検索
  • さのはりきゅう整骨院

足を組まない方がいいよ。

よく脚を組む方いますよね。座ってて楽だったり、様になったりで実際カッコよかったりするんですが、あれやんない方がいいですよ。長期間やってると結構痛みます。

別に骨盤がゆがむとかではないんですよ。骨盤は人体でもかなり強力なバンドで固定されているのでそうそうゆがまないんです。ゆがむとしたら交通事故とかですね。

でもだからって大丈夫じゃないんですね。足を組む時って結構筋肉に負担かかります。

股関節周りと背骨付近の筋肉ですね。例えば、大腿直筋、大腿筋膜張筋、縫工筋、梨状筋、脊柱起立筋、腰方形筋、大中小殿筋、外旋筋群、内旋筋群とかもうホントいろいろですね。ずっと足を組むことによって一方の筋肉は引っ張られ続け、もう一方の筋肉は縮み続けで、ずーーーっと負担かかっちゃって、気づいたら股関節周りとか腰背中がすごく痛いとかになっちゃいます。これの痛み取るのって個人差はありますが、まあまあ時間かかりますのでおすすめしないです。最近、聞いてて多いのが「よく足を組みます」って人がいたんで今回はこんなお話でした。

ときには足のしびれが出る方もいるんで、座るときは両膝は真正面にまっすぐにしといたほうがいいです、後々長引く痛みというリスクから回避できますので。十分に気を付けてくださいね。

でもたまにだったら大丈夫です。「今ここで絶対に足を組まないといけない」って場面があれば少しだったら大丈夫です。まあ、そんな場面ないか。

22回の閲覧

最新記事

すべて表示

キネシオテーピングが地味に活躍しますよ。

これからの乾燥した時期はキネシオテーピングに割合適した時期なんじゃないでしょうか。夏だとかぶれやすいですしね。でもかぶれても痛みの方がはるかに強いならそのまま貼っていてもありだとは思いますが。(痛み>痒みの場合ですね) キネシオテープは痛い筋肉に沿って伸ばして貼ることで、痛めた筋肉を少しだけ突っ張ることで負担軽減してくれます。その少しだけが痛みが強い人にとっては結構ありがたかったりします。長時間腰

腓腹神経障害!?あ…。

先日、超めずらしい神経障害の患者さんが来たと思ったら違いました(笑) その患者さんは右足の外側がしびれると言ってたので、「おお!ついに!」と思って調べたら筋肉が突っ張っていただけでした。よくつっばり感をしびれと表現する人が多いので、いつもなら即座に確認するのですが、今回ばかりは「腓腹神経障害」という超レアなのが頭の中で連動されてしまって、つい身を乗り出すように検査したんですね。 どのくらい珍しいか

首肩の施術って考えようによってはお得だな(しみじみ)

最近よく思うのが首肩の針を含めた施術ってけっこういろんなものに期待できるな、としみじみ感じます。 肩こりや首肩が辛い方は多いと思いますが、それプラス頭痛のかたも多いと思います。たいていですが、頭痛の原因は首肩からきているかたが多いです。あとめまいとか気持ち悪さとかも首肩の施術してたら楽になることもあります。ほかにも首の上の方にあるツボは目に良いとされるツボもあるので眼精疲労やドライアイとか、たまー

さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic