検索
  • さのはりきゅう整骨院

私の修行先が改めて見るとレベル高すぎて笑えてしまった。

更新日:8月12日

今はぎりぎり笑い話だけ当時は必死だった

最近、部屋の片づけで修行時代1年目の頃の勉強会資料が出てきましたが、当時(15年くらい前に)やる内容にしてはえらい難しいのが出てきました。

それが「良性骨腫瘍の画像診断」当時みた単純性骨嚢胞腫の報告だったんですね。勉強会がない日は火曜日と日曜日だけだったので、ほかの曜日でこの疾患を報告したのでしょうが、当時の修行先はヘルニアとか手根管症候群とかは当たり前で勉強会で発表する場合ならよっぽど革新的な何かを発表しないといけないような重く怖い空気だったんですね。「おい、こんな当たり前のもの発表題材に選んだんたらよっぽど前衛的なものなんだろうな」みたいな。

そんなもんだからレアネタがなく途方にくれた私は実際に来て困った疾患を発表しました(笑)

いやいやこれはほとんどいないよ来ないよって今でも思います。


私が当時書いたメモ


私のメモのみを抜粋すると「今回、良性の骨腫瘍を持つ患者さんをみさせていただき画像診断について疑問をおもったためこれを(良性骨腫瘍の画像診断)選びました。

割愛。

動脈瘤様骨嚢胞腫の診断として嚢胞内に充満した血液の存在が特徴的所見とされている。しかし骨巨細胞腫や病的FR.後の単純性骨嚢胞腫では内容物が血液様になっている場合があり最終的には病理学的検査を行うとのこと。

治療として内容物注出後に生理食塩水による洗浄を繰り返した後に骨移植するのが一般的であるようです。単純性骨嚢胞腫の診断として嚢腫の内容物が(とうめいな)血清様であれば病理学的な検査は必要しないとされているが病的FR.により血液様のである時もある。

この場合は病理学的検査を必要とする。治療として病的骨折の危険がある場合にOPEとなり方法は嚢胞腫内容物注出後の骨移植や嚢胞腫内容物の吸収を目的としたステロイドの注入や病的FR.の予防を目的としたドレナージを用いる嚢胞内圧減少法などがある。

患者さんに聞いた所、今回はOPEを7/1に予定しており骨嚢腫内容物が血清様か血液様かを調べ、病理学的検査の後に骨移植をするとうかがっております。」


らしいですね笑。今の自分なら笑えてしまいます。

これを久々にみて、こんなレアなの来ないよ!と当時の自分に突っ込みを入れました。

修行先のレントゲンをみたとき「何だこれは……」と一人で固まった記憶があります。先輩にも突っ込みたいですね。いやいや1年目がやるようなもんじゃないよ!

いやもしかしたら先輩らも困ったもんだから自分に回ってきたのかも?と今になって勘ぐってますが、当時は相当苦労したなという記念品としてこの資料はとっておこうと思います。(その修行を終えて数年したら、パワハラという概念が生まれてその全てがあてはまった)

でも絶対といっていいほどこんなのは来ないと思います。

万が一にも来たとしても結局は病理学的検査やらOPEが必要になりますし。

35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

デュケルバン病(手首の痛み)

これぞ、ザ腱鞘炎。 知らない先生がいないくらい有名な腱鞘炎。 親指の付け根には多くの筋や腱が付いています。その中の短母指伸筋腱(親指を伸ばす腱)と長母指外転筋腱(親指を外へ広げる腱)腱鞘炎をデュケルバン病と呼びます。(デカルバン病ともいう) 多くが中年以降の女性や妊娠後の女性に発症します。 原因として家事や仕事などによる手の使い過ぎや妊娠時でのホルモンのアンバランスが挙げられます。腱にはその周りを

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

首からの長期間のしつこい手のシビレ

首からの手のシビレが長く続くと次第に取れにくくなってしまい、長期的にしつこくシビレ(痛みやビリビリなど)が残り続けることになります。 この場合、シビレを取り除くことがなかなか難儀します。シビレ出してすぐだったり1か月や2ヵ月くらいなら難儀することが少ないのですが、半年以上経つとかなり難儀します。 (あくまで首からのシビレに特定した話です。どの話もそうですが、かなり限定的な話です。全てのシビレに当て

IMG_1746_edited.jpg