top of page
  • さのはりきゅう整骨院

熱中症にお気をつけて


こんにちは!富士宮市さのはりきゅう整骨院の佐野佳幸です。

最近ジメジメ暑苦しくなり始めましたね。

この時期は熱中症になりやすいので十分に気を付けないといけませんね。


熱中症のなりやすい時期


熱中症になりやすいNO1の時期は意外と6月なんです。まだ体が熱さに慣れていないからだと言われています。

NO2は7月、NO3は8月です。(最近の酷暑では統計通りにはいかないかもしれませんが)

熱中症というのは簡単に言うと体の汗をかく冷却機能が間に合わなくなって体温が異常に上がってしまい、めまいやほてりやこむら返りを起こすものです。

もっと症状が強くなると吐き気やふらついたり意識がなくなることもあります。

熱中症の予防


そうなったら危険ですのでぜひ熱中症予防をしましょう。

例えば、塩分やミネラルを水と一緒に摂取することが挙げられます。体を冷やす機能である発汗に必要なのは水だけではないんです。塩分やミネラルがないと汗ってかかないんです。

だからスポーツドリンクなどをこまめに飲みましょう。

もしも熱中症になりそうならすぐに座って体を冷やしてください。(上半身は上に、下半身は下に)

野外だったら日陰で水などで身体を冷やしたり、屋内だったらクーラーや扇風機をつけたり氷袋をわきに挟んだりするのも有効です。熱中症になって意識がない人がいた場合はすぐ救急車を呼んであげてくださいね。

特にお年寄りは冷却機能が衰えていたり熱さに鈍感になってたりして

若い人より熱中症になりやすいので気を付けてくださいね。


閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

腰ヘルニアによる坐骨神経痛 施術腰椎という積み木のように重なる5つの腰の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。 しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核ともともとあった筋肉の硬結に

頚椎という積み木のように重なる7つの首の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核と筋肉の硬結によって板挟みになり圧迫され損傷してしまい、様々な

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

bottom of page