検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

顎関節脱臼(前方脱臼)

更新日:2021年8月12日


この疾患は体全体から見ても発生頻度の高い脱臼です。

顎関節は耳の穴より指1つ分だけ前にある関節です。正常なときも口を開けたときに前方に亜脱臼しているのが、特徴として挙げられます。

しかし、大きな物を食べたりあくびをしたり歯医者に行った時など過度に口を開けようとする動作で顎関節脱臼が発生します。また女性に多く、時にストレスによっても発生するときがあります。脱臼といっても外傷でなるようなものではないので、関節の周りの損傷は少ないです。

よってくせになり再脱臼になることはあっても、後遺症になることはまずないです。


症状


症状は口を開けたまま閉じられなくなります。

よく見ると耳穴の前の部分で脱臼した顎骨(下顎頭)が膨隆していて、元あった関節の部分は空虚になります。両方一度に脱臼することがありますが、多くは片方だけです。顔は扁平になりますが、片側脱臼なら脱臼した方だけ扁平に見えます。


治療


治療は保存的に整復すれば大丈夫です。整復時はスタッフの指示に従って、筋肉の緊張をとるためリラックスを心掛けてください。整復は30秒もかかりません。整復後、2週間くらいは硬いものを食べたり、口を大きく開けたり顎に負担になるようなことは避けて下さい。




閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

割と多い肋骨骨折 肋骨とは胸郭を構成する骨の一部であるあばら骨のことです。すべての骨折の約20%と高い頻度で発生します。 発生の仕方は主に直達外力と介達外力の二つがあります。 打撲など強い力が一点に集中した場合が一つと樽のような形状をした胸郭が押しつぶされて外側に肋骨が折れる場合が一つです。 他にも、骨粗鬆症で弱い骨になってしまった状態でくしゃみ等をして胸郭が激しく動いた時に折れてしまう場合やゴル

肩の麻痺の一つ 腋窩神経とは三角筋と小円筋の運度神経であり、肩の外側の知覚もつかさどっています。肩関節の前方脱臼場合ですと腋窩神経が牽引、圧迫され損傷することが多く、かなり高率で発生します。 また、打撲や肩の使いすぎでも発生します。スポーツなどで使いすぎが原因の場合はquadrilateral space syn.と呼ばれています。これはquadrilateral spaceという肩後方のトンネル

IMG_1746_edited.jpg