• さのはりきゅう整骨院

頚椎症(頚椎症性神経根症と頚椎症性脊髄症)

頚椎症性神経根症、頚椎症性脊髄症

首の骨は7つの骨が重なって構成されています。その骨の間には椎間板というクッションがあります。この椎間板は年齢を重ねると共にしだいに水分が失われ亀裂が生じやすくなります。すると首の骨の間でぐらつきが生じ不安定になります。この不安定さにより体の防御反応がおこり安定させようと骨の棘が形成されます(←仮説です)。しかし、この棘が脊髄神経やその枝の神経根を圧迫すると様々な症状が出現します。その症状は圧迫の部位によって異なり神経根症、脊髄症という名で呼ばれます。


多く軽い方の神経根症状(片手の痺れ、時に両手の痺れ)

神経根症とは脊髄の枝である神経根が骨の棘により圧迫されるもので、症状は主に片側の手や指の痛み、痺れ、電気が走るような放散痛がでたり、筋力が低下したりします。また顔を上に向けるとこれらの症状が悪化するという特徴もあります。


施術

治療はハリ治療や超音波を組み合わせて行います。痛みが激烈な場合は首が動いて痛くならないように頚椎カラーで安静固定することも非常にまれですがあります。施術をしていくうちに約4ヵ月で9割の方は次第に症状がなくなっていきます。(だから軽い方で良かったね、とされますが、1割は小さく症状が残ることもあります。)


少なく重い方の脊髄症状(両手の痺れ)

脊髄症とは脊髄神経そのものが骨の棘により圧迫されたものを言います。症状は両方の手や指の痺れ、筋力の低下が出ます。また足の麻痺のためもつれやすくなったり階段を速く上れなくなったり、箸が使いにくい字が書きにくい等の手の巧緻運動障害が出現したり、排尿が早くできない頻尿になる等の膀胱直腸障害が出現したりします。


施術

治療法は日常生活にあまり支障にならない軽度の脊髄症を除いて、手術以外の治療がほとんど効かないことが多く、またどんどん悪くなる進行性であることから、手術をお勧めする場合もあります。できるだけ悪化を防ぐために首を急に曲げない、転倒に気を付けるなど注意が必要です。


これらの症状でお困りなら、こちらをご参考ください。

閲覧数:37回

最新記事

すべて表示

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

割と多い肋骨骨折 肋骨とは胸郭を構成する骨の一部であるあばら骨のことです。すべての骨折の約20%と高い頻度で発生します。 発生の仕方は主に直達外力と介達外力の二つがあります。 打撲など強い力が一点に集中した場合が一つと樽のような形状をした胸郭が押しつぶされて外側に肋骨が折れる場合が一つです。 他にも、骨粗鬆症で弱い骨になってしまった状態でくしゃみ等をして胸郭が激しく動いた時に折れてしまう場合やゴル

肩の麻痺の一つ 腋窩神経とは三角筋と小円筋の運度神経であり、肩の外側の知覚もつかさどっています。肩関節の前方脱臼場合ですと腋窩神経が牽引、圧迫され損傷することが多く、かなり高率で発生します。 また、打撲や肩の使いすぎでも発生します。スポーツなどで使いすぎが原因の場合はquadrilateral space syn.と呼ばれています。これはquadrilateral spaceという肩後方のトンネル

IMG_1746_edited.jpg