検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

鎖骨骨折


鎖骨骨折はスポーツによって受傷することが多く、中でもコンタクトスポーツや手を突く、転倒する、肩の外側を打つなどの介達外力によるものが多い骨折です。

 鎖骨は胸部前面にあり、胸骨と肩甲骨に繋がっていて、肩の運動に伴って動きます。形状は真上から見ると緩やかなS字状になっており、内側部では前方凸で最も太く頑丈に作られていますが、外側にいくにつれ後方凸で薄く平坦になっていきます。骨折はこの中央部でS字上に曲がった脆弱な部で起こることが多いのです。

 症状は鎖骨の変形、皮下出血、腫脹があり痛みのため肩の運動ができず、特に外側から肩を挙上できなくなります。治療はほとんどの場合1~2ヶ月の固定ですが、症状が強かったり、小さな骨の欠片ができていたり、スポーツ復帰を早期に開始したい時や美容上の理由でできるだけ変形を残したくない場合があれば手術をした方が良いときもあります。

 また、骨折の変形の程度によってもギプス固定か手術かは異なります。Neerの分類にあるように、靭帯が剥がれていて骨折の変形が強いⅡ型(不安定型)は手術の適応となります。靭帯が保たれていて変形が弱いⅠ型、骨折が関節までかかっているが変形がないⅢ型(安定型)はギプスなどの固定となります。鎖骨骨折の大半は固定の治療法です。

 固定はまず変形した骨を整復し、整復した位置を保つため胸を反らした状態でしっかりとギプスで固定をします。骨は1ヶ月ほどで繋がり始めますので、レントゲンでそれを確認した後は取り外しができるクラビクルバンドを使用します。固定期間中は肩こりや患部の痛みの緩和のため低周波を当てたり、痛みが引き始めたら肩の拘縮を和らげる運動や上肢全体の筋肉が衰えないように筋肉トレーニングを行います。このような治療法で鎖骨骨折はほとんどの場合、手術しないで治ります。



3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

IMG_1746_edited.jpg