検索
  • さのはりきゅう整骨院

首からの長期間のしつこい手のシビレ

更新日:8月12日

首からの手のシビレが長く続くと次第に取れにくくなってしまい、長期的にしつこくシビレ(痛みやビリビリなど)が残り続けることになります。

この場合、シビレを取り除くことがなかなか難儀します。シビレ出してすぐだったり1か月や2ヵ月くらいなら難儀することが少ないのですが、半年以上経つとかなり難儀します。

(あくまで首からのシビレに特定した話です。どの話もそうですが、かなり限定的な話です。全てのシビレに当てはまるはずもありません)


しつこいシビレが絶対取れないわけではないが、絶対取れるわけでもない


しかし、粘り強く施術することで長年のシビレが取れることもあります。最近、このような患者さんが二人ほぼ連続して来られまして、お二人ともシビレがやっと取れました。

「首からのシビレの場合、しびれ出して大体半年以上経つと取りにくくなるのでそこはご了承ください」と上記の通り説明し、それでも可能性があるなら施術を受けたいとのことでした。ですから施術してすぐに効果が出ることはまずありません。

しかし、少しずつシビレが減っていき、お二人とも2年以上のシビレや1年半以上続いたシビレがやっとなくなりました。


今までたくさんのシビレを取ってきたけどやはり統計的な説明になる


それでもこれからも同じような症状の方が来られたら「首からのシビレの場合、しびれ出して大体半年以上経つと取りにくくなるのでそこはご了承ください」と一般的な統計通りに説明することでしょう。

また、シビレが半年以内でも難儀しない可能性が高い範疇ですが、それでも難儀する可能性がないわけではないのです。

一般論としてしっかり治療すれば大体4、5か月で9割が取れるのですが、裏を返せば1割がシビレが薄く長期的に残るのですから。(上記のお二人は後者の方でしたが、取れてよかったです)

でも実際はしびれ出して期間がそれほど経っていないなら4,5か月かかる人はほぼいませんし、経験上その半分以内で取り除くことが多いのですが、それでも「しっかり治療すれば大体4、5か月で9割が取れるのですが、裏を返せば1割がシビレが薄く残ることもあります」と一般的統計を優先して説明します。

なぜなら、その特定の一人が9割の方にいくと「あらかじめ」分かるはずもないからです。その逆に1割の方にいくと「あらかじめ」分かるはずもないからです。

その特定の一人が今後どうなるかはやらないとわかりません。そしてもし1割の方になったら、ずっと痺れが残って治療に難儀する可能性は高いのですが、上記のお二人のように絶対にずっとそのままになるともいいきれません。

22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

冷湿布と温湿布、どっちがいいの?

みなさんは冷シップと温シップの二つがあったらどっちをつけますか?私はどっちも付けません。 これは大阪の修行時代に朝の勉強会で時々薬剤師さんも参加していた時にあることを聞いたからです。ちなみに修行先の古東整形外科の向かいの薬局の薬剤師さんでした。 当時の薬剤師さんが言っていたのですが、どちらのシップも変わらないようです。 どういういことかというと。 どちらも冷やしても温めてもいないとのこと 冷シップ

胸式呼吸だと首肩がコリやすくなります。

呼吸の仕方には胸式呼吸と腹式呼吸があります。 胸式呼吸は息を吸ったときに胸郭が拡がりお腹がへこみます、息を吐いた時は胸郭がしぼみお腹が膨らみます。腹式呼吸はその逆で、息を吸ったときはお腹が膨らみ、息を吐いた時はお腹がへこみます。 普通は無意識にやってる2種類の呼吸法 通常はみなさん両方の呼吸法を無意識に使いますが、だいたいは男性が腹式呼吸>胸式呼吸、女性が胸式呼吸>腹式呼吸といった割合です。あくま

IMG_1746_edited.jpg