検索
  • さのはりきゅう整骨院

冷湿布と温湿布、どっちがいいの?

更新日:8月12日

みなさんは冷シップと温シップの二つがあったらどっちをつけますか?私はどっちも付けません。

これは大阪の修行時代に朝の勉強会で時々薬剤師さんも参加していた時にあることを聞いたからです。ちなみに修行先の古東整形外科の向かいの薬局の薬剤師さんでした。

当時の薬剤師さんが言っていたのですが、どちらのシップも変わらないようです。

どういういことかというと。


どちらも冷やしても温めてもいないとのこと

冷シップは皮膚が冷たく感じる成分があるだけで実際に冷やしていません。

シップって一瞬ひやりとしますが数十秒後には皮膚の温度と同じになりますよね。そういうのは冷やしたとは言いません。

温シップは皮膚が温かく感じる成分があるだけで実際に温めていません。これも唐辛子の成分が温かく感じさせるだけで直に触れてみると体温以上に温かくなっていません。


そもそもシップ(痛み止め)に頼りすぎないこと

シップは痛み止めです。痛み止めの薬を飲んでいるのとあまり変わらないので、痛みが引いたからといって患部が良くなったわけではないから無理をすると悪化してしまう可能性もあります。

ですが、「ここぞ」という仕事とか「これは避けられない」という労働のときは頼ってください。

だって不可避な体への負担ですから。

ただ、毎日のように痛み止めに頼ってしまうと慣れてしまったり、ごまかしてまた痛めての繰り返しになってしまうのでほどほどにしておきましょう。


貼って寝る、のもあまり…とのこと

これもよくみなさん誤解していますがあまりよくないです。かぶれてしまうから。

起きていたらかぶれてかゆいなと思ったらシップを外せますが、寝てたら外せないですよね。だからです。でも私はかぶれよりも痛くてしょうがないときは貼ってもいいと思います。

痛み>痒みなら臨機応変にみなさんの価値観で貼って寝てもらってもいいと思います。

また①痛くて眠れない②シップを張ると寝れる③そうして寝て起きてもかぶれなかった、という場合もいいと思います。頑なに張らずして眠れずに体力が落ちてしまってもいけませんので。


まとめ

つまり、冷シップでも温シップでもない普通のシップを選んで「適度に」「ここぞ」というときに貼りましょう。

ですが「冷シップのこの一瞬の冷たいのがいい」「温シップの温かいのが好き」「もう買ってしまってもったいない」という方はどうぞお使いください。冷やしていないだけで、温めていないだけで、痛み止めの役割は果たしていますので。これも「適度に」「ここぞ」というときに貼ればいいと思います。

35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

デュケルバン病(手首の痛み)

これぞ、ザ腱鞘炎。 知らない先生がいないくらい有名な腱鞘炎。 親指の付け根には多くの筋や腱が付いています。その中の短母指伸筋腱(親指を伸ばす腱)と長母指外転筋腱(親指を外へ広げる腱)腱鞘炎をデュケルバン病と呼びます。(デカルバン病ともいう) 多くが中年以降の女性や妊娠後の女性に発症します。 原因として家事や仕事などによる手の使い過ぎや妊娠時でのホルモンのアンバランスが挙げられます。腱にはその周りを

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

首からの長期間のしつこい手のシビレ

首からの手のシビレが長く続くと次第に取れにくくなってしまい、長期的にしつこくシビレ(痛みやビリビリなど)が残り続けることになります。 この場合、シビレを取り除くことがなかなか難儀します。シビレ出してすぐだったり1か月や2ヵ月くらいなら難儀することが少ないのですが、半年以上経つとかなり難儀します。 (あくまで首からのシビレに特定した話です。どの話もそうですが、かなり限定的な話です。全てのシビレに当て

IMG_1746_edited.jpg