検索
  • さのはりきゅう整骨院

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。

数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわけではありません。手首が痛いからといって必ずそうだというわけでもありません。まれにこのようなこともあるというものです。)その患者さんはとても仕事が多忙なため1か月以上のギプス固定は仕事にならなくなるからどうせできなかったとのことで、手術もやはり仕事にならないからできなさそうだということでした。ばりばり働くのはそれそのものも大変なんですが、こういうときも本当に大変ですね。

変形性手関節症というのは、まず手首には8つの小さな骨が2列に並んでいるのですが、その中で親指側の骨が原因できっちり2列に配列した骨が崩れて関節症になってしまったものを言います。SLAC WRISTというのは転んで手をついたなどで舟状骨と月状骨の間が解離して後に変形性手関節症になってしまったものをいいます。SNAC WRISTというのは転んで手をつくなどして舟状骨が折れてしまいその骨は血流が少ないため固定だけでは骨がくっつかずグラついたままで結果として手首の骨の配列が乱れ後に変形性手関節症になってしまったものをいいます。最初は舟状骨と橈骨茎状突起(手首につく前腕の骨)のみの関節症、次第に舟状骨と橈骨全体に広がっていき、のちには二列に並んだ手首の骨の間まで広がっていきます。

もし不幸にも解離が起こって数年後そこまで関節症が広がってしまうと少し物を持ったりするだけでもとても痛くなってしまいます。だから握力も低下しますし腫れもひどくなってしまいます。手首はふだんからよく使うところなので仕事をするうえでずっとそうだとたまったものではないので、もしそこまでなったら手術をしたほうがいいでしょう。転んで手をついてただの手の捻挫のことももちろんありますし、というかそれがほとんどなのですが、たまにこういう珍しいものもあるので注意が必要ですね。でもその方の場合どうせギプス固定も手術もできなかったということなので、その前の転んで手をつくという段階から注意が必要だったのかもしれませんね。でも多忙だから足元も不注意になるときもそりゃあありますよね。本当に大変ですね。



16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

自分で包帯(オールコットン)を買うときのメリット

包帯って改めていいですね。包帯といってもオールコットンの4号の包帯です。伸び縮みする薄いタイプの包帯のことじゃないです。 膝のサポーター厚いタイプもただ履くだけで使いやすくてとてもいいんですが、オールコットンの包帯の場合はデメリットは巻くのがめんどくさい、時間が少しかかる、洗うのが長くて面倒ってだけなんですね。ただ履くだけのサポーターもしっかり固定されていれば楽になりますしいいんですよ。いいんです

IMG_1746_edited.jpg