検索
  • さのはりきゅう整骨院

腰が痛いから腰痛体操?うーん…でもまあ…いや、うーん。

腰が痛いときは腰痛体操がんばっちゃダメですよー。意外ですよね?今回は一般的な(広義的な)内容なんで説明しやすいです。

なんで?って思われる方が多いと思います。そうですよね。名前が腰痛体操ですから。でも厳密には腰痛「予防」体操と思ってください。予防なので、すでに腰が痛いときに体操しちゃったら、時すでに遅し。それにもっと悪くなっちゃいます。腰が痛いときはしっかり施術してもらって安静にしていてください。というか、専門書(普通の本の価格2桁違います)にも書いてあります。

腰痛「予防」体操は腰の痛みが全てなくなってからにしてください。ただ主に腹筋、背筋があると思いますが、背筋は……(*´Д`)私は経験上しょっぱい顔になりますね。確かに背筋運動もあるにはあるんですが、修行先のK先生もN先生も、うーんとしょっぱい顔になってましたね。予防のためなのに背筋するとまあぼちぼちの割合で「痛っーい」となることがたまーにあるんです。そりゃあ私もしょっぱい顔になりますね。

ですので、腹筋運動の方をおすすめしています。腹圧を高めることによって背骨が安定しますので、天然の腰のコルセットを鍛えるというイメージです。

ただ細かいこと言いますと、上体起こしは背骨の関節すごく動かしますし、仰向けで足を上げる系は腰のカーブが強くなりますので、ちょっとリスクあるかなと(人によりますけどね)

なのでまあ無難なのは仰向けになって両膝を胸に近づける系の腹筋がリスク少なめです。この場合、手を使わずに腹筋だけで膝を胸に近づけなきゃ意味ないです。これでしたら、股関節は動かしますが、背骨の関節ほぼ動きませんし、腰のカーブも逆に弱くなります。

ご参考ください。くれぐれも痛いときはやらないように。



8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

自分で包帯(オールコットン)を買うときのメリット

包帯って改めていいですね。包帯といってもオールコットンの4号の包帯です。伸び縮みする薄いタイプの包帯のことじゃないです。 膝のサポーター厚いタイプもただ履くだけで使いやすくてとてもいいんですが、オールコットンの包帯の場合はデメリットは巻くのがめんどくさい、時間が少しかかる、洗うのが長くて面倒ってだけなんですね。ただ履くだけのサポーターもしっかり固定されていれば楽になりますしいいんですよ。いいんです

IMG_1746_edited.jpg

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic