発汗に必要なのは

水だけではないんです。塩分やミネラルがないと汗ってかかないんです。

だからスポーツドリンクなどをこまめに飲みましょう。

もしも熱中症になりそうならすぐに座って体を冷やしてください。(上半身は上に、下半身は下に)

野外だったら日陰で水などで身体を冷やしたり、屋内だったらクーラーや扇風機をつけたり氷袋をわきに挟んだりするのも有効です。熱中症になって意識がない人がいた場合はすぐ救急車を呼んであげてくださいね。

特にお年寄りは冷却機能が衰えていたり熱さに鈍感になってたりして

若い人より熱中症になりやすいので気を付けてくださいね。


16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

自分で包帯(オールコットン)を買うときのメリット

包帯って改めていいですね。包帯といってもオールコットンの4号の包帯です。伸び縮みする薄いタイプの包帯のことじゃないです。 膝のサポーター厚いタイプもただ履くだけで使いやすくてとてもいいんですが、オールコットンの包帯の場合はデメリットは巻くのがめんどくさい、時間が少しかかる、洗うのが長くて面倒ってだけなんですね。ただ履くだけのサポーターもしっかり固定されていれば楽になりますしいいんですよ。いいんです

レベル高すぎて笑えてしまった。こんなん来ないよ。

最近、部屋の片づけで修行時代1年目の頃の勉強会資料が出てきましたが、当時(15年くらい前に)やる内容にしてはえらい難しいのが出てきました。それが「良性骨腫瘍の画像診断」当時みた単純性骨嚢胞腫の報告だったんですね。勉強会がない日は火曜日と日曜日だけだったので、ほかの曜日でこの疾患を報告したのでしょうが、当時の修行先はヘルニアとか手根管症候群とかは当たり前で勉強会で発表する場合ならよっぽど革新的な何か

キネシオテーピングが地味に活躍しますよ。

これからの乾燥した時期はキネシオテーピングに割合適した時期なんじゃないでしょうか。夏だとかぶれやすいですしね。でもかぶれても痛みの方がはるかに強いならそのまま貼っていてもありだとは思いますが。(痛み>痒みの場合ですね) キネシオテープは痛い筋肉に沿って伸ばして貼ることで、痛めた筋肉を少しだけ突っ張ることで負担軽減してくれます。その少しだけが痛みが強い人にとっては結構ありがたかったりします。長時間腰

さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic