検索
  • 富士宮市 さのはりきゅう整骨院

鎖骨骨折

更新日:2021年8月12日


鎖骨骨折はスポーツによって受傷することが多く、中でもコンタクトスポーツや手を突く、転倒する、肩の外側を打つなどの介達外力によるものが多い骨折です。

鎖骨は胸部前面にあり、胸骨と肩甲骨に繋がっていて、肩の運動に伴って動きます。形状は真上から見ると緩やかなS字状になっており、内側部では前方凸で最も太く頑丈に作られていますが、外側にいくにつれ後方凸で薄く平坦になっていきます。骨折はこの中央部でS字上に曲がった脆弱な部で起こることが多いのです。


症状


症状は鎖骨の変形、皮下出血、腫脹があり痛みのため肩の運動ができず、特に外側から肩を挙上できなくなります。


治療


治療はほとんどの場合1~2ヶ月の固定ですが、症状が強かったり、小さな骨の欠片ができていたり、スポーツ復帰を早期に開始したい時や美容上の理由でできるだけ変形を残したくない場合があれば手術をした方が良いときもあります。

また、骨折の変形の程度によってもギプス固定か手術かは異なります。Neerの分類にあるように、靭帯が剥がれていて骨折の変形が強いⅡ型(不安定型)は手術の適応となります。靭帯が保たれていて変形が弱いⅠ型、骨折が関節までかかっているが変形がないⅢ型(安定型)はギプスなどの固定となります。鎖骨骨折の大半は固定の治療法です。

固定


固定はまず変形した骨を整復し、整復した位置を保つため胸を反らした状態でしっかりとギプスで固定をします。骨は1ヶ月ほどで繋がり始めますので、レントゲンでそれを確認した後は取り外しができるクラビクルバンド(鎖骨バンド)を使用します。固定期間中は肩こりや患部の痛みの緩和のため低周波を当てたり、痛みが引き始めたら肩の拘縮を和らげる運動や上肢全体の筋肉が衰えないように筋肉トレーニングを行います。このような治療法で鎖骨骨折はほとんどの場合、手術しないで治ります。



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

割と多い肋骨骨折 肋骨とは胸郭を構成する骨の一部であるあばら骨のことです。すべての骨折の約20%と高い頻度で発生します。 発生の仕方は主に直達外力と介達外力の二つがあります。 打撲など強い力が一点に集中した場合が一つと樽のような形状をした胸郭が押しつぶされて外側に肋骨が折れる場合が一つです。 他にも、骨粗鬆症で弱い骨になってしまった状態でくしゃみ等をして胸郭が激しく動いた時に折れてしまう場合やゴル

肩の麻痺の一つ 腋窩神経とは三角筋と小円筋の運度神経であり、肩の外側の知覚もつかさどっています。肩関節の前方脱臼場合ですと腋窩神経が牽引、圧迫され損傷することが多く、かなり高率で発生します。 また、打撲や肩の使いすぎでも発生します。スポーツなどで使いすぎが原因の場合はquadrilateral space syn.と呼ばれています。これはquadrilateral spaceという肩後方のトンネル

IMG_1746_edited.jpg