検索
  • さのはりきゅう整骨院

胸式呼吸だと首肩が張りやすくなります。

最終更新: 4分前

呼吸の仕方には胸式呼吸と腹式呼吸があります。胸式呼吸は息を吸ったときに胸郭が拡がりお腹がへこみます、息を吐いた時は胸郭がしぼみお腹が膨らみます。腹式呼吸はその逆で、息を吸ったときはお腹が膨らみ、息を吐いた時はお腹がへこみます。


通常はみなさん両方の呼吸法を無意識に使いますが、だいたい男性が腹式呼吸>胸式呼吸、女性が胸式呼吸>腹式呼吸といった割合です。あくまで傾向です。テレビでマラソンを走った後の女人が肩を上下に動かして胸式呼吸をしてますね。あれが顕著な例です。先日、この胸式呼吸をまさかほぼすべての割合で使っている患者さんがいました。かなり首肩が張っていました。かなりです。また腹式呼吸を覚えてもらうのも難儀しました。ふつう仰臥位で寝れば半強制的に腹式呼吸になるのですが、それでも胸式呼吸になるので腹式呼吸にならずお腹がピクリともしません。

なぜ腹式呼吸のほうが首肩にストレスがかかりにくいかといえばまず呼吸という同じ動作に対して腹式呼吸で使う筋肉の方が大きく丈夫だからです。

胸式呼吸は呼吸補助筋も一緒にすると外肋間筋、内肋間筋、前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋、上後据筋、下後据筋、腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋、胸横筋、肋下筋、腹横筋、胸鎖乳突筋、大胸筋、小胸筋、僧帽筋、大菱形、小菱形筋、前鋸筋、腰方形筋、肋骨挙筋、脊柱起立筋、鎖骨下筋、広背筋などがあります。本当にとても多くて細かくて読むだけでも首肩が張りそうですね。とりあえず比較的細かい筋肉をいっぱい使うからどれか何か所か負担が偏りそうだなと想像できますね。

腹式呼吸は横隔膜という大きい筋肉、以上です。シンプルですね、これなら肩胸背中まわりの筋肉も使わなくて済みます。(厳密には100%腹式呼吸は無理なので、あまり使わなくて済みますが、正しいかもしれません)

その患者さんには首肩の施術に加えて腹式呼吸を覚えてもらい、首肩のストレスを減らすことで根本的な施術がほぼ完了できました。計算しやすく1分間に15回胸式呼吸をしていたら、×60分×24時間×365日で1年間で7884000回?ですか、地味な首肩へのストレスですが数字にすると恐ろしくなりますね。横隔膜だけの腹式呼吸の方がやっぱり有利ですね。せっかく覚えた腹式呼吸を忘れなきゃいいんですが、なんせ無意識にやってるものなんで。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。 関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くな

IMG_1746_edited.jpg