検索
  • さのはりきゅう整骨院

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

最終更新: 6月15日

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。

数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわけではありません。手首が痛いからといって必ずそうだというわけでもありません。まれにこのようなこともあるというものです。)その患者さんはとても仕事が多忙なため1か月以上のギプス固定は仕事にならなくなるからどうせできなかったとのことで、手術もやはり仕事にならないからできなさそうだということでした。ばりばり働くのはそれそのものも大変なんですが、こういうときも本当に大変ですね。


簡単に言えば膝の軟骨のすり減りの手バージョンのこと

変形性手関節症というのは、まず手首には8つの小さな骨が2列に並んでいるのですが、その中で親指側の骨が原因できっちり2列に配列した骨が崩れて関節症になってしまったものを言います。SLAC WRISTというのは転んで手をついたなどで舟状骨と月状骨の間が解離して後に変形性手関節症になってしまったものをいいます。SNAC WRISTというのは転んで手をつくなどして舟状骨が折れてしまいその骨は血流が少ないため固定だけでは骨がくっつかずグラついたままで結果として手首の骨の配列が乱れ後に変形性手関節症になってしまったものをいいます。最初は舟状骨と橈骨茎状突起(手首につく前腕の骨)のみの関節症、次第に舟状骨と橈骨全体に広がっていき、のちには二列に並んだ手首の骨の間まで広がっていきます。


本当に稀だけどなってしまったら

もし不幸にも解離が起こって数年後そこまで関節症が広がってしまうと少し物を持ったりするだけでもとても痛くなってしまいます。だから握力も低下しますし腫れもひどくなってしまいます。手首はふだんからよく使うところなので仕事をするうえでずっとそうだとたまったものではないので、もしそこまでなったら手術をしたほうがいいでしょう。転んで手をついてただの手の捻挫のことももちろんありますし、というかそれがほとんどなのですが、たまにこういう珍しいものもあるので注意が必要ですね。でもその方の場合どうせギプス固定も手術もできなかったということなので、その前の転んで手をつくという段階から注意が必要だったのかもしれませんね。でも多忙だから足元も不注意になるときもそりゃあありますよね。本当に大変ですね。



55回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冷湿布と温湿布、どっちがいいの?

みなさんは冷シップと温シップの二つがあったらどっちをつけますか?私はどっちも付けません。これは大阪の修行時代に朝の勉強会で時々薬剤師さんも参加していた時にあることを聞いたからです。ちなみに修行先の古東整形外科の向かいの薬局の薬剤師さんでした。当時の薬剤師さんが言っていたのですが、どちらのシップも変わらないようです。どういういことかというと。 どちらも冷やしても温めてもいないとのこと 冷シップは皮膚

胸式呼吸だと首肩がコリやすくなります。

呼吸の仕方には胸式呼吸と腹式呼吸があります。胸式呼吸は息を吸ったときに胸郭が拡がりお腹がへこみます、息を吐いた時は胸郭がしぼみお腹が膨らみます。腹式呼吸はその逆で、息を吸ったときはお腹が膨らみ、息を吐いた時はお腹がへこみます。 普通は無意識にやってる2種類の呼吸法 通常はみなさん両方の呼吸法を無意識に使いますが、だいたい男性が腹式呼吸>胸式呼吸、女性が胸式呼吸>腹式呼吸といった割合です。あくまで傾

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 ①よくしゃべって、②よく聞く よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 ③よく歩く

IMG_1746_edited.jpg