top of page
  • さのはりきゅう整骨院

足を組まない方がいいよ。

よく脚を組む方いますよね。

座ってて楽だったり、様になったりで実際カッコよかったりするんですが、あれやんない方がいいですよ。長期間やってると結構痛みます。


骨盤が歪むとしたら交通事故とか

別に骨盤がゆがむとかではないんですよ。骨盤は人体でもかなり強力なバンドで固定されているのでそうそうゆがまないんです。ゆがむとしたら交通事故とかですね。


緊張した筋肉の偏り

でもだからって大丈夫じゃないんですね。足を組む時って結構筋肉に負担かかります。股関節周りと背骨付近の筋肉ですね。

例えば、大腿直筋、大腿筋膜張筋、縫工筋、梨状筋、脊柱起立筋、腰方形筋、大中小殿筋、外旋筋群、内旋筋群とかもうホントいろいろですね。

ずっと足を組むことによって一方の筋肉は引っ張られ続け、もう一方の筋肉は縮み続けで、ずーーーっと負担かかっちゃって、気づいたら股関節周りとか腰背中がすごく痛いとかになっちゃいます。

これの痛み取るのって個人差はありますが、まあまあ時間かかりますのでおすすめしないです。

最近、聞いてて多いのが「よく足を組みます」って人がいたんで今回はこんなお話でした。


まとめ

ときには足のしびれ(坐骨神経痛とは違いますが、辛いには辛い)が出る方もいるんで、座るときは両膝は真正面にまっすぐにしといたほうがいいです、後々長引く痛みというリスクから少し回避できますので。十分に気を付けてくださいね。

でも何時間もではなく、たまにだったら大丈夫です。「今ここで絶対に足を組まないといけない」って場面があれば少しだったら大丈夫です。まあ、そんな場面ないか。

閲覧数:37回

最新記事

すべて表示

腰ヘルニアによる坐骨神経痛 施術腰椎という積み木のように重なる5つの腰の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。 しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核ともともとあった筋肉の硬結に

頚椎という積み木のように重なる7つの首の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核と筋肉の硬結によって板挟みになり圧迫され損傷してしまい、様々な

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

bottom of page