検索
  • さのはりきゅう整骨院

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

更新日:8月12日

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。

数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。

おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。

(※手をついたからといって必ずそうなるわけではありません。手首が痛いからといって必ずそうだというわけでもありません。まれにこのようなこともあるというものです。)

その患者さんはとても仕事が多忙なため1か月以上のギプス固定は仕事にならなくなるからどうせできなかったとのことで、手術もやはり仕事にならないからできなさそうだということでした。

ばりばり働くのはそれそのものも大変なんですが、こういうときも選択が限られるので本当に大変ですね。


簡単に言えば膝の軟骨のすり減りの手バージョンのこと

変形性手関節症というのは、まず手首には8つの小さな骨が2列に並んでいるのですが、その中で親指側の骨が原因できっちり2列に配列した骨が崩れて関節症になってしまったものを言います。

SLAC WRISTというのは転んで手をついたなどで舟状骨と月状骨の間が解離して後に変形性手関節症になってしまったものをいいます。

SNAC WRISTというのは転んで手をつくなどして舟状骨が折れてしまいその骨は血流が少ないため固定だけでは骨がくっつかずグラついたままで結果として手首の骨の配列が乱れ後に変形性手関節症になってしまったものをいいます。

最初は舟状骨と橈骨茎状突起(手首につく前腕の骨)のみの関節症、次第に舟状骨と橈骨全体に広がっていき、のちには二列に並んだ手首の骨の間まで広がっていきます。


本当に稀だけどなってしまったら

もし不幸にも解離が起こって数年後そこまで関節症が広がってしまうと少し物を持ったりするだけでもとても痛くなってしまいます。だから握力も低下しますし腫れもひどくなってしまいます。

手首はふだんからよく使うところなので仕事をするうえでずっとそうだとたまったものではないので、もしそこまでなったら手術をしたほうがいいでしょう。

転んで手をついてただの手の捻挫のことももちろんありますし、というかそれがほとんどなのですが、たまにこういう珍しいものもあるので注意が必要ですね。

でもその人の場合、多忙すぎてどうせギプス固定も手術もできなかったということなので、その前の転んで手をつくという段階から注意が必要だったのかもしれませんね。

でも仕事が多忙なら足元も不注意になるときもそりゃあありますよね。本当にばりばり働くのは大変ですね。



113回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

デュケルバン病(手首の痛み)

これぞ、ザ腱鞘炎。 知らない先生がいないくらい有名な腱鞘炎。 親指の付け根には多くの筋や腱が付いています。その中の短母指伸筋腱(親指を伸ばす腱)と長母指外転筋腱(親指を外へ広げる腱)腱鞘炎をデュケルバン病と呼びます。(デカルバン病ともいう) 多くが中年以降の女性や妊娠後の女性に発症します。 原因として家事や仕事などによる手の使い過ぎや妊娠時でのホルモンのアンバランスが挙げられます。腱にはその周りを

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

首からの長期間のしつこい手のシビレ

首からの手のシビレが長く続くと次第に取れにくくなってしまい、長期的にしつこくシビレ(痛みやビリビリなど)が残り続けることになります。 この場合、シビレを取り除くことがなかなか難儀します。シビレ出してすぐだったり1か月や2ヵ月くらいなら難儀することが少ないのですが、半年以上経つとかなり難儀します。 (あくまで首からのシビレに特定した話です。どの話もそうですが、かなり限定的な話です。全てのシビレに当て

IMG_1746_edited.jpg