© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic

肘関節後外側回旋不安定症

肘の関節は多くのバンドで固定されていますが、外側側副靭帯という肘の外側のバンドが損傷、断裂してしまうことで、固定力が弱まり不安定になってしまうことがあります。これを肘関節後外側回旋不安定症といいます。

 原因は肘関節の脱臼によるものです。つまり肘関節が脱臼する際に肘のバンドも切れてしまい脱臼は治ったが、後々肘関節の不安定症となるものです。

 症状は高度な不安定性により、慢性的な肘の重だるさ、腫脹などがあり、他に椅子から手をついて立ち上がろうとすると肘の脱臼不安感が発生するといったものがあります。しかし、肘を曲げれば不安感は消失します。

 治療は肘関節の安定性を確保するような手術をしたほうがいいでしょう。保存療法は有効なものがないため、日常で支障があるようなら手術をお勧めします。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

October 7, 2018

October 7, 2018

October 7, 2018

October 7, 2018

September 25, 2018

September 25, 2018

September 25, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波