検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

腓骨筋腱脱臼


腓骨筋というのは腓骨全体から起始して外果の後方を急カーブして通り足の骨についています。この急カーブの部分では腓骨筋腱が外れやすい部分で、上腓骨筋支帯というバンドが外れないようにとめています。しかし、スポーツや転倒などの外傷によって上腓骨筋支帯が破れ腓骨筋腱が外果の後方から前方へ飛び出すことがあります。これを腓骨筋腱脱臼といいます。

 症状は外果の腫脹、疼痛、圧痛や皮下出血などがあります。時に足を背屈(上に曲げる)すると脱臼され底屈(足を伸ばす)すると整復されるという現象も起こります。急性時は疼痛が強いですが、慣れてくると自分で脱臼を再現できる人もいます。

 治療はまず応急処置として脱臼を整復して足を伸ばした状態で固定します。保存療法なら免荷をして5、6週間ほどギプス固定しなければなりません。これで有効という意見もありますが、保存療法では再脱臼する確率が高いともいわれています。応急処置をした後、整形外科での検査をお勧めします。レントゲンやエコーなどをみて手術しなくてもいいのなら固定を継続して、固定除去後は筋力トレーニングに励みましょう。

しかし、固定期間中は長期間松葉杖での歩行となるためその間に転倒して再脱臼することもややあるので、それだったら最初から手術する選択も十分ありだと思います。



370回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

IMG_1746_edited.jpg