検索
  • さのはりきゅう整骨院

腰が痛いから腰痛体操?うーん…でもまあ…いや、うーん。

腰が痛いときは腰痛体操がんばっちゃダメですよー。意外ですよね?今回は一般的な(広義的な)内容なんで説明しやすいです。

なんで?って思われる方が多いと思います。そうですよね。名前が腰痛体操ですから。でも厳密には腰痛「予防」体操と思ってください。予防なので、すでに腰が痛いときに体操しちゃったら、時すでに遅し。それにもっと悪くなっちゃいます。腰が痛いときはしっかり施術してもらって安静にしていてください。というか、専門書(普通の本の価格2桁違います)にも書いてあります。

腰痛「予防」体操は腰の痛みが全てなくなってからにしてください。ただ主に腹筋、背筋があると思いますが、背筋は……(*´Д`)私は経験上しょっぱい顔になりますね。確かに背筋運動もあるにはあるんですが、修行先のK先生もN先生も、うーんとしょっぱい顔になってましたね。予防のためなのに背筋するとまあぼちぼちの割合で「痛っーい」となることがたまーにあるんです。そりゃあ私もしょっぱい顔になりますね。

ですので、腹筋運動の方をおすすめしています。腹圧を高めることによって背骨が安定しますので、天然の腰のコルセットを鍛えるというイメージです。

ただ細かいこと言いますと、上体起こしは背骨の関節すごく動かしますし、仰向けで足を上げる系は腰のカーブが強くなりますので、ちょっとリスクあるかなと(人によりますけどね)

なのでまあ無難なのは仰向けになって両膝を胸に近づける系の腹筋がリスク少なめです。この場合、手を使わずに腹筋だけで膝を胸に近づけなきゃ意味ないです。これでしたら、股関節は動かしますが、背骨の関節ほぼ動きませんし、腰のカーブも逆に弱くなります。

ご参考ください。くれぐれも痛いときはやらないように。



8回の閲覧

最新記事

すべて表示

腓腹神経障害!?あ…。

先日、超めずらしい神経障害の患者さんが来たと思ったら違いました(笑) その患者さんは右足の外側がしびれると言ってたので、「おお!ついに!」と思って調べたら筋肉が突っ張っていただけでした。よくつっばり感をしびれと表現する人が多いので、いつもなら即座に確認するのですが、今回ばかりは「腓腹神経障害」という超レアなのが頭の中で連動されてしまって、つい身を乗り出すように検査したんですね。 どのくらい珍しいか

首肩の施術って考えようによってはお得だな(しみじみ)

最近よく思うのが首肩の針を含めた施術ってけっこういろんなものに期待できるな、としみじみ感じます。 肩こりや首肩が辛い方は多いと思いますが、それプラス頭痛のかたも多いと思います。たいていですが、頭痛の原因は首肩からきているかたが多いです。あとめまいとか気持ち悪さとかも首肩の施術してたら楽になることもあります。ほかにも首の上の方にあるツボは目に良いとされるツボもあるので眼精疲労やドライアイとか、たまー

スマホ首ならぬリモワ首?テレワ首?

最近、首肩背中が辛かったり痛かったりする方が多い気がします。多分リモートワークやテレワークがすこーし増えてるのも影響してるんじゃないかなあと思います。それでリモートワーク首をそのままリモワ首、テレワ首と分かりやすく呼んでみました。 頭が傾くと首や背中にすごい負担がかかるんですね、スマホ首なんて最たる例で約60°傾くと27キロの負担がかかると言われています。お米の袋5ふくろ分以上ってかなりのもんです

さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic