検索
  • さのはりきゅう整骨院

熱中症にお気をつけて

更新日:8月12日


こんにちは!富士宮市さのはりきゅう整骨院の佐野佳幸です。

最近ジメジメ暑苦しくなり始めましたね。

この時期は熱中症になりやすいので十分に気を付けないといけませんね。


熱中症のなりやすい時期


熱中症になりやすいNO1の時期は意外と6月なんです。まだ体が熱さに慣れていないからだと言われています。

NO2は7月、NO3は8月です。(最近の酷暑では統計通りにはいかないかもしれませんが)

熱中症というのは簡単に言うと体の汗をかく冷却機能が間に合わなくなって体温が異常に上がってしまい、めまいやほてりやこむら返りを起こすものです。

もっと症状が強くなると吐き気やふらついたり意識がなくなることもあります。

熱中症の予防


そうなったら危険ですのでぜひ熱中症予防をしましょう。

例えば、塩分やミネラルを水と一緒に摂取することが挙げられます。体を冷やす機能である発汗に必要なのは水だけではないんです。塩分やミネラルがないと汗ってかかないんです。

だからスポーツドリンクなどをこまめに飲みましょう。

もしも熱中症になりそうならすぐに座って体を冷やしてください。(上半身は上に、下半身は下に)

野外だったら日陰で水などで身体を冷やしたり、屋内だったらクーラーや扇風機をつけたり氷袋をわきに挟んだりするのも有効です。熱中症になって意識がない人がいた場合はすぐ救急車を呼んであげてくださいね。

特にお年寄りは冷却機能が衰えていたり熱さに鈍感になってたりして

若い人より熱中症になりやすいので気を付けてくださいね。


16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

デュケルバン病(手首の痛み)

これぞ、ザ腱鞘炎。 知らない先生がいないくらい有名な腱鞘炎。 親指の付け根には多くの筋や腱が付いています。その中の短母指伸筋腱(親指を伸ばす腱)と長母指外転筋腱(親指を外へ広げる腱)腱鞘炎をデュケルバン病と呼びます。(デカルバン病ともいう) 多くが中年以降の女性や妊娠後の女性に発症します。 原因として家事や仕事などによる手の使い過ぎや妊娠時でのホルモンのアンバランスが挙げられます。腱にはその周りを

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

首からの長期間のしつこい手のシビレ

首からの手のシビレが長く続くと次第に取れにくくなってしまい、長期的にしつこくシビレ(痛みやビリビリなど)が残り続けることになります。 この場合、シビレを取り除くことがなかなか難儀します。シビレ出してすぐだったり1か月や2ヵ月くらいなら難儀することが少ないのですが、半年以上経つとかなり難儀します。 (あくまで首からのシビレに特定した話です。どの話もそうですが、かなり限定的な話です。全てのシビレに当て

IMG_1746_edited.jpg