検索
  • さのはりきゅう整骨院

自分で包帯(オールコットン)を買うときのメリット

更新日:8月12日

包帯って改めていいですね。包帯といってもオールコットンの4号の包帯です。伸び縮みする薄いタイプの包帯のことじゃないです。


サポーターと包帯(オールコットン)の違い

膝のサポーター厚いタイプもただ履くだけで使いやすくてとてもいいんですが、オールコットンの包帯の場合はデメリットは巻くのがめんどくさい、時間が少しかかる、洗うのが長くて面倒ってだけなんですね。

ただ履くだけのサポーターもしっかり固定されていれば楽になりますしいいんですよ。

いいんですが、ここではオールコットンの4号の包帯だけに焦点を当ててメリットを説明しています。


包帯のメリット①

比較的安い。


包帯のメリット②

長持ち。履くだけの膝のサポーターは少し高いですし、いずれ伸びてきます。

すると固定力が弱くなってしまいます。(また新しいの買えばいいんですけどね)でもオールコットンの包帯は価格が半分くらいで伸びてきたら自分で少しきつめにすればまだまだ使えます。

頻繁に正しく巻いていればその巻く感覚も慣れてきますしね。ある程度自分で調整できるところがいいところです。


包帯のメリット③

ほかの部位にもまあまあ使える。4号という幅の少し広い包帯であれば大は小を兼ねるの要領で、で膝以外にも足の関節や肘の関節にも使えます。巻き方は違いますが。

ふくらはぎの肉離れにも使えないことはないですし(この場合の包帯はまた少し違う材質がよろしいのですが一応)でもさすがに指にはデカすぎますけどね。


メリット④

携帯性がやや優れる。痛みがないけれど念のために持っていくかの時にサポーターの場合はそれぞれの部位のサポーターが必要ですけど、包帯の場合は4号があれば大きな関節ならまあ何とか応急処置にはなる。


こんな感じですかね。繰り返しになりますがサポーターが悪いってわけではないですよ。サポーターでも包帯でも正しく装着しなきゃあんまり意味ないですしね。



13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

デュケルバン病(手首の痛み)

これぞ、ザ腱鞘炎。 知らない先生がいないくらい有名な腱鞘炎。 親指の付け根には多くの筋や腱が付いています。その中の短母指伸筋腱(親指を伸ばす腱)と長母指外転筋腱(親指を外へ広げる腱)腱鞘炎をデュケルバン病と呼びます。(デカルバン病ともいう) 多くが中年以降の女性や妊娠後の女性に発症します。 原因として家事や仕事などによる手の使い過ぎや妊娠時でのホルモンのアンバランスが挙げられます。腱にはその周りを

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

首からの長期間のしつこい手のシビレ

首からの手のシビレが長く続くと次第に取れにくくなってしまい、長期的にしつこくシビレ(痛みやビリビリなど)が残り続けることになります。 この場合、シビレを取り除くことがなかなか難儀します。シビレ出してすぐだったり1か月や2ヵ月くらいなら難儀することが少ないのですが、半年以上経つとかなり難儀します。 (あくまで首からのシビレに特定した話です。どの話もそうですが、かなり限定的な話です。全てのシビレに当て

IMG_1746_edited.jpg