検索
  • さのはりきゅう整骨院

私の修行先が改めて見るとレベル高すぎて笑えてしまった。

最終更新: 6月17日

最近、部屋の片づけで修行時代1年目の頃の勉強会資料が出てきましたが、当時(15年くらい前に)やる内容にしてはえらい難しいのが出てきました。それが「良性骨腫瘍の画像診断」当時みた単純性骨嚢胞腫の報告だったんですね。勉強会がない日は火曜日と日曜日だけだったので、ほかの曜日でこの疾患を報告したのでしょうが、当時の修行先はヘルニアとか手根管症候群とかは当たり前で勉強会で発表する場合ならよっぽど革新的な何かを言わないといけないような空気感だったんですね。「おい、こんなの発表題材に選んだんたらよっぽど前衛的なものなんだろうな」みたいな。

そんなもんだから困った私は実際に来て困った疾患を発表しました(笑)いやいやこれはほとんどいいよ来ないよって今でも思います。

私のメモのみを抜粋すると「今回、良性の骨腫瘍を持つ患者さんをみさせていただき画像診断について疑問をおもったためこれを(良性骨腫瘍の画像診断)選びました。割愛。動脈瘤様骨嚢胞腫の診断として嚢胞内に充満した血液の存在が特徴的所見とされている。しかし骨巨細胞腫や病的FR.後の単純性骨嚢胞腫では内容物が血液様になっている場合があり最終的には病理学的検査を行うとのこと。治療として内容物注出後に生理食塩水による洗浄を繰り返した後に骨移植するのが一般的であるようです。単純性骨嚢胞腫の診断として嚢腫の内容物が(とうめいな)血清様であれば病理学的な検査は必要しないとされているが病的FR.により血液様のである時もある。この場合は病理学的検査を必要とする。治療として病的FR.の危険がある場合にOPEとなり方法は嚢胞腫内容物注出後の骨移植や嚢胞腫内容物の吸収を目的としたステロイドの注入や病的FR.の予防を目的としたドレナージを用いる嚢胞内圧減少法などがある。患者さんに聞いた所、今回はOPEを7/1に予定しており骨嚢腫内容物が血清様か血液様かを調べ、病理学的検査の後に骨移植をするとうかがっております。」


らしいですね笑(今の自分)。これを久々にみて、こんなレアなの来ないよ!と当時の自分に突っ込みを入れました。修行先のレントゲンをみたとき「何だこれは……」と一人で固まった記憶があります。先輩にも突っ込みたいですね。いやいや1年目がやるようなもんじゃないよ!いやもしかしたら先輩らも困ったもんだから自分に回ってきたのかも?と今になって勘ぐってますが、当時は苦労したなという記念品としてこの資料はとっておこうと思います。でも絶対といっていいほどこんなん来ないと思うけど。万が一にも来たとしても結局は病理学的検査やらOPEが必要になるしね。

29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冷湿布と温湿布、どっちがいいの?

みなさんは冷シップと温シップの二つがあったらどっちをつけますか?私はどっちも付けません。これは大阪の修行時代に朝の勉強会で時々薬剤師さんも参加していた時にあることを聞いたからです。ちなみに修行先の古東整形外科の向かいの薬局の薬剤師さんでした。当時の薬剤師さんが言っていたのですが、どちらのシップも変わらないようです。どういういことかというと。 どちらも冷やしても温めてもいないとのこと 冷シップは皮膚

胸式呼吸だと首肩がコリやすくなります。

呼吸の仕方には胸式呼吸と腹式呼吸があります。胸式呼吸は息を吸ったときに胸郭が拡がりお腹がへこみます、息を吐いた時は胸郭がしぼみお腹が膨らみます。腹式呼吸はその逆で、息を吸ったときはお腹が膨らみ、息を吐いた時はお腹がへこみます。 普通は無意識にやってる2種類の呼吸法 通常はみなさん両方の呼吸法を無意識に使いますが、だいたい男性が腹式呼吸>胸式呼吸、女性が胸式呼吸>腹式呼吸といった割合です。あくまで傾

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

IMG_1746_edited.jpg