© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic

シンスプリント

シンスプリントとはすねの骨(脛骨)の疾患です。脛骨の内側には後脛骨筋やヒラメ筋がついていますが、これらの筋肉はランニングなどで地面を踏むときに絶えずストレッチされ引っ張られます。すると筋肉が付着している骨膜にも牽引力がかかってしまいます。頻回に行うと次第に牽引力により骨膜が炎症して痛みが出現してくるようになります。これをシンスプリント、別名で脛骨の過労性骨膜炎といいます。陸上など長時間下肢を使うスポーツをしている人に起こりやすく、臨床像としては部活で走り込みされている人が脛骨に痛みを訴えたら、まずはこれを疑います。

 症状は脛骨の内側で1/3くらいの高さで疼痛と圧痛があります。ですが腫脹はあまり強くはないです。レントゲンは特に所見はなく、むしろ骨に異常がないのがシンスプリントの特徴です。もしレントゲンで骨膜反応などの所見があれば、疲労骨折を疑います。ですが、シンスプリントと疲労骨折の施術はほとんど同じなのでご安心して下さい。

 治療はまず痛み緩和のために電気や針や超音波や軟膏をします。時に足底板やキネシオテーピングもしますが、治療上一番重要なのは施術をしたら安静にすることです。この疾患は足の使いすぎが原因で発生したものなので、使いながら治すのは難しいのです。安静にしながら施術していけば1ヶ月くらいで痛みは引きます。その間、スポーツ中止で辛抱することになりますが悪化しないよう長引かないようにしましょう。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

October 7, 2018

October 7, 2018

October 7, 2018

October 7, 2018

September 25, 2018

September 25, 2018

September 25, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波