検索
  • さのはりきゅう整骨院

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

更新日:2021年8月12日

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。

数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。

おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。

(※手をついたからといって必ずそうなるわけではありません。手首が痛いからといって必ずそうだというわけでもありません。まれにこのようなこともあるというものです。)

その患者さんはとても仕事が多忙なため1か月以上のギプス固定は仕事にならなくなるからどうせできなかったとのことで、手術もやはり仕事にならないからできなさそうだということでした。

ばりばり働くのはそれそのものも大変なんですが、こういうときも選択が限られるので本当に大変ですね。


簡単に言えば膝の軟骨のすり減りの手バージョンのこと

変形性手関節症というのは、まず手首には8つの小さな骨が2列に並んでいるのですが、その中で親指側の骨が原因できっちり2列に配列した骨が崩れて関節症になってしまったものを言います。

SLAC WRISTというのは転んで手をついたなどで舟状骨と月状骨の間が解離して後に変形性手関節症になってしまったものをいいます。

SNAC WRISTというのは転んで手をつくなどして舟状骨が折れてしまいその骨は血流が少ないため固定だけでは骨がくっつかずグラついたままで結果として手首の骨の配列が乱れ後に変形性手関節症になってしまったものをいいます。

最初は舟状骨と橈骨茎状突起(手首につく前腕の骨)のみの関節症、次第に舟状骨と橈骨全体に広がっていき、のちには二列に並んだ手首の骨の間まで広がっていきます。


本当に稀だけどなってしまったら

もし不幸にも解離が起こって数年後そこまで関節症が広がってしまうと少し物を持ったりするだけでもとても痛くなってしまいます。だから握力も低下しますし腫れもひどくなってしまいます。

手首はふだんからよく使うところなので仕事をするうえでずっとそうだとたまったものではないので、もしそこまでなったら手術をしたほうがいいでしょう。

転んで手をついてただの手の捻挫のことももちろんありますし、というかそれがほとんどなのですが、たまにこういう珍しいものもあるので注意が必要ですね。

でもその人の場合、多忙すぎてどうせギプス固定も手術もできなかったということなので、その前の転んで手をつくという段階から注意が必要だったのかもしれませんね。

でも仕事が多忙なら足元も不注意になるときもそりゃあありますよね。本当にばりばり働くのは大変ですね。



閲覧数:323回0件のコメント

最新記事

すべて表示

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

割と多い肋骨骨折 肋骨とは胸郭を構成する骨の一部であるあばら骨のことです。すべての骨折の約20%と高い頻度で発生します。 発生の仕方は主に直達外力と介達外力の二つがあります。 打撲など強い力が一点に集中した場合が一つと樽のような形状をした胸郭が押しつぶされて外側に肋骨が折れる場合が一つです。 他にも、骨粗鬆症で弱い骨になってしまった状態でくしゃみ等をして胸郭が激しく動いた時に折れてしまう場合やゴル

肩の麻痺の一つ 腋窩神経とは三角筋と小円筋の運度神経であり、肩の外側の知覚もつかさどっています。肩関節の前方脱臼場合ですと腋窩神経が牽引、圧迫され損傷することが多く、かなり高率で発生します。 また、打撲や肩の使いすぎでも発生します。スポーツなどで使いすぎが原因の場合はquadrilateral space syn.と呼ばれています。これはquadrilateral spaceという肩後方のトンネル

IMG_1746_edited.jpg