検索
  • さのはりきゅう整骨院

腰が痛いから腰痛体操?違います。背筋?微妙ですね。

最終更新: 6月17日

腰が痛いときは腰痛体操がんばっちゃダメですよー。意外ですよね?今回は一般的な(広義的な)内容なんで説明しやすいです。


正確には腰痛予防体操

なんで?って思われる方が多いと思います。そうですよね。名前が腰痛体操ですから。でも厳密には腰痛「予防」体操と思ってください。予防なので、すでに腰が痛いときに体操しちゃったら、時すでに遅し。それにもっと悪くなっちゃいます。腰が痛いときはしっかり施術してもらって安静にしていてください。というか、専門書(普通の本の価格2桁違います)にも書いてあります。

腰痛「予防」体操は腰の痛みが全てなくなってからにしてください。ただ主に腹筋、背筋があると思いますが、背筋は……(*´Д`)私は経験上しょっぱい顔になりますね。確かに背筋運動もあるにはあるんですが、修行先のK先生もN先生も、うーんとしょっぱい顔になってましたね。予防のためなのに背筋するとまあぼちぼちの割合で「痛っーい」となることがたまーにあるんです。そりゃあ私もしょっぱい顔になりますね。


痛みが取れたら少しづつ腹筋だけを鍛えるがおすすめ

ですので、腹筋運動の方をおすすめしています。腹圧を高めることによって背骨が安定しますので、天然の腰のコルセットを鍛えるというイメージです。

ただ細かいこと言いますと、上体起こしは背骨の関節すごく動かしますし、仰向けで足を上げる系は腰のカーブが強くなりますので、ちょっとリスクあるかなと(人によりますけどね)

なのでまあ無難なのは仰向けになって両膝を胸に近づける系の腹筋がリスク少なめです。この場合、手を使わずに腹筋だけで膝を胸に近づけなきゃ意味ないです。これでしたら、股関節は動かしますが、背骨の関節ほぼ動きませんし、腰のカーブも逆に弱くなります。

ご参考ください。くれぐれも痛いときはやらないように。



10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冷湿布と温湿布、どっちがいいの?

みなさんは冷シップと温シップの二つがあったらどっちをつけますか?私はどっちも付けません。これは大阪の修行時代に朝の勉強会で時々薬剤師さんも参加していた時にあることを聞いたからです。ちなみに修行先の古東整形外科の向かいの薬局の薬剤師さんでした。当時の薬剤師さんが言っていたのですが、どちらのシップも変わらないようです。どういういことかというと。 どちらも冷やしても温めてもいないとのこと 冷シップは皮膚

胸式呼吸だと首肩がコリやすくなります。

呼吸の仕方には胸式呼吸と腹式呼吸があります。胸式呼吸は息を吸ったときに胸郭が拡がりお腹がへこみます、息を吐いた時は胸郭がしぼみお腹が膨らみます。腹式呼吸はその逆で、息を吸ったときはお腹が膨らみ、息を吐いた時はお腹がへこみます。 普通は無意識にやってる2種類の呼吸法 通常はみなさん両方の呼吸法を無意識に使いますが、だいたい男性が腹式呼吸>胸式呼吸、女性が胸式呼吸>腹式呼吸といった割合です。あくまで傾

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

IMG_1746_edited.jpg