検索
  • さのはりきゅう整骨院

熱中症にお気をつけて


こんにちは!富士宮市さのはりきゅう整骨院の佐野佳幸です。

最近ジメジメ暑苦しくなり始めましたね(;^ω^)

この時期は熱中症になりやすいので十分に気を付けないといけませんね。

熱中症になりやすいNO1の時期は意外と6月なんです。まだ体が熱さに慣れていないからだと言われています。

NO2は7月、NO3は8月です。(最近の酷暑では統計通りにはいかないかもしれませんが)

熱中症というのは簡単に言うと体の汗をかく冷却機能が間に合わなくなって体温が異常に上がってしまい、

めまいやほてりやこむら返りを起こすものです。

もっと症状が強くなると吐き気やふらついたり意識がなくなることもあります。

そうなったら危険ですのでぜひ熱中症予防をしましょう。

例えば、塩分やミネラルを水と一緒に摂取することが挙げられます。体を冷やす機能である発汗に必要なのは

水だけではないんです。塩分やミネラルがないと汗ってかかないんです。

だからスポーツドリンクなどをこまめに飲みましょう。

もしも熱中症になりそうならすぐに座って体を冷やしてください。(上半身は上に、下半身は下に)

野外だったら日陰で水などで身体を冷やしたり、屋内だったらクーラーや扇風機をつけたり氷袋をわきに挟んだりするのも有効です。熱中症になって意識がない人がいた場合はすぐ救急車を呼んであげてくださいね。

特にお年寄りは冷却機能が衰えていたり熱さに鈍感になってたりして

若い人より熱中症になりやすいので気を付けてくださいね。


16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

IMG_1746_edited.jpg